部屋探しに最適な時期はある?おすすめの引越し時期はいつ?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

一人暮らしや同棲・結婚など、部屋を探す理由は、人によって様々ですよね。

部屋探しを始める時期は、いつ頃が良いのでしょうか?

時期によっては、物件が少なかったり、家賃や引っ越し費用が高かったりなど、損をするかもしれませんよ!

今回は「初めて引っ越しをする人向けの部屋探しとオススメの時期」をご紹介します。

部屋探しに最適な時期は?

翔太
部屋探しにおすすめの時期ってあるのかな?
美咲
どうだろう?

時期を選べるんだったら、おトクな時期を選んで部屋探しをしたいよね。

翔太
今後のために、調べてみよう!

1月:退去予定の物件が出始める

賃貸物件を退去する場合、退去の1~2ヶ月前には不動産屋さんに連絡するというのが一般的です。

3月に退去予定の物件情報が、1月頃には不動産屋さんに入ってきます。

3月は退去する人が多いので、1月から少しずつ物件が増えてくるということです。

3月中に引っ越ししたい人は、1月から部屋探しをするのがおすすめです。

気に入った物件があったら、早めに不動産屋さんに問い合わせてくださいね。

ただし、早めに契約すると、1ヶ月以内に引っ越ししないといけない物件もあります。

もし、1ヶ月以内に引っ越しをしないといけない場合、物件を仮押さえできるか不動産屋さんに相談してみてください。

翔太
仮押さえできても、家賃を払わないといけないこともあるみたいだよ。
美咲
この辺りは、不動産屋さんに聞いてみないと分からないね。

2月:物件が一番多くなる

3月中に引っ越ししたい人は、物件が一番多い2月に決めるのがオススメです。

大学の合否や転勤の内示も出てくる時期が2月なので、2月前半に物件を決める方向で進めましょう。

ネット検索で気になる物件を決めておいて、不動産屋さんに行くのもいいですよ。

3月:部屋探しが慌しくなる

大学によっては、3月の中旬に合格発表をするところもあり、それから部屋を探すのは大変です。

大学生が本格的に部屋探しするには、合格発表を待たないといけません。

さらに、遠方への引越しが必要な人もいますよね。

物件は、ネットで数件ほど目星を付けておいて、1日で決めるという方法がオススメです。

翔太
友人のお母さんが言ってたけど、宮城から千葉の大学に行くことが決まったのが3月中旬で、そこから部屋探しするのは大変だったみたいだよ。

何回も通って決めれないから、ネットで気になる物件の目星を付けておいて1日で決めたらしいよ。

物件も少なかったから、妥協した部分も多かったみたいだけどね。

美咲
そうなんだー。引っ越しする場所が遠いと大変だよね。

部屋は見ておきたいし、そうすると一度は、足を運ばなくちゃならないし。

ネットで気になる物件を探しておくのが大事ね!

4月:少し余裕が出てくる

4月は、3月に比べて物件は少なくなりますが、ある程度の余裕を持って部屋探しができる時期です。

ですが、3月に引っ越しが出来なかった人が、まだまだいます。

のんびりしていると、条件の良い物件から無くなっていくので、常に物件のリサーチをしておきましょう。

4月の部屋探しについてはコチラ

一人暮らしの部屋探し!繁忙期後の4月でも良い物件は残ってるの!?

2020年2月27日

5月:値下げ交渉がしやすくなる

5月は、不動産屋さんも大家さんも空室を減らしたい時期なので狙い目です。

また、他の時期に比べて値下げ交渉ができる時期でもあります

家賃の交渉は難しいですが、敷金や礼金などは、交渉次第で値下げしてもらえるときもありますよ。

例えば、礼金2ヶ月→1ヶ月に減らしてくれる不動産屋さんもあります。

3月に引っ越しをためらっていた人は、5月に再チャレンジしてみてくださいね。

翔太
友人は、3月の引越し代金が高すぎて、5月に時期を変えたって言ってたよ。

5月のゴールデンウィーク明けに引越したから、引越し費用も安く抑えられて喜んでたな。

美咲
5月は、天気が良い日が多いから引越しには良さそうだね!

6月:じっくり物件を選べる時期

6月は、物件を探すライバルも少なくなって、じっくりと理想の物件を探すことができます。

物件は少ないですが、繫忙期のような慌ただしさはなくなり、不動産屋さんもゆっくり相談に乗ってくれますよ。

他にも、ジューンブライドで二人暮らし向けの物件が増える時期でもあります。

引越し業者も暇な時期になり、引越しの予約も取りやすいのでオススメですよ。

7月:上旬までは引っ越し閑散期

気温が上って、外に出歩くのが億劫になってくる時期ですよね。

この時期に引っ越すのを嫌がる人が多いので、不動産屋んや引越し業者も暇になる時期です。

繁忙期に比べて初期費用が安くなる物件を狙って部屋探しをしてみてくださいね。

ですが、7月20日頃から夏休みに入り、一時的に引越し費用が上がります。

7月に引っ越す際は、7月20日以前に引っ越しを済ませることをオススメします。

翔太
夏場に内見に行くときは、部屋の中も暑いんだろうな・・・。
美咲
そうね。部屋にはエアコンとか付いてなさそうだし、熱中症にならないようにしないと。

8月:人事異動に向けた部屋探しが始まる

8月は、秋の人事異動に向けて、部屋探しを開始する人が動き始める時期です。

10月が人事異動シーズンになる会社が多いので、法人からの問い合わせも多くなります。

引越し業者は慌しくなりますが、不動産屋さんは余裕があるので、じっくり対応してくれますよ。

同棲や新婚で部屋を探す人にとっては、8月の部屋探しもオススメですよ。

9月:新築物件が多くなる

9月は、真夏の猛暑が落ち着いてくる時期です。

また、秋に結婚する人たちが多く、新築物件を探す人が増えます。

1~3月と同じくらいに、カップルや家族向けの物件が多くなる時期です。

「新築に住みたい!」と思っている人は、9月からが狙い目ですよ。

翔太
新築かぁ~、いいよね。値段が高くても住みたいなぁ。
美咲
そうよね!新築って憧れるよね。

10月:年内の引っ越しにオススメ

年内に引っ越しを決めているなら、10月には動き出しましょう。

年末まで空室になることを避けたい大家さんが多く、家賃や礼金などが安めに設定されていることが多いです。

敷金や礼金の交渉もしやすくなり、交渉も受け入れてもらいやすい時期です。

また、1~3月に比べて、色んな物件を複数見て比較するなど、余裕を持って部屋探しができますよ。

11月になると、部屋探しを始める人がどんどん増えてきます。

時間に余裕がある10月のうちに、内見予約して物件をじっくり見ておきましょう!

11月:物件が増え始める

11月は、入居希望者が少なくなる時期です。

10月の異動の時期も終わり、物件が増えてきます。

入居を決める人が少ないので、年内に引っ越しをしたい人にはチャンスの時期です。

9月〜10月中に出た物件の中で、思ってもいないような優良物件が残っていることもあります。

気候も涼しいので、快適に引越しをしたい人には11月はオススメですよ。

12月:進学や就職が決まった人たちが動き出す

12月は、早めに進学や就職が決まった人たちが動き始める時期です。

また、12月は忙しくなる人が多いので、引越しをする人が少なくなります。

同棲や家族での引っ越しを年内にしたい人は、12月から探し始めましょう。

翔太
年末年始以前だったら、料金の相場も下がるんだって。
美咲
そうなんだ!年内に引越しして、新年を新しい部屋で迎えるのも良いね。

繫忙期に部屋探しをするメリット

繁忙期は、1~3月9~10月です。

繁忙期のメリットは、なんといっても物件が多く、選択の幅が広がることです。

他の時期では見つけられないような物件をたくさん見つけることもできますよ。

ですが、ライバルも多いので「これは良い物件だ!」と思える物件に出会ったら、すぐに契約する決断力が必要です。

また、お客さんが多いので、細かい相談まで乗ってもらうのが難しい時期でもあります。

閑散期に部屋探しをするメリット

閑散期は、7~8月です。

不動産屋さんも余裕が出てくるので、相談に乗ってもらいやすく、納得のいく部屋探しができる時期です。

大家さんも引っ越し業者も、値引き交渉に応じようと頑張ってくれる時期なので、閑散期に部屋探しをすると、引っ越し費用を安く抑えられるメリットがあります。

翔太
色々調べていると、参考になるな〜。

僕は、できれば繫忙期は避けたいかな!

美咲
そうよね。相談しながらじっくり決めたいもんね。

でも、閑散期は物件が少ないところが気になるなぁ。

翔太
大丈夫でしょ!

少ないと言っても、ぜんぜん無くなるわけじゃないんだからさ。

【参考】不用品を売って、おトクに引越ししよう!

引っ越しをする時、不用品の処分はどうしていますか?

粗大ごみ回収に出したり、引っ越し業者に有料で処分してもらう人も多いですよね。

実は、最近では、不用品の買取と引っ越しを一度に頼める一石二鳥の業者があることをご存知ですか?

引っ越しと一緒に不用品回収をお願いするだけで、不用品を多少高く買い取りしてくれるんです!

不用品を売った代金を、引っ越し費用に回せるので、おトクに引っ越しできますよ。

→引越と不用品買取どちらもOK[トレファク引越]

翔太
先輩の家族がこのサービスを利用して、実際に払った引っ越し料金は、3万円で済んだらしいよ。
美咲
え!すごいじゃん!

家族の引っ越しで3万円って、めちゃくちゃ安い!!

不用品の処分までできて、引越し費用も抑えれたら家計も大助かりね!

まとめ

部屋探しに最適な時期は

  • 1月:退去予定の物件が出始める
  • 2月:物件が一番多くなる
  • 3月:部屋探しが慌しくなる
  • 4月:少し余裕が出てくる
  • 5月:値下げ交渉がしやすくなる
  • 6月:じっくり物件を選べる
  • 7月:上旬までは引っ越し閑散期
  • 8月:人事異動に向けた部屋探しが始まる
  • 9月:新築物件が多くなる
  • 10月:年内の引っ越しにオススメ
  • 11月:物件が増え始める
  • 12月:進学や就職が決まった人たちが動き出す

繁忙期のメリットは

  • 物件が多く、選択の幅が広がる
  • 良い物件に出会ったら、すぐに契約する決断力が必要

閑散期のメリットは

  • 不動産屋さんに余裕があるので相談に乗ってもらいやすい
  • 引っ越し費用を安く抑えられる

不用品を売って、おトクに引っ越しできるのは

今回は「初めて引っ越しをする人向けの部屋探しとオススメの時期」をご紹介しました。

人それぞれ部屋を探すタイミングは違いますが、時期を選ばないと損をすることもあります。

今回の記事を参考に、自分にとってメリットの多い時期を選んで、後悔のない部屋探しをしてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA