引っ越し先での幼稚園選びのコツ!押さえておきたいポイントは?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

幼稚園に通っているお子さんがいる家庭の引っ越しは、転園の準備も必要になります。

大切なお子さんを預けると考えると、幼稚園探しに失敗したくないですよね。

今回は「引越し先での幼稚園選びでおさえておきたいポイント」をご紹介します。

美咲
近所のママ友が転勤で引っ越すことになったの。

幼稚園の転園のことで相談されたんだけど、私も未経験で良いアドバイスできなかったんだよね。

由美(友人)
私も子どもがいないし、全然分からないなー。

良い機会だから一緒に調べてみようか!

子どもに合った幼稚園の選び方

美咲
幼稚園ってそれぞれ特色があるよね。

どんな幼稚園が自分の子どもに合っているのか分からなくなりそう。

由美(友人)
幼稚園のタイプは、大きく3パターンに分かれるんだって。
美咲
子どもの雰囲気に合わせたほうが良いよね?
由美(友人)
幼稚園選びのポイントを調べてみたから、一緒に見てみよう。

幼稚園探しで、まずやっておきたいことは、幼稚園選びでの優先順位をピックアップしておくことです。

”最重要”、”重要”、”できたら”の3つに分けてメモしておくと良いですよ。

優先順位を決めておけば、引っ越し後の幼稚園選びがスムーズにできます。

では、具体的にどんなポイントがあるのかご紹介します。

幼稚園の雰囲気が子どもに合っているか

教育方針が子どもに合っているかは、毎日幼稚園で過ごす子どもにとって大切なポイントですよね。

子どものタイプと園の雰囲気は、大きく3パターンに分かれます。

幼稚園のタイプ
  1. 静かに遊ぶのが好きな場合:穏やかな雰囲気の園
  2. 外遊びが好きな場合:外遊びの時間の多いのびのび活発な園
  3. 小学校受験を考えている場合:教育面やしつけに重点を置いている園

また、大人数の園と少人数の園でも雰囲気は異なります。

前に通っていた幼稚園が子どもに合っていたのであれば、教育方針が似ている園を選ぶと良いですよ。

教育方針や雰囲気の他にも、年間スケジュールを見て、どのようなプログラムがあるのかもチェックしておきましょう。

転入や転出に慣れている幼稚園なのか

児童の転入や転出の多い園であれば、先生も子ども達も転入生に慣れています。

すんなり受け入れてもらえて、安心して通うことができますよ。

事前に電話などで確認するか見学の際に聞いてみてくださいね。

先生の雰囲気

見学時に、子どもと接している時の先生の雰囲気を見てみましょう。

また、先生同士が話している姿も要チェックです。

送り迎えで、園バスを利用することを検討している人は、先生とのコミュニケーションをとる機会も限られます。

連絡ノート等でコミュニケーションが取れるのかも聞いておくと良いですよ。

施設の設備は整っているか

園門の前に監視カメラが付いているか等、設備が整っているのか確認することも大事です。

門には鍵が付いているか等のセキュリティ面も必ずチェックしておきましょう。

また、幼稚園の設備が古すぎたり、汚れていないかも大切なポイントです。

トイレが汚いと、子どもがトイレに行きたがらず我慢したり、漏らしてしまったりすることもあります。

水回りを綺麗にしているか等を見て、トイレの他にも施設の細かい部分も見学の時に見ておくと良いですよ。

保護者がどれくらい行事や園の運営に関わるのか

幼稚園によっては、毎月保護者に参加を求めている園もあります。

行事が少ない園の場合は、参観日など子どもの様子を見られる機会があるのか聞いておきましょう。

保護者会の活動が多い園の場合は、少人数で活動するのか、代表はいるが全体で活動を行う園なのかによっても保護者の幼稚園への関わる頻度が変わります。

行事に関する細かい情報は、園のホームページには書いていないことが多いです。

インターネットの口コミ等をチェックする事をオススメします。

「市町村名 幼稚園名 口コミ」で検索すると、実際に幼稚園に通っていた保護者の口コミを見ることができますよ。

給食はあるのかお弁当が必要なのか

完全給食の園であれば、毎日お弁当作りをしなくて良いというメリットがあります。

園内で給食を作っている園であれば、給食時間に先生と関わりを持つことで子どもへの食育にもなります。

食物アレルギーがある場合は、アレルギー対応をしてくれる幼稚園を探すことも必要になってきます。

一方、お弁当が必要な園であれば、アレルギー対応をしやすいのがメリットです。

また、好き嫌いが多いお子さんがいる場合は、お弁当持参が必要な園を選んであげるのも良いですね。

費用がどれくらいかかるのか

幼稚園の転園には、様々な費用がかかります。

園によって費用は異なるので、事前に確認しておくと選ぶ時の基準にもなりますよ。

主に掛かる費用をまとめてみたので、参考にしてください。

転園に必要な費用
  1. 入学金
  2. 制服・かばんは指定のものを買うのか
  3. 園で使う用品は前の園で使っていたものを使えるのか
  4. 保育料金
  5. 保護者会費
  6. 月々かかる雑費があるのか
美咲
転勤族であれば、制服不要の園を選んだら制服代の節約になりそうだね!
由美(友人)
そうだね!

制服だけでも節約できたら、結構助かるよね。

幼稚園の探し方と手続き方法

由美(友人)
保育園の転園では、市区町村が発行している案内を見て探せるでしょ?

幼稚園はどうなのかな?

美咲
保育園は、手続きも市区町村の窓口でやってもらえるよね?

でも、幼稚園は探し方から手続きまで保育園とは全く違うんだって!

幼稚園の探し方を調べてみたよ。

入園までの流れ
  1. 引っ越し先の住所が決まったら、グーグルマップで「幼稚園」と検索をして近隣の園をチェックする
  2. 園のホームページを見て、園の雰囲気や教育方針、費用をチェックする
  3. 入学金や制服、カバンなど指定されているのかチェックする
  4. 園に直接電話をして転園の受け入れが可能か空き状況をチェック
  5. ホームページに入園金や各種費用が詳しく書いていない場合は電話で問い合わせる
  6. 見学日を設定して子どもと一緒に見学に行く
  7. 転園先の幼稚園が決まったら、面接ならびに入園手続きを行う

幼稚園に電話する前に、ここだけは聞いておきたいということはメモをしておくといいですよ。

また、幼稚園の転園手続きには、主に以下の書類が必要になります。

転園に必要な書類
  1. 入園願書
  2. 住民票
  3. 在園証明書(現在通園している園で貰うことができる)

必要書類は園によって異なるので、申し込む前にしっかり確認してください。

入園料などの一部を補助してくれる制度「就園奨励費補助金」「保護者負担軽減補助金」があります。

補助金を申請したい場合は、引っ越し先の自治体に必要書類や手続き方法を確認してくださいね。

また、園によっては退園手続きが必要になる場合もあります。

引越しの1ヶ月程前には転園することを伝えられるようにしておきましょう。

転園するのに良い時期はあるの?

幼稚園への転園は、定員に空きがあれば年度途中でも入園可能です。

保育園とは違って、手続きのタイミングで希望する月に入園が難しいということもありません。

しかし、幼稚園の少ない地域だと空きがない場合もあるので、転入出の多い4月からの転園がオススメです。

4月からの転園だと、年度の区切りもちょうど良く子どもたちにとっても良いタイミングで入園できますよ。

転園にかかる費用

入園金、制服、通園バッグ、体操着やスモックなど幼稚園によってはかかる費用も異なります。

前の幼稚園で使っていた用品を使える園であったり、私服通園の園であれば費用の節約にもなりますね。

実際、転勤族のご家庭では幼稚園を選ぶポイントとして、私服通園の園をオススメする方も多いです。

また、月の途中からの入園であっても1か月分の保育料がかかる園もあるので、事前に問い合わせておきましょう。

引越しや転園による子どもの心のケアを忘れずに!

子どは新しい環境に順応しやすいですが、大人と同じくらい環境変化によるストレスを感じやすいです。

引っ越すこと、幼稚園を変わることを分かりやすく引っ越し前に伝えておけば、子どもも心の準備ができますね。

幼稚園の見学にも一緒に行って、新しい幼稚園の雰囲気を感じさせてあげましょう。

また、親が不安な気持ちでいると、子どもにも不安が伝染してしまいます。

無理にポジティブなことを言ったり、ネガティブなことを言わないことも大事です。

「いつもどおり」でいると、子どもの気持ちも安定しやすくなりますよ。

また、子どもが話したがっている時は「そうだね」と、うなずいて聞いてあげるだけでも子どもは安心します。

由美(友人)
普段から、子どもの話を聞いてあげることが大事だね。

忙しいと、つい聞いてるフリしちゃうからな〜。

美咲
家で話を聞いてあげられるのは親しかいないからね。

私も子どもができたら、きちんと話を聞いてあげられる親にならないと。

まとめ

子どもに合った幼稚園の選び方は

  1. 幼稚園の雰囲気が子どもに合っているか
  2. 転入や転出に慣れている幼稚園なのか
  3. 先生の雰囲気
  4. 施設の設備は整っているか
  5. 保護者がどれくらい行事や園の運営に関わるのか
  6. 給食はあるのかお弁当が必要なのか
  7. 費用がどれくらいかかるのか

優先順位を「最重要」「重要」「できたら」の3つに分けてピックアップするのが良い

幼稚園の探し方は

  1. 引っ越し先の住所が決まったら、グーグルマップで「幼稚園」と検索をして近隣の園をチェックする
  2. 園のホームページを見て、園の雰囲気や教育方針、費用をチェックする
  3. 入学金や制服、カバンなど指定されているのかチェックする
  4. 園に直接電話をして転園の受け入れ可能なのか空き状況をチェック
  5. ホームページに入園金や各種費用が詳しく書かれていない場合は電話で問い合わせる
  6. 見学日を設定して子どもと一緒に見学に行く
  7. 転園先の幼稚園が決まったら、面接ならびに入園手続きを行う

幼稚園に電話する前に、ここだけは聞いておきたいということはメモをしておくといい

転園に必要な書類は

  1. 入園願書
  2. 住民票
  3. 在園証明書(現在通園している園で貰うことができる)

転園するのに良い時期は

  • 定員に空きがあれば年度途中でも入園可能
  • 幼稚園の少ない地域だと空きがない場合もある
  • 転入出の多い4月からの転園で手続きすると良い

転園でかかる費用は

  • 幼稚園によってかかる費用は異なる
  • 前の幼稚園で使っていた用品を使えたり、私服通園の園であれば費用の節約になる
  • 月の途中からの入園であっても1か月分の保育料がかかる園もあるので事前に問い合わせする

引越しと転園で環境が変わるときは

  • 引っ越すこと、幼稚園を変わることを分かりやすく伝える
  • 引っ越し前に説明しておけば、子どもの心の準備ができる
  • 無理にポジティブなことやネガティブなことを言わない
  • 「いつもどおり」でいることで子どもの気持ちも安定しやすい

今回は「引越し先での幼稚園選びでおさえておきたいポイント」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

幼稚園選びは非常に大事なので、余裕を持って探せるようにしたいところです。

今回の記事を参考に、引っ越し先でも幼稚園にも楽しく通えるようにしっかり選んであげてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA