一人暮らしの部屋探し!繁忙期後の4月でも良い物件は残ってるの!?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

「2~3月は引っ越し料金が高くなるから、4月に引っ越したい!」

「仕事の関係で、どうしても4月に引っ越しをしないといけない!」

でも、4月になると良い物件が残ってなさそうだな。と心配になる人もいますよね。

でも、安心してください!

4月の部屋探しならではのメリットがあるんですよ。

今回は「一人暮らしの部屋探し!繁忙期後の4月でも良い物件は残ってるの!?」をご紹介します。

4月は希望の物件は残ってる?

翔太
正樹、めずらしいな、考え事して。どうしたんだよ?
正樹
後輩がさぁ、こないだ就職したから、引っ越す予定らしいんだけど・・・。
翔太
おお、めでたいじゃん!
正樹

でも、今は本社で研修中なんだ。

4月にならないと、どの県の支店に配属されるかわからないんだって。

引っ越しの繁忙期が終わってからだと、希望の物件は残ってないんじゃないかって、なやんでるんだよ・・・。

翔太
確かに、2~3月の繁忙期に比べて、4月は部屋を探す人が減るから、出回る物件も少なくなるよな。

まだまだ有りますよ!良い物件!

4月の物件はあまりものだと思っている人も多いですが、そんなことはありませんよ!

2月、3月の部屋探しは繫忙期なので、みんなが焦って部屋を決めます。

探す方も紹介する方も「今、決めないと希望の部屋が無くなる!」みたいな気持ちになってしまいますよね。

翔太
そういえば、友達が一人暮らしする事になった時、1つの物件を見ただけで決めちゃって、後悔してたなぁ。
正樹
そうそう、なんか焦るんだよな。

不動産屋もせかすしな。

4月になると競争相手がいない分じっくりと決められます。

引っ越しが多いということは、3月中に退去する人もいるということです。

意外に良い物件が、4月に空き部屋になっていることがあります。

また、最近では、単身者向けの物件も余っていることも多いんですよ。

4月に部屋探しをするメリット

繁忙期よりも引っ越し料金が安い

翔太
4月に引っ越すメリットは、他にもあるよ。
正樹
なになに?何かいいことあるなら教えてくれよ!

2月、3月は引っ越しのピーク、引っ越し業者も忙しくて「引っ越し難民」なんて言葉が出てしまうぐらい大変な時期です。

「ピークを過ぎる4月が狙い目!」と思っている不動産屋や引っ越し業者もいます。

家賃以外の値下げ交渉がしやすくなる!

最近は、全国的に空き部屋が増えてきています。

そうなると、大家さんや不動産屋さんは1部屋でも多く部屋を貸し出したいと思っています。

引っ越しには、ある程度のお金がかかりますよね。

少しでも費用を抑えたい人は、ダメ元で家賃以外の値下げ交渉をしてみてください。

値下げ交渉をするときのポイント

ポイント①家賃の値下げ交渉はしない

家賃が下がるということは、大家さんの毎月の収入が減ってしまうということです。

なので、家賃の値下げ交渉には、いい返事を期待できません。

むしろ、悪い印象を与えてしまうこともあります。

なので、敷金や礼金、手数料の値下げ交渉をするようにしましょう。

ポイント②引っ越し業者に無理な値下げ交渉をしない

引っ越し業者のピークは、2月と3月です。

4月は暇だからという理由で、営業マンを脅してまで値下げ交渉するなんてことはしないでくださいね。

ピークよりも値下げ交渉をしやすいだけなので、無理な値下げ交渉はしないようにしましょう。

翔太
どう?良いことあるだろ?
正樹
なるほど!

費用が少しでも安くなるのは良いな!

さっそく後輩に教えてやろう。

翔太
待てよ!焦らないで最後まで聞いてよ。

気をつけないといけないこともあるんだ。

4月に部屋探しをするときのポイント

ゆっくり物件を選べるからと言って「すぐに決めなくても良いや。」と思う人がいます。

確かに競争相手が少ないと言ってもゼロではないので、のんびりしすぎは禁物ですよ。

4月だからこその部屋探しの注意点をご紹介します。

ポイント①少しでも気になる部屋は内覧する

少しでも気になる部屋というのは、他の人も気にしているかもしれません。

面倒くさがらずに見に行きましょう。

ポイント②自分の条件にこだわりすぎない

繁忙期よりは物件の数が少ないので、多少の妥協は必要です

理想にこだわり過ぎると、結局余りものを掴んでしまうこともあります。

ある程度の優先順位を決めて、物件選びをしてみてくださいね。

ポイント③3月退去予定の物件情報を把握する

引っ越す場所が分かったら、早めに引っ越し先のエリア内にある不動産屋さんに行きましょう。

ネットで検索するという手もありますが、情報が遅い場合があります。

3月に退去予定の物件を聞いて、たくさんの物件情報を集めるようにしてくださいね。

翔太
少なくとも、この3点を抑えておけばいいかな。

正樹
そうか。でも、アイツ面倒くさがりだからなぁ。大丈夫かな?

翔太
あとは、本人次第だよ!

4月の空き部屋は、結構いい部屋も残ってるみたいだから、諦めるのは早いと思うよ。

正樹
そうだな!ありがとう。

まとめ

4月に希望の物件を探せる確率は

  • 3月は引っ越しが多いので、4月に希望の物件が空く可能性もある

4月に引越しをするメリットは

  • 繁忙期よりも引っ越し料金が安い
  • 家賃以外の値下げ交渉がしやすくなる

値下げ交渉をするときのポイントは

  1. 家賃の値下げ交渉はしない
  2. 引っ越し業者に無理な値引き交渉はしない

4月に部屋探しをするときのポイントは

  1. 少しでも気になる部屋は内覧する
  2. 自分の条件にこだわりすぎない
  3. 3月退去予定の物件情報を把握する

今回は「一人暮らしの部屋探し!繁忙期後の4月でも良い物件は残ってるの!?」をご紹介しました。

4月でも良い物件は残っているので、諦めずに探してみてくださいね。

今回の記事を参考に、引越し費用を安く抑えて、良い部屋を探してくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA