引越しで中学・高校を転校する手続きと新生活に馴染むコツとは?

<目からウロコ特集>
果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て
「え!!高くない!?」と驚いた経験はありませんか?

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めましたが
引越し経験も時間もなく、とりあえず有名な引越業者1社に見積りをお願いしました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と気にすることなく、営業マンが提示してきた金額で契約をしました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことが分かり、悔しい経験をしたことがあります。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損をします!!

損しないためには、一括見積りがオススメです。

スーモなら、電話番号入力なし&メールで簡単に大手企業から地元密着型の引越会社まで
全国287社をまとめて比較できて便利ですよ。

引越しは誰にとっても大きなイベントですが、中学生、高校生にとっては特に大事です!

新しい環境に飛び込むワクワク感と同時に、不安や心配もたくさんあることでしょう。

この記事を読めば、引越し前の準備から新しい環境での友達作り、ストレス管理の方法まで、具体的な対策が分かります。

今回は「引越しで中学・高校を転校する手続きと新生活に馴染むコツ」をご紹介します。

翔太
知り合いの工藤さんが、今度転勤で家族みんなで引っ越すんだって。

美咲
確か、中学生と高校生のお子さんがいるよね?

難しい年頃だから引越し大変そうだよね。

中学生の引越しに必要な手続きと書類

中学生の引越しに必要な手続き

以下のステップを踏んで、スムーズに引越しを進めましょう。

  1. 転校先の学校選び
    転校先の学校を選ぶときは、通学の利便性や校風、部活動の充実度などを見ておきましょう。
    学校見学や説明会に参加するのも良いでしょう。
  2. 転入試験を受けて合格する(私学のみ)
    私学に転校する際には、試験(一般的に国語、英語、数学)を受けて合格する必要があります。
    ただし。私学の中学校は募集人数が少ないことがあるので、学校に確認しておきましょう。
  3. 転校の申請
    転入試験に合格したら、現在通っている学校に転校の意思を伝え、転校手続きに必要な書類を受け取ります。
  4. 必要書類の準備
    転校に必要な書類としては、在学証明書、成績証明書、健康診断書などがあります。
  5. 転校通知の提出
    現在の学校から転校先の学校に転校通知を送ってもらうことで、転校先での受け入れ準備が進みます。
  6. 転校先の学校に書類を提出して入学手続きを完了する
    転校先の学校に必要書類を提出し、入学手続きを完了させます。
    制服の購入や教科書の準備なども、このタイミングで行います。

中学生の引越しに必要な書類

また、以下は中学生が転校する際に必要な書類の一例です。

転校に必要な書類は、以下の通りです。

  1. 在籍証明書
    現在の学校から発行される、在学中であることを証明する書類です。
  2. 健康診断書
    中学生は健康診断を定期的に受ける必要があり、引越し先の学校でも同様の健康診断が求められることがあります。
  3. 成績証明書
    学業の進捗を示すための重要な書類で、新しい学校でのクラス分けや授業内容の参考にされます。
  4. 転入学通知書
    新しい学校から発行される書類で、現在の学校に提出し、正式に転校手続きを開始します。
  5. 転出証明書
    異なる市区町村へ引越しする際に必要な書類で、通常は引越し先の市区町村役場や区役所などで発行されます。

早めに現在の学校と新しい学校に連絡を取り、必要な手続きを確認することが大切です。

また、引越しが決まったら、できるだけ早く学校に知らせるようにしましょう。

高校生の引越しに必要な手続きと書類

高校生の引越しに必要な手続き

以下のステップを踏んで、スムーズに引越しを進めましょう。

  1. 転校先の学校選び
    転校先の学校を選ぶときは、通学の利便性や校風、部活動の充実度などを見ておきましょう。
    学校見学や説明会に参加することもオススメです。
  2. 転入試験を受けて合格する
    高校を転校する際には、試験(一般的に国語・英語・数学と面接)を受けて合格する必要があります。
  3. 転校の申請
    試験に合格したら、現在通っている学校に転校の意思を伝え、転校手続きに必要な書類を受け取ります。
  4. 必要書類の準備
    転校に必要な書類としては、在学証明書、成績証明書、健康診断書などがあります。
  5. 転校通知の提出
    現在の学校から転校先の学校に転校通知を送ってもらうことで転校先での受け入れ準備が進みます。
  6. 転校先の学校に書類を提出して入学手続きを完了する
    転校先の学校に必要書類を提出し、入学手続きを完了させます。
    制服の購入や教科書の準備なども、このタイミングで行います。

高校生の引越しに必要な書類

また、以下は高校生が転校する際に必要な書類の一例です。

  1. 在籍証明書
    現在の学校から発行される、在学中であることを証明する書類です。
  2. 成績証明書
    現在の学校での成績を記載した書類で、進学先の学校でのクラス編成に影響することがあります。
  3. 健康診断書
    直近の健康診断結果を記載した書類で、新しい学校での健康管理に必要です。
  4. 転校通知書
    現在の学校から転校先の学校に送られる通知書で、転校手続きが正式に開始されます。
  5. その他必要書類
    新しい学校で必要とされる書類(住民票の写しなど)を準備します。

転校先の中学、高校で楽しく過ごすコツ

周囲に興味を持つこと

新しい環境では、周囲の人や文化に興味を持つことで、より楽しい経験ができます。

異なるバックグラウンドを持つ人々から学ぶことができます。

翔太
高校生になると徐々に人との距離の取り方が分かってくるよね。

美咲
無理に嫌なことに合わせなくていいし、気が合う人と楽しく過ごすのが大事だと思う!

積極的に話しかけること

新しい学校で友達を作るためには、まずは自分から積極的に話しかける勇気が必要です。

最初の一歩を踏み出すことが、友達作りの大きな鍵となります。

例えば、授業の合間やランチタイムに隣の席の子に「最近読んだ本って何?」や「部活動は何してるの?」などの質問をしてみましょう。

自己紹介をする際には、自分の興味や趣味を交えながら話すと、共通の話題が見つかりやすくなります。

また、初めて話す人に対しては、笑顔を忘れずに!

笑顔は相手に安心感を与え、話しやすい雰囲気を作ります。

学校のクラブ活動に参加すること

友達作りに効果的なのが、学校のクラブ活動への参加です。

運動部や文化部、学術系クラブなど、様々な選択肢があるので、自分の興味に合ったクラブを見つけることができます。

クラブ活動を通じて自然に友達ができるだけでなく、チームワークや協調性も養うことができます。

新しい環境での活動を積極的に楽しむことが、友達作りの成功への近道です。

翔太
入部してみて、楽しくない、イマイチだったら違う部活にするのもいいよね。

美咲
嫌々続けるのは良くないから、心から楽しいと思える部活に入る方が良さそうね。

自分の興味や特技を生かすこと

自分が得意とすることや好きなことを活かす場を見つけると、自信を持って楽しめます。

学校の活動や友達との交流で、自分の個性を表現しましょう。

翔太
絵を描いていて楽しいなら、YouTubeやSNSで漫画描いて公開するのも良いと思う。

美咲
どこで誰が見ているか分からないからね!

ポジティブな態度を保つ

新しい環境では、挑戦や失敗もありますが、それをポジティブに捉えて前向きな態度を保つことが大切です。

困難な状況でも諦めずに取り組む姿勢が、楽しく過ごすための力になります。

翔太
中学生、高校生は、全然失敗しても大丈夫な年齢だよね。

美咲
失敗は成功のもとって言うからね!

部活と勉強のバランスを保つ

勉強や部活動、友達との時間など、様々な活動のバランスを保つことが重要です。

無理をせず、自分のペースで楽しむことが大切です。

翔太
高校生になると、大学受験もあるから、塾や部活動とのバランスが難しいよね。

美咲
私は高校生のとき、部活2つ入って塾にも通ってたけど、楽しかった記憶ある!

中学生、高校生が生活環境に馴染むためのコツ

日常生活のリズムを早めに整える

引越し後、新しい環境に早く慣れるためには、日常生活のリズムを早めに整えることが重要です。

特に、成長期では、学校の始業時間や授業のリズムに合わせた生活を送る必要があります。

朝早く起きて、学校の時間に合わせたスケジュールを組むことで、心身のリズムが整いやすくなります。

また、規則正しい食事や十分な睡眠も重要です。

例えば、朝食をしっかり摂り、夜は同じ時間に就寝することで、体内時計を新しい環境に適応させることができます。

これにより、集中力や学習効率も向上し、新しい学校生活にスムーズに移行できます。

地域のイベントや活動に参加する

地域のイベントや活動に積極的に参加することも、新しい環境に馴染むための有効な方法です。

地域のコミュニティセンター学校で開催されるイベントに参加することで、新しい友達を作るだけでなく、地域の情報を得ることもできます。

例えば、地元のお祭りやスポーツイベントに参加することで、地域の文化や人々に触れることができます。

また、ボランティア活動に参加することで、地域社会とのつながりを深めることができます。

これにより、新しい生活環境に早く適応し、地域の一員としての一体感を感じることができるでしょう。

翔太
学校で気の合う友達ができないときは、地域のコミュニティセンターや習い事で友達を作るのもいいね。

美咲
私は同年代より、大人の方が一緒にいて楽しかった記憶があるよ。

地域の食文化を楽しむ

地域の特産品や郷土料理を食べることで、その地域の食文化を知ることができます。

地域の食文化に親しむことで、地域になじみやすくなります。

翔太
関西だと、粉もんだよね。

美咲
本当に一家に一台、たこ焼き器があって驚いたな(笑)

地域の自然を楽しむ

新しい生活環境では、周囲の自然を楽しむことでストレス解消やリフレッシュができます。

地域の公園を訪れたり、自然に触れることで地域に馴染むことができます。

翔太
土地ごとに素敵な場所があるから、週末に家族と出かけるのも良さそう!

美咲
私たちも、毎年4月は桜を観に行くようになったね。

親ができる中学生、高校生へのサポート

子どもとのコミュニケーションを忘れない

引越しは、高校生にとっても大きなストレスとなることが多いです。

親としてまず大切なのは、子どもの気持ちを理解することです。

「不安なことや心配事があれば何でも話してね」と話すことで、子どもの不安や恐れを受け止めてあげましょう。

また、引越し後も、新しい学校や友達についての感想を積極的に聞き出し、共感する姿勢を示すことで、子どもの安心感を高めることができます。

例えば、「新しい友達はできた?」や「学校の授業はどう?」などの具体的な質問をして、子どもが自由に話せる環境を作ることが重要です。

引越しスケジュールを一緒に進める

引越しのスケジュールを一緒に作って、計画的に進めることが重要です。

例えば「何日までに荷物をまとめる」など、具体的な期限も一緒に決めると良いです。

また、親が全面的に引越しの計画を立てることが多いですが、高校生も頼られると嬉しいものです。

「メルカリに出品する写真撮ってくれない?売上の1割お小遣いで使っていいから。」など簡単なことからで良いので、頼んでみてはいかがでしょうか?

感情の変化に気を配る

高校生になると、自分の気持ちを表現できるようになりますが、注意深く感情の変化を観察する必要があります。

例えば、食欲が減った、眠れなくなった、急に怒りっぽくなったなどの感情変化があれば、見逃さず、適切に対処する必要があります。

家庭内で対応できない場合は、学校のカウンセラーや専門家の助けを借りてみてください。

学校との連絡を密にする

転校先の学校と連絡を密にすることも、サポートの一つです。

可能であれば、引越し前に転校先の担当者と連絡を取り、必要な情報を事前に把握しておきましょう。

引越し後も、定期的に学校に連絡を取って、子どもの学校生活について聞くことが大切です。

例えば、「授業について行けていますか?」「友達はできていますか?」などを聞くことで、早期に問題を発見し対応することができます。

学校と良好な関係を築くことが、子どもが新しい環境に適応しやすくなるポイントです。

引越し成功事例

引越し前に転校先を見学する

引越し前に転校先を見学し、子どもが新しい環境に慣れるようにしたケースです。

引越し前に新しい学校の先生やクラスメイトと面識を持つ時間を儲けてもらうことで、引越し後の不安を軽減できました。

引越し当日には、家族全員が協力して引越し作業を進めたことで、子どもは新しい環境に早く馴染むことができ、学校生活も順調にスタートすることができたそうです。

友達家族からアドバイスをもらう

友達家族からアドバイスをもらうことも、引越しを成功させるために必要な情報源です。

例えば、引越し前に地域のコミュニティイベントに参加し、新しい友人や隣人との関係を築いたことで、引越し後も地域社会にスムーズに溶け込むことができたそうです。

他にも、子どもの部屋のレイアウトを一緒に考えるなど、新しい生活空間に対してポジティブな気持ちを持つようにサポートしたご家庭もあります。

引越しを経験した家族の知恵を活用することで、新しい生活をより快適に始めてくださいね。

子どもが引越しに反対しているときは、どうすればいい?

まず、子どもの気持ちを尊重しながら、引越しの理由や新しい生活のポジティブな側面を伝えることが重要です。

以下にアドバイスと解決策をいくつかご紹介します。

  1. コミュニケーションを大切にする
    お子さんの気持ちを聞き、なぜ引越しに反対しているのかを理解することが第一歩です。
    その上で、引越しの理由や新しい環境での良い点について、具体的に伝えてみましょう。

  2. 新しい環境の良さを伝える
    新しい場所での生活の楽しみや新しい友達との出会い、学校や地域の魅力など、引越し先の良い面に焦点を当てて伝えてみましょう。

  3. プランを立てる
    お子さんと一緒に、引越し後の生活についてプランを立てることで、お子さんが新しい環境で楽しみを見つけられるかもしれません。新しい趣味や興味を見つけることも大切です。

  4. 時間をかけて対応する
    大きな変化には時間がかかることもあります。
    お子さんの気持ちを尊重しながら、少しずつ引越しに対する抵抗感を解消していくことが大切です。

  5. 祖父母の家から学校に通う
    どうしても引越しをしたくない場合、おじいちゃん、おばあちゃんと同居するという方法もあります。

友達と離れるのは寂しいという場合は、半年に一度子どもたちが会えるように調整してあげたり、ZOOMなどで話せる環境を作ってあげることも大切です。

状況やお子さんの性格によって最適な方法は異なりますが、家族で協力し、お子さんの幸せを第一に考えながら対応していくことが重要です。

引越し費用を安くする節約術

一括見積もりサービスを活用する

複数の引越し業者から見積もりを取ることで、費用とサービス内容を比較できます。

一括見積もりサイトを使えば、各社の競争が促進されるため、割引などの特典も期待できます。

引越し侍では、無料でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安く抑えたい人にオススメです!

引越し侍公式ホームページ

【電話嫌いな方はスーモがおすすめ!】メールのやり取りだけで安い引越し業者を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数の引越し業者に一括見積りできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 

電話地獄が大嫌いな人は、こちら

オフシーズンを利用する

オフシーズンの平日に引越しを計画すると、業者の割引が適用されることがあります。

オフシーズン(4月下旬、6月、7月、8月、11月)に引越す際のコツは、以下の記事で詳しくご紹介しています。

引っ越し費用を抑えるための秘訣!!オフシーズンに引越すメリットとは??

引越し費用を抑えるための秘訣!!オフシーズンに引越すメリットとは??

2019年12月12日

断捨離で荷物の量を減らす

不要なものを整理し、荷物を最小限にすることで引越し費用を抑えられます。

また、業者に依頼せず自分で梱包することで、梱包サービスにかかる費用も節約できます。

荷物の断捨離法と役に立つ梱包テクニックは、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【最新情報まとめ】引越し前日までにやっておきたい荷物の整理術とは?

【最新情報まとめ】引越し前日までにやっておきたい荷物の整理術とは?

2020年3月30日

【まとめ】荷物を賢く梱包するためのテクニック12選

【まとめ】荷物を賢く梱包するためのテクニック12選

2020年9月20日

まとめ

中学生の引越しに必要な手続きは

  1. 転校先の学校選び
  2. 転入試験を受けて合格する(私学のみ)
  3. 転校の申請
  4. 必要書類の準備
  5. 転校通知の提出
  6. 転校先の学校に書類を提出して入学手続きを完了する

中学生の引越しに必要な書類は

  1. 在籍証明書
  2. 健康診断書
  3. 成績証明書
  4. 転入学通知書
  5. 転出証明書

高校生の引越しに必要な手続きは

  1. 転校先の学校選び
  2. 転入試験を受けて合格する
  3. 転校の申請
  4. 必要書類の準備
  5. 転校通知の提出
  6. 転校先の学校に書類を提出して入学手続きを完了する

高校生の引越しに必要な書類は

  1. 在学証明書
  2. 成績証明書
  3. 健康診断書
  4. 転校通知書
  5. その他必要書類

転校先の中学、高校で楽しく過ごすコツ

  1. 周囲に興味を持つこと
  2. 積極的に話しかけること
  3. 学校のクラブ活動に参加すること
  4. 自分の興味や特技を生かすこと
  5. ポジティブな態度を保つ
  6. 部活(プライベート)と勉強のバランスを保つ

中学生、高校生が生活環境に馴染むためのコツ

  1. 日常生活のリズムを早めに整える
  2. 地域のイベントや活動に参加する
  3. 地域の食文化を楽しむ
  4. 地域の自然を楽しむ

親ができる中学生、高校生へのサポート

  1. 子どもとのコミュニケーションを忘れない
  2. 引越しスケジュールを一緒に進める
  3. 感情の変化に気を配る
  4. 学校との連絡を密にする

引越し成功事例

  1. 引越し前に転校先を見学する
  2. 他の家族からアドバイスをもらう

子どもが引越しに反対しているときは、どうすればいい?

  1. コミュニケーションを大切にする
  2. 新しい環境の良さを伝える
  3. プランを立てる
  4. 時間をかけて対応する
  5. 祖父母の家から学校に通う

引越し費用を安くする節約術は

  1. 一括見積もりサービスを活用する
  2. オフシーズンを利用する
  3. 断捨離で荷物の量を減らす

今回は「引越しで中学・高校を転校する手続きと新生活に馴染むコツ」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

中学生、高校生とそのご家族が引越しをスムーズに乗り切り、新しい生活を快適に過ごされることを応援しています。

翔太
引越しは親都合が多いから、子どもの気持ちを第一優先にしたいね。

美咲
子どもが心から「楽しい!幸せ!」って思える環境で過ごせるように考えないと。

引越しに必要な手続き一覧は、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【引越し手続きチェックリスト付き!!】引越しでやるべき手続き一覧はこちら

引越し手続きチェックリスト一覧(PDF)

2020年9月19日

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。繁忙期(3月・4月)の引越し代金は3万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?

それ、かなり損してます…

営業マンの言い値で契約する前に、一括見積りで比較してみませんか?
一括見積りサイトを使えば、引越し業者同士で勝手に競争してくれるので、引越し料金は自然と下がります。

実際に一括見積りサイトを使ったことで、約9万8000円の値引きに成功しました!!

引越し侍では、無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい人は、やらない手はないですよ!

引越し侍公式ホームページ

【電話嫌いな方はスーモがおすすめ!】メールのやり取りだけで安い引越し業者を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数の引越し業者に一括見積りできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 

電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。実際に交渉が苦手な私が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料公開しているので、無料のうちに見ていただけると嬉しいです。

リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA