一人暮らしの部屋探しは何に注意したら良い?部屋探しの条件とは?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

引越しが決まると、部屋探しや荷造りなど、やるべきことが多いですよね。

どのくらいの家賃を選ぶべき?敷金や礼金は?」

「どんな場所を選べば、いいんだろう?」

特に、初めての一人暮らしだと、どんな条件で部屋探しをすれば良いのか分かりませんよね?

今回は「失敗しない一人暮らしの部屋探しの条件」をご紹介します。

部屋探しをする前に

美咲
今度、男友達が転職きっかけで、初めて一人暮らしするんだけど、何かアドバイスできることある?
翔太
僕が一人暮らしした時の経験で良ければ、アドバイスできるよ。

値段重視で物件を探したことがあるんだけど、大変な目に遭った失敗談もある(笑)

美咲
そうなの!?例えば、どんなこと?
翔太
その家は1階だったんだけど、入居してみたら梅雨時にカビが出てきたり、駅が遠くて不便だったんだ。

それで、結局すぐ引越したこともあったよ。

美咲
失敗しない部屋探しの条件教えて欲しい!
翔太
いくつかのチェックポイントをまとめてみたから、参考にしてみて。
美咲
ありがとう!

初めての一人暮らしはドキドキもしますし、ワクワクする人もいますよね。

でも、その前に知っておかないと後で後悔することがありますよ。

部屋探しの条件を整理して、失敗しない部屋探しをしましょう。

部屋探しの条件6つのポイント

美咲
部屋探しのポイントって、どうやって選べば良いのかな?
翔太
例えば、どんな場所、どんな環境に住みたいのか条件を絞った方が良いよ。
美咲
駅近とか?あとは、騒音を考えて道路に面していない物件とか?
翔太
そうそう。そんな感じで、ある程度の条件を決めておくと探しやすいんだ。

ただ、全部の条件を満たすのは難しいから、優先順位を考えると良いよ。

家賃

一般的に、家賃は手取り収入の3分の1以内と言われています。

中には、綺麗な新築物件を契約する人もいますが、後で家賃が高くて住めなくなったという人もいます。

また、駅チカを契約して住んでみたら、夜は繫華街で騒音が酷くて眠れなかったなどの話もあります。

家賃は値切れないので、無理のない範囲で家賃を選ぶようにしましょう。

そして、家賃以外にも「共益費」と「管理費」などの経費も必要になることも忘れないでください。

物件によっては、自転車置き場や駐車場代、ネット利用料など別途で必要なところもあります。

また、敷金や礼金が必要なのかどうかも確認して、家賃だけの値段を見て判断しないようにしましょう。

間取り

一人暮らしの場合、ほとんどの家が1ルームで、バストイレ付のユニットタイプです。

バスとトイレが別々に独立している場合は、若干家賃が高めになりやすいです。

また、1ルーム物件の下見に行くと、思ったより広いと感じることがあります。

ですが、実際に家具を置くと狭くなり「イメージしていた部屋と違う。」とガックリしてしまう人も多いです。

なので、下見をする時は「今家にある家具をここに置いたら、実際の広さは、これくらいになるかな?」とイメージしてみてください。

また、洗濯機を置くスペースや収納スペースのサイズを測れるように、メジャーを持っていくと安心ですよ。

また、収納スペースが有るか無いかでは、かなりの違いが出てきます。

無い場合は、新たに収納ボックスや収納ケースを買うことで、余計に部屋が狭くなるので必ず確認しましょう。

翔太
あ、そうだ!1Rって、どんな部屋か分かる?
美咲
はっきりとは分からないかも。
翔太
「1R」は、部屋は1つで、キッチンとの境が無い部屋なんだよ。

「1K」は、同じように部屋は1つなんだけど、キッチンが独立してるんだよ。

美咲
そうなんだ!個人的に、キッチンは別の方が良いな〜。

「1R」だと、料理をした時の臭いが部屋中にこもりそうだし(笑)

「1R」や「1K」などの一人暮らし対象の部屋のキッチンは、悲しいことに狭いことが多いです。

食器を置くスペースも無い物件もありますが、突っ張り棒などを使って工夫することができます。

例えば、100均のアイテムだけで、壁掛け収納棚を作ることもできますよ。

住む階数

一般的に、階数が上に行くほど家賃も上がります。

比較的、1階は防犯性が低く人気が無いので、家賃が安いことが多いです。

値段重視で1階を選ぶ人もいますが、個人的には2階以上の階に住むことをオススメします。

ちなみに、屋上がある最上階に住む場合、屋上からの空き巣に侵入されるケースもあります。

1階に住むデメリット
  • 梅雨時になると、湿気が溜まってカビが生えやすい
  • 害虫の出没率が高い
  • 防犯性が低い
  • 冬場は寒いと感じやすい
  • 外からの音が響きやすい
  • 洗濯物は丸見えになることがある
翔太
梅雨の時期のジメジメ感は、本当に大変だったから、よく窓を開けて喚起してたな。
美咲
思ったより、1階ってデメリットが多いのね。

立地や交通便

駅チカや学校、会社に近い場所にある物件は、どうしても家賃は高くなりやすいです。

交通便が不便な場所ほど家賃は下がりますが、自転車を利用しないといけない場合もあります。

どの範囲までなら大丈夫なのか、自分の体力と相談して立地を決めてくださいね。

また、物件情報には「最寄りの駅から徒歩5分」など書いてありますが、この情報を鵜呑みにしてはいけません。

実際に、駅から家まで歩いてみたら、倍以上の10分もかかるなんて話もよく聞きます。

駅チカを第一優先で探す場合は、駅から自宅までの環境と実際にかかる時間もチェックしておくと安心ですよ。

家の周りの環境

「騒音」や「治安」は、すぐに改善されるものではありません。

線路沿いや道路に面しているマンションは、車やバイクが通る音に悩まされやすいです。

下見に行った時は、部屋の内装だけでなく、建物の周辺も見るようにしましょう。

路上にゴミが落ちていたり、塀などに落書きがある場合は、あまり治安が良いとは言えません。

翔太
昔、一人暮らしをする時に、気に入った物件があったんだよ。

でも、周りに瓶ビールが割れていたり、ゴミ屋敷みたいな家があってさ。

あと少しで、そのマンションを契約するところだったよ。

美咲
やっぱり、周りの環境も大事なのね。

セキュリティ面

オートロックやドアチェーンも一緒に確認しておきましょう。

特に、女性が一人暮らしする場合は、セキュリティ面も確認しておきましょう。

できれば、防犯カメラなどがあるマンションを選ぶと、より安心ですよ。

翔太
男性の一人暮らしだと、そこまでセキュリティーは気にしなくても良いかも。

でも、最近はストーカーの事件も増えてるから、男性も注意した方が良さそうだね。

美咲
確かに、最近は変な事件が多くて嫌になるね。

その他に見ておくべきポイント

ベランダの有無

ベランダの有無を気にする人は少ないですが、有ると無いとでは利便性が違います。

ベランダで洗濯物や布団を干す人は、ベランダがあるかどうか確認しましょう。

中には、ベランダはあっても利用できない物件もあるので注意してくださいね。

建物の構造

音に敏感な人は、建物の構造も確認しましょう。

建物の構造によって、音の響き方は違ってきます。

例えば、木造タイプのアパートは、音が響きやすく防音性が低いです。

翔太
実際に不動産屋さんに聞いたけど、木造は音が響きやすいんだって。
美咲
隣の部屋のテレビの音が聞こえるくらい、木造は音が響くらしいね。

防音性の高い物件を見分けるコツは、こちら

一人暮らしの部屋探し!防音性の高い物件を見分けるコツとは!?

2019年10月13日

まとめ

部屋探しの条件6つのポイントは

  1. 家賃
  2. 間取り
  3. 住む階数
  4. 立地や交通便
  5. 家の周りの環境
  6. セキュリティ面

その他に見ておくべきポイントは

  1. ベランダの有無
  2. 建物の構造

今回は「失敗しない一人暮らしの部屋探しの条件」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

一人暮らしは、実家と違って、自分の好きなタイミングで好きなことができるのが魅力ですよね。

ですが、自由が多い分、一人で暮らすには責任も出てきます。

今まで、家族や親に任せていた炊事や洗濯なども自分でしなければいけませんが、とても貴重な経験になります。

今回の記事を参考に、部屋探しの条件を絞って、満足できる部屋探しをしてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA