引っ越しの際に忘れると大変!?ライフラインの手続き方法は??

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

引っ越しして、すぐに使えなくて困るものは、電気やガス、水道などのライフラインです。

「いつ、どうやって手続きすればいいの?」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

今回は「ライフラインのお引っ越し手続き」をご紹介します。

ライフラインのお引っ越し【基本的な流れ】

美咲

ライフラインの手続きは、何から始めた?

陽子

引っ越し前には、停止や解約、引っ越し後には開始や契約の手続きが必要ね。

それぞれ契約先に問い合わせをして、手続き方法も教えてもらいなさいよ。

美咲

引っ越しが決まったら、早めに連絡してみる!

陽子

あと、新居で使うライフラインの契約先も調べておきなさいよ。

美咲

ありがとう!

ライフラインのお引っ越し【基本的な流れ】
  1. 現在使用中の契約先に問い合わせ、手続き方法を確認
  2. 引っ越しの1〜2週間前には解約や停止、予約の手続きをする
  3. 新居で使用するライフラインの契約先へ問い合わせて、手続きの確認
  4. 引っ越し当日は、開始と契約に立ち会うのが一般的
  5. 新居で使用するライフラインの契約手続きは、引っ越し後1週間以内に済ませる

引っ越しシーズンは混み合うので、早めに手続きできるようにしましょう。

立ち会いが必要な手続きは、希望日時に予約できないときもあります。

余裕を持って、引っ越し予定日の2〜3週間前には連絡しておくと安心です。

ライフラインの引越し手続きは、電話やインターネットでできるもの、地域の管轄窓口へ行くものなどがあります。

また、契約している会社や地域によっても手続き方法は異なるので、一度電話で問い合わせておくと安心ですよ。

もし、停止の手続きを忘れると、住んでいない部屋のライフラインの料金がずっと請求されるので注意してくださいね。

電気の引っ越し

停止手続き

美咲

電気の停止手続きは、まず契約中の会社に問い合わせることからね。

陽子

電気の停止は、電話やインターネットからできることがほとんどだけど、念の為に問い合わせると安心よ。

問い合わせする時は、請求書に記載してある「お客様番号」を聞かれることがあるので、手元に用意しておきましょう。

問い合わせの際「退去する際は、ブレーカーを落としてください。」のような指示があれば、忘れずに落としてくださいね。

停止手続きをすると、停止を依頼した日までの電気使用料を日割りで計算してくれます。

日割り分の料金を支払えば、旧宅での使用は終了という流れになります。

開始手続き

陽子

電気は、基本的に契約手続き前に使用できるわよ。

美咲

そうなんだ!じゃあ、急いで手続きしなくてもいいわね。

電気の契約手続きは、そんなに急ぐ必要はありません。

ですが、手続きを忘れると、突然電気を止められてしまうことがあります。

引っ越し後、1週間以内には手続きを済ませるようにしましょう。

引っ越しの片付けが一段落したら、手続きすると良いですよ。

もし、新居に「電気使用申込書」が入っていれば、記入してポストに投函するだけで手続きができます。

申込書がない場合は、電話やネットで手続きをするか、電気会社に問い合わせをしてみてください。

引っ越し当日、新居に到着したら、電気が使えるかどうか以下の手順で確認しましょう。

使用できない場合は、電気の契約先または大家さんや管理会社に連絡をしましょう。

新居での電気使用開始手順
  1. アンペアブレーカーのスイッチをオン
  2. 漏電遮断器スイッチをオン
  3. 配線用遮断器のスイッチをオン
  4. 各部屋の照明のスイッチをオン

電気の容量変更

美咲

新居の容量が小さくて、ブレーカーがよく落ちるのよね。

どうしたらいいかな?

陽子

電気の容量を多くしたいときは、契約している電気会社に依頼すれば、アンペアブレーカーを交換してもらえるわよ。

賃貸の場合は、大家さんや管理会社に確認してからの方が安心よ。

美咲

すぐに容量を大きくしたいから、契約先に確認してみる!

陽子

量を大きくすると、基本料が上がるから必要以上に大きくしないよう気をつけるのよ。

美咲

わかった。ありがとう!

電気の会社を変更する場合

美咲

引っ越し先では、違う会社と契約したいな。

陽子

会社を変更したい時は、まず旧宅の電気会社との契約を解約するのよ。

それから、新居で契約する電気会社を決めて、契約手続きについて確認ね。

美咲

はーい。

陽子

契約手続き方法や、契約後いつから電気が使えるのか聞いておくのよ。

美咲

分かった!

ガスのお引っ越し

停止手続き

陽子

基本的に、ガスの停止に立ち会いは必要ないわ。

でも、ガスのメーターが室内にある物件は、ガス停止の立ち会いが必要だから注意ね。

美咲

家に来てもらうってこと?

陽子

そうよ。引っ越しシーズンは、希望日時に予約できないこともあるから、2週間前には申し込んでおくと良いわよ。

ガスの停止を申し込む際は、住所と氏名、お客様番号を聞かれることが多いです。

これらの事項は、毎月ポストに届く請求書に記載されています。

ガス会社の連絡先も請求書に記載されているので、問い合わせをする時は、請求書を用意しておくのがオススメです。

開始手続き

陽子

ガスの開栓手続きは、必ず業者の立ち会いが必要になるわよ。

美咲

電気や水道みたいに、自分で使えるんじゃないの!?

陽子

ガスは、一歩間違えたら爆発事故に繋がるから危険でしょ?

だから、資格を持った業者の人にガス漏れしていないか点検してもらう必要があるのよ。

引っ越し当日に予約して来てもらえる場合、荷解きをしている間に点検や確認もしてくれます。

ガスの説明などを聞いたり、契約書類に記入するだけなので、数十分程度で終わります。

引っ越し当日、荷物の運び込みが終わった頃に来てもらうのがベストタイミングです。

希望時間帯に来てもらえるように、早めに予約をしておくのが重要です。

オートロックのマンションの場合は、ガス会社の立ち会いが必要な場合があるので、入居前に確認しておきましょう。

ガスを引っ越すときの注意点
  • ガスの種類によって、使用できるガス機器が違うときがある
  • 新居のガスの種類が異なる場合は、旧宅で使用していたガス機器は使えない
  • 旧宅で使用していたガス機器の処分方法を考えておく
  • 新居のガスの種類に合わせてガス機器を購入する

水道のお引っ越し

停止手続き

陽子

水道の停止は、地域の水道局で手続きできるわよ。

ただ、賃貸の場合は、大家さんか管理会社に聞いた方が良いわよ。

美咲

水道の手続きも、一度問い合わせをして確認が必要ね。

寒冷地など、水道管凍結の恐れがある地域や季節には、水抜き(溜まった水を排水する作業のこと)をするように言われることがあります。

その場合は、忘れずに水抜きをして退去してください。

地域によって手続きが違うことがあるので、確認しておくと安心です。

開始手続き

陽子

水道の開栓は、基本的に業者の立ち会いは必要ないわ。

美咲

蛇口をひねったら、水が出るんだっけ?

陽子

その場合がほとんどね。

寒冷地では、冬場の水道管凍結防止のために水抜きをしていることがあるから、その場合は水栓を開けば使えるわよ。

開始の手続きは、新居を管轄している地域の水道局窓口や電話、ネットなどで手続きできるところが多いです。

新居のポストに「水道使用開始申込書」があれば、必要事項を記入して郵送でも手続きができます。

水道開栓時の流れ
  • 新居で水が出ない場合、メーターのバルブを確認する
  • バルブが閉まっていたら、バルブを開く
  • バルブの開き方が分からない場合は、水道局に問い合わせる
  • バルブが開いているのに水が出ない場合は、水道局または大家さん、管理会社に問い合わせる
    ※水道局で水を止めているか、設備の故障の可能性がある

インターネットのお引っ越し

インターネットの引っ越しには、色々なパターンがあります。

例えば、こんな感じです。

  • 旧宅と同じネット回線、プロバイダーの使用
  • 新居では、旧宅と同じネット回線が使えないので新たに契約する
  • 引っ越しを機に他社へ乗り換える
  • 引っ越しを機に有線からWi-Fiにしたい
  • 新居ではネット回線を契約して使いたいなど

このように、人それぞれ状況が違いますが、大きく分けて3パターンあります。

旧宅と同じネット回線やプロバイダーを継続する場合

旧宅と同じネット回線やプロバイダーを継続するとき
  • 新居で同じ回線・プロバイダーを使用可能か確認
  • 使用可能であれば、手続きについて問い合わせて確認
  • 必要書類記入、工事予約など手続きを行う

工事日は、2〜3週間先の予約からしか受け付けていないことがあります。

引っ越しの1ヶ月前には予約できるように動きましょう。

新居で旧宅と同じ回線やプロバイダーの使用が不可だった場合、旧宅の回線やプロバイダーを解約し、新たに契約する流れになります。

また、インターネットを引越しする時は、自己負担で工事費用がかかるので注意してください。

引っ越しを機に他社へ乗り換える場合

引っ越しを機に他社へ乗り換える場合、キャッシュバックを上手く使えば安くなる場合があります。

費用を抑えたい場合は、色々な会社を調べてみてくださいね。

引っ越しを機に他社へ乗り換えるとき
  1. 旧宅の回線、プロバイダー解約手続きについて問い合わせる
  2. 旧宅の回線、プロバイダー解約の申し込みや手続きを行う
  3. 新居で契約可能な回線、プロバイダーを調べる
  4. 契約したい回線、プロバイダーを選ぶ
  5. 選んだ回線、プロバイダーの会社に契約手続きについて確認、工事の申し込み手続きを行う

解約する際、違約金が発生するかどうかを確認しましょう。

決められた日までに解約手続きをしなければ、翌月の料金が発生することがあるので注意してください。

新居で使用する会社の乗り換えキャンペーンの内容をよく確認して、自分に合ったものを選びましょう。

旧宅でインターネットを繋いでいない人が、新居でインターネットを使う場合、上記手順の③から順に進めていきましょう。

Wi-Fiを使ってインターネットを繋ぐ場合

Wi-Fiを使ってインターネットを繋ぐとき
  • 旧宅のWi-Fiを新居でも使用する場合、契約先に連絡をして住所変更する
  • 新居で新たにWi-Fiを使う場合は、契約したい会社を選ぶ
  • 契約したい会社に問い合わせをして契約手続きについて確認する
  • 契約手続きを行う

Wi-Fiは、契約してから機器が届くまでに時間がかかります。

新居ですぐにネットを使用したい場合は、早めに手続きを済ませておきましょう。

ポケットWi-Fiは、新居に持ち込めばそのまま使用可能です。

ただ、電波が届かないと使用できないので、電波が届くかどうかを確認しましょう。

インターネットの引っ越しをする際は、新居での工事が必要だったり、乗り換えの場合は契約先を決めるのに時間がかかります。

インターネットに関しては、他のライフラインよりも早めに動き出しておくことがオススメです。

まとめ

ライフラインの引っ越しの基本は

  • 契約先に電話し、手続きについて確認
  • 旧宅での停止、解約の申し込み手続きをする
  • 新居での開始、契約の申し込み手続きをする
  • 引っ越しの2〜3週間前には連絡しておく

電気の引っ越しをする時の注意点は

  • 問い合わせの際は、請求書を手元に準備
  • 停止や解約手続きを忘れると、電気料金が支給され続ける
  • 契約手続きを忘れると、突然電気が止まることもある
  • 電気の容量を増やしたい時は、大家さんや管理会社に許可をもらってから、電気の契約先に連絡する
  • いつから電気を使用できるのか契約の時に確認する

ガスの引っ越しをする時の注意点は

  • ガスメーターが室内にある場合は、立会いが必要
  • 立会いが必要な場合は、早めに予約する
  • ガス停止手続きの問い合わせをする際は、請求書を手元に準備
  • ガス停止を申し込んだ日までの料金を支払う
  • ガスの開始手続きは、必ず立会いが必要
  • 希望日に来てもらうために、早めに予約する
  • 旧宅と新居のガス機器の種類が違う時がある

水道の引っ越しをする時の注意点は

  • 地域の水道局に問い合わせて、手続きについて確認する
  • 大家さんや管理会社に水道料金を払っている場合は、大家さんや管理会社に確認
  • 新居では、まず水が出るか確認
  • 水が出なければ、元栓を開くまたはメーターのバルブを開く
  • それでも出ない場合は、水道局または大家さん、管理会社に問い合わせる

インターネットのお引っ越しは

  1. 旧宅と同じネット回線・プロバイダーを継続する
  2. 引っ越しを機に他社へ乗り換える
  3. Wi-Fiを使ってインターネットを繋ぐ

以上の3パターンある

今回は「ライフラインのお引っ越し手続き」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

ライフラインの引っ越しは、それぞれ一つずつ手続きしていく必要があります。

手続きの方法は、契約先の業者や会社、地域の窓口によって様々です。

引っ越し経験があっても、以前の手続き方法とは異なる場合もあるので、必ず契約先に問い合わせをして確認しておきましょう。

旧宅での解約や停止手続きを忘れると、使用料を請求され続けることになり。余計な出費になります。

不自由な生活を送ったり、困ることのないように注意しましょう。

今回の記事を参考に、快適な新生活を送ってくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA