部屋探し中の女性必見!!女性専用マンション・アパートの特徴とは⁇

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

女性が部屋探しをする際、防犯対策がしっかりしている物件かどうか気になりますよね。

進学や就職を機に1人暮らしを始める娘が、安全に暮らせる環境かを心配する保護者も多くいます。

そんな時に、ぜひ検討して頂きたいのが「女性専用」の賃貸マンションやアパートです。

今回は「部屋探し中の女性にオススメしたい女性専用の賃貸物件」をご紹介します。

女性専用物件とは

美咲
女性のみが利用することができる賃貸物件があるって本当?
陽子
そうそう、「女性専用」とか「女性限定」というものがあるのよ。

マンションやアパートに住む女性やその家族が安心できるように、色々と配慮されているわ。

美咲
物騒な事件も多くて、1人暮らしは心配事が多いものね。
陽子
そうよ~、美咲が1人暮らしするって言ったときはとても心配したわよ。

女性専用に限らず、女性をターゲットにした賃貸マンションやアパートは増えてきているわよ

美咲
今や女性が活躍する時代だからね。

大学進学や就職で1人暮らしを始める女性が増えているし、需要が高まってきているのは間違いないわね。

女性専用物件の特徴

セキュリティ設備が充実

女性専用の賃貸物件は防犯対策に気を配っており、女性が安心して生活できるように配慮されています。

男性の入居や立ち入りが制限されているところもあります。

セキュリティ設備例
  • オートロック
  • 監視モニター(共用部)
  • モニター付きインターホン
  • 防犯カメラ
  • 防犯窓ガラス  など
陽子
帰宅時間や不在状況を分からなくするために、「タイマー照明」を導入しているマンションもあるわよ。

他にも、ベランダに人が近づくと明かりがつく「人感センサー」を設置しているところもあるんですって!

美咲
そこまで設備が充実していると、安心感が違うわね!

管理体制が整っている

大家さんがマンションの近くに住んでいる、もしくは管理人がマンションに常駐しているなど、管理体制がしっかりしています。

管理人常駐のメリット
  • 犯罪被害を未然に防ぐ
  • マンション共用部やゴミ捨て場が清潔に保たれる
  • トラブル対応をしてもらえる など
陽子
管理人が常駐していると不審者もマンションに入りづらいから、空き巣被害などを未然に防ぐ効果があるわ。
美咲
カギをなくして家に入れないとか、隣人トラブルがあるなど、何か困ったことがあったら気軽に相談できるのもメリットよね。

外観や内装がおしゃれ

陽子
女性をターゲットにしているから、女の子が気に入るようなおしゃれなデザイナーズマンションが多いわよ。
美咲
防犯対策も大事だけど、やっぱりかわいい部屋に住むとテンション上がるわよね~
友人Aさんの体験談

1人暮らしを始めたくて両親に相談したところ、「女性専用のマンションであれば」と了承を得ることができ、早速部屋探しを始めました。

壁紙やタイルがカラフルで可愛い内装だったり、収納が広くて女性が暮らしやすいようにデザインされているところが多く、住むことを想像してワクワクしました。

入居後は友人を招いて女子会をしましたが、「部屋が可愛いね!」と好評でした。

女性受けするこだわり条件満載

陽子
「女性専用」ではなくても、2階以上の部屋を女性優先としている物件もあるわよ。

女性が部屋探しをする上で、重視している条件を満たすマンションやアパートが多いわね

女性が求めるこだわり条件
  • 独立洗面台
  • シャンプードレッサー
  • 浴室乾燥機
  • 室内洗濯機置き場
  • コンロ2口以上 など
美咲
確かに、チェックするこだわり条件は多いかも!

女性専用物件のデメリット

家賃が高い

設備などにコストがかかってしまい、相場よりも家賃が高くなっているところが多いです。

お金をかけてでも安心した生活を送りたい女性やその両親がほとんどなので、家賃が高くても女性専用マンションやアパートは人気が高くなっています。

父親や男友達の入室が制限される

男性の出入りを制限しているマンションでは、男性を部屋に招くことができません。

男性の入室制限がなくても、女性しか入居のないマンションに男性を招くのは気を遣いますよね。

家具の配置換えなどの男手を必要とする場面でも、女性だけで対応しなければならないため不便に感じることがあります。

部屋選びのポイント

女性専用のマンションやアパートであっても、女性が部屋探しをする上で注意したいポイントがあります。

物件周辺の安全確認

陽子
マンションやアパート周辺が、安全かどうかも賃貸契約前に確認しなきゃね。

例えば街灯が多くて夜間も道が明るいと、不審者も近づきにくいから防犯対策に繋がるわ。

美咲
飲み会や残業で帰りが遅くなった時、真っ暗だと帰り道が怖いものね。
周辺環境の確認ポイント
  • 街灯が多く、夜道が明るいか
  • 人通りがあるか
  • 痴漢やひったくりなどの注意書きがないか
  • 部屋の外から室内が見えないか

ベランダの位置

陽子
ベランダから不審者が侵入することもあるから、

  • 人目に付く道路に面しているか
  • 電柱などで登りやすくはないか

はチェックポイントよ。

美咲
2階以上の部屋でも、油断はできないものね。

まとめ

女性専用物件とは

女性のみが利用することができる賃貸マンションやアパートのこと

女性専用物件の特徴は

  • セキュリティ設備が充実
  • 管理体制が整っている
  • 外観や内装がおしゃれ
  • 女性受けするこだわり条件満載

女性専用物件のデメリットは

  • 家賃が高い
  • 父親や男友達の入室が制限される

部屋選びのポイントは

  • 物件周辺の安全確認
  • ベランダの位置

今回は「部屋探し中の女性にオススメしたい女性専用の賃貸物件」をご紹介しました。

女性が安心して新生活をスタートできるように、工夫されている物件はどんどん増えています。

今回の記事を参考に、女性専用マンションやアパートも視野に入れながら、お気に入りのお部屋を探してみてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は10万円ほど割高になると言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?

それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。

引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【新登場】たった1度のやり取りだけ!!電話営業一切なしで安い引越し会社を見つけられる!「引越しラクっとNAVI」から新サービスが登場!!I
  • たった30秒で見積り依頼ができる!
  • 窓口1本で、サポートセンターが代わりに引越し会社を探してくれる!
  • 複数の引越し会社からの電話は一切無し! 
  • 個人情報は、成約した引っ越し業者だけに伝わる!
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA