北海道・東北から各都道府県への格安引越し業者と引越し費用とは?

<目からウロコ特集>
果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て
「え!!高くない!?」と驚いた経験はありませんか?

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めましたが
引越し経験も時間もなく、とりあえず有名な引越業者1社に見積りをお願いしました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と気にすることなく、営業マンが提示してきた金額で契約をしました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことが分かり、悔しい経験をしたことがあります。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損をします!!

損しないためには、一括見積りがオススメです。

スーモなら、電話番号入力なし&メールで簡単に大手企業から地元密着型の引越会社まで
全国287社をまとめて比較できて便利ですよ。

翔太
北海道や東北から他府県に移動するとき、引越し費用って高いイメージない?

美咲
特に北海道は通販でも別料金が設定されてることが多いから、高そうだよね。

翔太
気になるから調べてみる!

今回は、北海道・東北から関東や近畿、そして沖縄まで、全国各地への引越しを計画している方に向けた、都道府県別の費用とおすすめの引越し業者を徹底解説します。

特に長距離引越しの場合、費用を抑えつつ安心して運搬できる業者を見つけましょう!

この記事を読めば、お得に引越しするための具体的なノウハウも分かるので、ぜひ参考にしてください!

今回は「北海道・東北から各都道府県への格安引越し業者と引越し費用」をご紹介します。

北海道・東北から各都道府県への時期別引越しメリット・デメリット

春(3月〜5月)

  • メリット
    • 天候が安定しているため、移動がスムーズ。
    • 新生活を始めるのに良い時期であり、学校や仕事のスタートに合わせやすい。
  • デメリット
    • 3月は引越しの繁忙期であり、費用が高くなる傾向がある。
    • 早めの予約が必要。

夏(6月〜8月)

  • メリット
    • 比較的費用が抑えられる。
    • 天候が安定しており、荷物の運搬がしやすい。
  • デメリット
    • 気温が高く、体力的に負担が大きい。
    • 夏休みシーズンは再び繁忙期に入るため、料金が上がることがあります。

秋(9月〜11月)

  • メリット
    • 気候が快適で、引越し作業がしやすい。
    • 引越し業者の料金も比較的安定している。
  • デメリット
    • 台風シーズンと重なる可能性があり、悪天候のリスクがある。

冬(12月〜2月)

  • メリット
    • 引越しの閑散期であり、費用が抑えられることが多い。
    • スケジュールが取りやすい。
  • デメリット
    • 冬季の厳しい天候が移動を難しくする。
    • 道路の凍結や積雪による交通遅延のリスクが高い。

冬季に引越すときの注意点とポイント

雪が降る季節(11月~4月)は避ける

道路が雪で覆われたり、凍結したりすることが多く、引越し作業が難しくなります。

そのため、雪のない時期の5月〜10月中旬までに引越すことがオススメです。

交通事情

高速道路ならびに一般道は、降雪や凍結により、通行止めが頻繁に発生します。

出発前に道路状況を確認し、必要に応じてチェーンスタッドレスタイヤの準備を忘れないようにしましょう。

また、市区町村ごとに除雪のタイミングが異なるので、事前に確認しておきましょう。

フェリーで移動する場合、冬季は天候によって欠航することがあるため、スケジュールに余裕を持って引越しましょう。

翔太
北海道の冬は綺麗だけど、引越しのときは大変だよね。

美咲
雪が降ると、通行止めになることもあるから、以下の準備が必要だね。

  1. 早めの計画と予約
    冬季は天候の影響を受けやすいため、余裕を持って計画を立てる。
  2. 天候予報のチェック
    引越し当日の天候を事前に確認し、必要に応じてプランを変更する。
  3. 適切な装備
    スタッドレスタイヤやチェーン、除雪用具を準備し、移動中のトラブルに備える。
  4. 荷物の防寒・防水対策
    冬季は荷物が湿気や寒さでダメージを受けやすいため、適切な梱包材を使う。
  5. 引越し業者との連携
    引越し業者に冬季の注意点を確認し、必要な対応を依頼する。

北海道からの引越しは、冬季特有の課題が多いですが、適切な準備と対策を講じることでスムーズに進めることができます。

北海道・東北から各都道府県への引越しにかかる日数

北海道から各都道府県への引越しにかかる日数(目安)は、以下の通りです。

目的地 引越しにかかる日数(目安)
北海道内・東北内(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島) 1〜4日程度
関東(茨城、栃木、群馬、山梨、長野、埼玉、千葉、東京、神奈川) 1〜3日程度
東海(静岡、岐阜、愛知、三重) 2〜4日程度
北陸(富山、石川、福井) 2〜3日程度
近畿(滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫) 3〜5日程度
四国(徳島、香川、愛媛、高知) 3〜5日程度
九州(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島) 4〜6日程度
沖縄 1週間程度

北海道から各都道府県への引越し費用とおすすめ業者

北海道から各都道府県への引越しにかかる費用(目安)は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
北海道内・東北内(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島) 9万円 – 14万円 21万円 – 38万円
関東(茨城、栃木、群馬、山梨、長野、埼玉、千葉、東京、神奈川) 10万円 – 14万円 21万円 – 26万円
東海(静岡、岐阜、愛知、三重) 13万円 – 21万円 19万円 – 42万円
北陸(富山、石川、福井) 10万円 – 15万円 15万円 – 22万円
近畿(滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫) 12万円 – 19万円 20万円 – 28万円
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口) 16万円 – 26万円 26万円 – 38万円
四国(徳島、香川、愛媛、高知)) 16万円 – 25万円 25万円 – 36万円
九州(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島) 16万円 – 18万円 24万円 – 35万円
沖縄 29万円 – 46万円 45万円 – 66万円

北海道・東北内の格安引越し業者と引越し費用

北海道・東北内の引越しは、そんなに遠くはありませんが、費用と業者選びは重要です。

引越し侍の調査結果によると、単身ならびに家族引越しでの格安引越し業者第1位は「Net引越センター」と出ています。

おすすめ引越し業者(単身) おすすめ引越し業者(家族)
Net引越センター Net引越センター

Net引越センターは、宮城県にある引越し業者です。

口コミを見ると「皆さん感じが良かった」と「安い、丁寧、親切」などの声が多く、全体的に評価が高かったです。

安くても態度が悪い業者には頼みたくないと思ってしまいますが、「Net引越センター」は外注は使わず、自社スタッフで対応しているところが安心と言えます。

北海道・東北内の単身と家族での引越し費用は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
北海道内・東北内(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島) 9万円 – 14万円 21万円 – 38万円

北海道・東北から関東への格安引越し業者と引越し費用

北海道・東北から関東へ引越しする場合、引越し侍の調査結果によると、単身での格安引越し業者第1位は「かまがた運送店」で、家族引越しでの格安引越し業者第1位は「ハロー引越センター」と出ています。

おすすめ引越し業者(単身) おすすめ引越し業者(家族)
かまがた運送店 ハロー引越センター

かまがた運送店は、茨木県にある引越し業者で、ハロー引越センターは、東京都を中心に展開している引越し業者です。

かまがた運送店の口コミを見ると「職人気質で口数が少なくて優しかった!」「積み込み方が職人技でした!」などの技術面に関するコメントが多かったです。

ハロー引越センターの口コミを見ると「手際が良かった」「色々とこまめに対応してくれた!」などのコメントが多かったです。

北海道・東北から関東への単身の場合と家族での引越し費用は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
関東(茨城、栃木、群馬、山梨、長野、埼玉、千葉、東京、神奈川) 10万円 – 14万円 21万円 – 26万円

北海道・東北から東海・北陸への格安引越し業者と引越し費用

北海道・東北から東海、北陸へ引越しする場合、引越し侍の調査結果によると、単身での格安引越し業者第1位は「ティーエスシー引越センター」で、家族引越しでの格安引越し業者第1位は「ハート引越センター」と出ています。

おすすめ引越し業者(単身) おすすめ引越し業者(家族)
ティーエスシー引越センター ハート引越センター

ティーエスシー引越センターは、愛知や岐阜などの東海メインの引越し業者で、ハート引越センターは全国に営業所がある大手引越し業者です。

ティーエスシー引越センターの口コミを見ると「電話で相談にのってくれて親切だった!」「電話の受付の対応も良かった!」などの口コミが多かったです。

ハート引越センターの口コミを見ると「誠実だった!」「他の業者よりも安くて助かった!」などのコメントがある一方で「テーブルとパソコンのラックが破損していた。」などのネガティブな口コミも見られました。

北海道・東北から東海への単身の場合と家族での引越し費用は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
東海(静岡、岐阜、愛知、三重) 13万円 – 21万円 19万円 – 42万円
北陸(富山、石川、福井) 10万円 – 15万円 15万円 – 22万円

北海道・東北から近畿への格安引越し業者と引越し費用

北海道・東北から近畿へ引越しする場合、引越し侍の調査結果によると、単身での格安引越し業者第1位は「シルバーバックス引越センター」で、家族引越しでの格安引越し業者第1位は「ハート引越センター」と出ています。

おすすめ引越し業者(単身) おすすめ引越し業者(家族)
シルバーバックス引越センター ハート引越センター

シルバーバックス引越センターは、京都府に密着している引越し業者で、ハート引越センターは全国に営業所がある大手引越し業者です。

シルバーバックス引越センターの口コミを見ると「丁寧かつ迅速に対応してもらえた!」「速く正確でプロって感じだった!」などの口コミが多かったです。

ハート引越センターの口コミを見ると「誠実だった!」「他の業者よりも安くて助かった!」などのコメントがある一方で「以前利用した時は良かったが、今回はイマイチだった。」などのネガティブな口コミも見られました。

大手引越し業者は、利用者が多い分、ネガティブなコメントも他社より多くなる傾向があります。

北海道・東北から近畿への単身の場合と家族での引越し費用は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
近畿(滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫) 12万円 – 19万円 20万円 – 28万円

北海道・東北から中国・四国への格安引越し業者と引越し費用

北海道・東北から中国・四国へ引越しする場合、引越し侍の調査結果によると、単身での格安引越し業者第1位は「KURYU引越専門店」で、家族引越しでの格安引越し業者第1位は「イナミ引越サービス」と出ています。

おすすめ引越し業者(単身) おすすめ引越し業者(家族)
KURYU引越専門店 イナミ引越サービス

KURYU引越専門店は、島根県に密着している引越し業者で、イナミ引越サービスは、愛媛県の会社で岡山や広島にも支店がある引越し業者です。

KURYU引越専門店の口コミを見ると「丁寧、親切、早い、安い!」「親切丁寧で、コスパも良かった!」などの口コミが多かったです。

イナミ引越サービスの口コミを見ると「対応も親切だった!」「とても丁寧な説明があった!」などの口コミが多かったです。

北海道・東北から中国・四国への単身の場合と家族での引越し費用は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
中国(鳥取、島根、岡山、広島、山口) 16万円 – 26万円 26万円 – 38万円
四国(徳島、香川、愛媛、高知)) 16万円 – 25万円 25万円 – 36万円

北海道・東北から九州・沖縄への格安引越し業者と引越し費用

北海道・東北から九州・沖縄へ引越しする場合、引越し侍の調査結果によると、単身ならびに家族での格安引越し業者第1位は「沖配引越センター」と出ています。

おすすめ引越し業者(単身) おすすめ引越し業者(家族)
沖配引越センター 沖配引越センター

沖配引越センターは、沖縄県に密着していて、県外や遠方にも対応している引越し業者です。

沖配引越センターの口コミを見ると「コスパが良い!」「訪問見積もりから当日の作業対応まで文句なしでした!」などの口コミが多かったです。

北海道・東北から九州・沖縄への単身の場合と家族での引越し費用は、以下の通りです。

目的地 単身引越し費用(目安) 家族引越し費用(目安)
九州(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島) 16万円 – 18万円 24万円 – 35万円
沖縄 29万円 – 46万円 45万円 – 66万円

北海道・東北から各都道府県への引越し費用を安くする節約術

一括見積もりサービスを活用する

複数の引越し業者から見積もりを取ることで、費用とサービス内容を比較できます。

一括見積もりサイトを使えば、各社の競争が促進されるため、割引などの特典も期待できます。

実際に、北海道から長崎への引越しで一括見積りサイトを使った人は、見積金額91万円が80万円と約11万円の値引きに成功されています!!

引越し侍では、無料でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安く抑えたい人は、やらない手はないですよ!

引越し侍公式ホームページ

【電話嫌いな方はスーモがおすすめ!】メールのやり取りだけで安い引越し業者を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数の引越し業者に一括見積りできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 

電話地獄が大嫌いな人は、こちら

オフシーズンを利用する

引越しの繁忙期(3月〜4月、9月〜10月)を避けることで、費用を抑えられます。

オフシーズンの平日に引越しを計画すると、業者の割引が適用されることもあります。

オフシーズンに引越す際のコツは、以下の記事で詳しくご紹介しています。

引っ越し費用を抑えるための秘訣!!オフシーズンに引越すメリットとは??

引越し費用を抑えるための秘訣!!オフシーズンに引越すメリットとは??

2019年12月12日

断捨離で荷物の量を減らす

不要なものを事前に整理して、荷物を最小限にすることで引越し費用を抑えられます。

また、業者に依頼せず自分で梱包することで、梱包サービスにかかる費用も節約できます。

荷物の断捨離法と役に立つ梱包テクニックは、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【最新情報まとめ】引越し前日までにやっておきたい荷物の整理術とは?

【最新情報まとめ】引越し前日までにやっておきたい荷物の整理術とは?

2020年3月30日

【まとめ】荷物を賢く梱包するためのテクニック12選

【まとめ】荷物を賢く梱包するためのテクニック12選

2020年9月20日

まとめ

冬に北海道・東北から各都道府県へ引越しする際の注意点

  • 雪が降る季節(11月~4月)は避ける
  • 雪のない時期の5月〜10月中旬までに引越すことがオススメ
  • 高速道路ならびに一般道は、降雪や凍結により、通行止めが頻繁に発生する
  • 必要に応じてチェーンやスタッドレスタイヤの準備を忘れないこと
  • 市区町村ごとに除雪のタイミングが異なるので、事前に確認しておくこと
  • フェリーで移動する場合、冬季は天候によって欠航するので、スケジュールに余裕を持って引越すこと

冬季に引越すときのポイント

  1. 早めの計画と予約
  2. 天候予報のチェック
  3. 適切な装備
  4. 荷物の防寒・防水対策
  5. 引越し業者との連携

北海道・東北から各都道府県への引越しにかかる日数は

  1. 北海道内・東北内(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島) 1〜4日程度
  2. 関東(茨城、栃木、群馬、山梨、長野、埼玉、千葉、東京、神奈川) 1〜3日程度
  3. 東海(静岡、岐阜、愛知、三重) 2〜4日程度 北陸(富山、石川、福井) 2〜3日程度
  4. 近畿(滋賀、京都、奈良、和歌山、大阪、兵庫) 3〜5日程度
  5. 四国(徳島、香川、愛媛、高知) 3〜5日程度
  6. 九州(福岡、佐賀、長崎、大分、熊本、宮崎、鹿児島) 4〜6日程度
  7. 沖縄 1週間程度

北海道・東北内の引越しは

  • 第1位「Net引越センター」
  • 単身:9万円 – 14万円
  • 家族:21万円 – 38万円

北海道・東北から関東への引越しは

  • 単身:第1位「かまがた運送店」
  • 家族:第1位「ハロー引越センター」
  • 単身:10万円 – 14万円
  • 家族:21万円 – 26万円

北海道・東北から東海への引越しは

  • 単身:第1位「ティーエスシー引越センター」
  • 家族:第1位「ハート引越センター」
  • 単身:13万円 – 21万円
  • 家族:19万円 – 42万円

北海道・東北から北陸への引越しは

  • 単身:第1位「ティーエスシー引越センター」
  • 家族:第1位「ハート引越センター」
  • 単身:10万円 – 15万円
  • 家族:15万円 – 22万円

北海道・東北から近畿への引越しは

  • 単身:第1位「シルバーバックス引越センター」
  • 家族:第1位「ハート引越センター」
  • 単身:12万円 – 19万円
  • 家族:20万円 – 28万円

北海道・東北から中国地方への引越しは

  • 第1位「沖配引越センター」
  • 単身:16万円 – 26万円
  • 家族:26万円 – 38万円

北海道・東北から四国への引越しは

  • 第1位「沖配引越センター」
  • 単身:16万円 – 25万円
  • 家族:25万円 – 36万円

北海道・東北から九州への引越しは

  • 単身:第1位「KURYU引越専門店」
  • 家族:第1位「イナミ引越サービス」
  • 単身:16万円 – 18万円
  • 家族:24万円 – 35万円

北海道・東北から沖縄への引越しは

  • 単身:第1位「KURYU引越専門店」
  • 家族:第1位「イナミ引越サービス」
  • 単身:29万円 – 46万円
  • 家族:45万円 – 66万円

北海道・東北から各都道府県への引越し費用を安くする節約術

  1. 一括見積もりサービスを活用する
  2. オフシーズンを利用する
  3. 断捨離で荷物の量を減らす

今回は「北海道・東北から各都道府県への格安引越し業者と引越し費用」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

大手企業から地元密着型の引越し業者まで様々ありますが「1円でも節約して引越ししたい!」と思うのであれば、一括見積もりサイトの利用がオススメです。

引越し侍公式ホームページ

【電話嫌いな方はスーモがおすすめ!】メールのやり取りだけで安い引越し業者を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数の引越し業者に一括見積りできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 

電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引っ越しに必要な手続き一覧は、以下の記事で詳しくご紹介しています。

【引越し手続きチェックリスト付き!!】引越しでやるべき手続き一覧はこちら

引越し手続きチェックリスト一覧(PDF)

2020年9月19日

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。繁忙期(3月・4月)の引越し代金は3万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?

それ、かなり損してます…

営業マンの言い値で契約する前に、一括見積りで比較してみませんか?
一括見積りサイトを使えば、引越し業者同士で勝手に競争してくれるので、引越し料金は自然と下がります。

実際に一括見積りサイトを使ったことで、約9万8000円の値引きに成功しました!!

引越し侍では、無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい人は、やらない手はないですよ!

引越し侍公式ホームページ

【電話嫌いな方はスーモがおすすめ!】メールのやり取りだけで安い引越し業者を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数の引越し業者に一括見積りできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 

電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。実際に交渉が苦手な私が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料公開しているので、無料のうちに見ていただけると嬉しいです。

リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA