一人暮らしを始めるときの部屋探しはどれくらいの期間がかかるの??

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

これから一人暮らしを始める人にとって

「部屋探しを始めるタイミングは、いつからが良いの?」

「部屋探しから引っ越しまでの流れと期間は、どのくらいなの?」

など気になりますよね?

今回は「一人暮らしを始める際の部屋探し期間と引っ越しまでの流れ」をご紹介します。

引っ越し2ヶ月前からネットでリサーチを始める

翔太

一人暮らしを始める時の部屋探しって、どのくらい前から始めれば良いのかな?

美咲

だいたい引っ越しする時期よりも、2ヶ月くらい前から始めると良いって言われてるみたいよ。

翔太

2ヶ月前くらいかぁ。

2ヶ月前なら時間的にも余裕がありそうだな。

美咲

タイミングにもよるけど、今は何でもネット検索できる時代だからね。

ある程度、住みたいエリアと譲れない条件を決めておけば、もっと早く見つけられる人もいるそうよ。

まずは、引っ越し2ヶ月前から不動産サイトでリサーチを始めましょう。

賃貸物件は、入居予約や取り置きなどができません。

引っ越し時期より何ヶ月も前からネットでリサーチすれば、その地域の相場などを知ることができます。

ただ、リサーチが早すぎると、気に入った物件が見つかっても自分の入居時期までに他の人が契約してしまう可能性が非常に高いです。

それを踏まえて、まずは2ヶ月くらい前から「どんな物件があるのか?」や「自分の希望の条件での家賃の相場」などを不動産サイトでリサーチしておくことをオススメします。

→どんな物件があるのか探してみる

部屋探しの前にまずは条件を整理しておく

不動産サイトを見ると、たくさんの物件情報が出てきます。

まずは「ここだけは絶対に譲れない!」など自分が持っている条件を整理しておくことが重要です。

さらに不動産サイトを見ると、希望条件が新たに出てくる場合もあります。

それも踏まえて、具体的に条件を決めておきましょう。

エリアの条件
  • 〇〇線沿い
  • 勤務先までの通勤時間が〇分以内
  • 〇〇駅など
設備の条件
  • 家賃
  • 間取り
  • 駅までの距離
  • 日当たりの良さ
  • 2階以上
  • 風呂トイレが別になっている
  • キッチンの広さ
  • 日当たり
  • ペット可
  • 近くにスーパーやコンビニはあるかなど

物件探しは、条件を具体的に決めた方がスムーズに進みます。

ただし、条件が多すぎると見つからない場合もあります。

「ここだけは絶対に譲れない!」というポイントを押さえておきましょう。

条件が整理出来たら、いざ物件リサーチ!!

条件がある程度具体的に整理できたら、いよいよ物件探しです。

  • 自分が住みたいエリアの家賃相場をリサーチ

まずは、自分の住みたいエリアや希望条件で検索しましょう。

すると、ある程度の家賃相場も見えてきます。

その相場を見て、まずは実際に自分が生活出来るのかを知ることが重要です。

自分の想定とあまりにも大きく違う場合は、ここで希望条件を改める必要も出てきます。

また、相場を知っておくことで割高な物件を避けられることや逆に異常に家賃が安い物件(不自然に割安な物件は、騒音や何かしら問題がある物件などの場合がある)などに気付けるメリットがあります。

  • 不動産屋を選ぶ

ある程度条件に合う物件が見つかったら、次はその物件を取り扱っている不動産屋のリサーチをします。

スムーズに引っ越しするためには、出来るだけ信頼できる不動産屋を選ぶことがポイントになります。

まずは、1社だけでなく2~3社の不動産屋に行って比較することをオススメします。

その中で、一番良い印象だった不動産屋で実際の物件探しをしていきましょう。

引っ越し1ヶ月前に不動産屋へ

ある程度リサーチしたところで、いよいよ不動産屋へ行きましょう。

実際に部屋を紹介してもらい、気になる物件は内見してみてください。

住みたい部屋が見つかったら・・・

  1. 入居審査(審査には一般的に1週間前後かかる)
  2. 審査が通ったら契約
  3. 受け渡される日程が決まったら引っ越し業者の手配
  4. 引っ越し

以上のような流れになります。

気に入った物件に居住者がいる場合や、クリーニングが未完了の場合は、入居日が2週間~1ヶ月ほど先になることもあるので注意が必要です。 

翔太

入居審査や契約、引っ越し業者の手配を考えると、探す時間は意外と少ないのかも。

美咲

そうね。

だいたい不動産屋での物件探しに使える期間は2週間くらいが一般的みたいよ。

入居希望日まで1ヶ月以上も前に不動産屋に行って契約をすると、入居日が必要以上に早くなり、その分の家賃が発生してしまうので注意してくださいね。

部屋探しにおすすめな時期

部屋探しにおすすめな時期は繁忙期(1月~4月)を過ぎた5月~8月と言われています。

繁忙期を過ぎると、部屋探しや引っ越しをする人が少なくなるので、不動産会社も暇になります。

その時期であれば、希望条件にあった物件をじっくり探してもらえます。

また、引っ越し業者も繁忙期に比べて落ち着くため、料金が繁忙期の時より大きく下がります。

また、希望の引っ越し日が通りやすくなるなどのメリットもあります。

翔太

引っ越し時期に縛りがない人は、落ち着いてじっくり探せる時期を狙って部屋探しするのがいいね。

美咲

引っ越し料金も繁忙期は、すごく高いから、少しでも時期をずらして節約したいわね。

まとめ

部屋探しを始めるタイミングは

  • 引越し希望日の約2ヶ月くらい前から

引っ越し2ヶ月ほど前には

  • 自分の希望条件(エリア・設備の条件)を整理しておく
  • 不動産屋サイトでリサーチして自分が住みたいエリアの家賃相場を調べておく
  • 実際に気になる物件が見つかったらその物件を扱っている不動産屋もリサーチする
  • スムーズに引っ越しするには、信頼できる不動産屋を選ぶことがポイント
  • 1社だけでなく2~3社の不動産屋に行って比較すること

引っ越し1ヶ月ほど前には

  • 不動産屋に行き、実際に部屋を紹介してもらう
  • 気になる物件は内見する

住みたい部屋が見つかったら

  1. 入居審査(審査には一般的に1週間前後かかる)
  2. 審査が通ったら契約
  3. 受け渡される日程が決まったら引っ越し業者の手配
  4. 引っ越し

以上のような流れになる

部屋探しにおすすめの時期は

  • 不動産屋の繁忙期(1月~4月)を過ぎた5月~8月
翔太

引っ越しは早めに動き出すのが良いと思っていたけど、早すぎてもダメなのは驚きだったな。

美咲

良いタイミングで探すことが出来ればいいよね。

でも、それが難しい場合もあるから、こまめに不動産サイトをチェックしたりした方が良さそうね。

今回は「一人暮らしを始める際の部屋探し期間と引っ越しまでの流れ」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

不動産屋を何件も回って比較することで、良い物件や親切な営業マンに出会えることもありますよ。

今回の記事を参考に、スムーズに引っ越しできるように部屋探しを工夫してみてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA