騒音トラブルをなんとかしたい!!苦情を言う際の注意点とは??

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

誰もが家ではゆっくりと、心や体を休めたいですよね。

そんな癒しの空間で、騒音が聞こえてくるというのは、なんとも耐えがたい状況です。

苦情を言って、なんとか騒音問題を解決したいところですが、後々のことを考えると当事者に直接苦情をいうのは少し怖いと言う方も多いですよね。

今回は「騒音トラブルで苦情を言う際の注意点」をご紹介します。

苦情を言う場所

賃貸の場合

美咲
アパートやマンションなど、同じ集合住宅に住む住人の方とは、良い関係を保ちたいわよね。
翔太
そうだね。

騒音が気になったとしても、苦情を言ってその後の関係が悪くなのは嫌だね。

美咲
苦情って、どこに言えば波風立たずに問題解決に向かうのかな?
賃貸の場合は、建物を管理している組織がある事が多いから、まずはそう言った組織に相談したり、苦情として報告してみると良いぞ。
美咲
なるほど。

間接的に解決できるのは良い方法ね。

大きなマンションの場合は、「管理組合」が存在していることが多いです。

その他、アパートなどの集合住宅では、物件の「管理会社」「大家さん」が必ずいます。

騒音を出している当事者に直接苦情を言うのが不安だったり、当事者を特定できないなどの場合は、「管理組合」「管理会社」「大家さん」に一度相談をしてみましょう。

持ち家の場合

美咲
自分の持ち家だと、やっぱり自分で当事者に苦情を言うしかないのかな?
翔太
でも、持ち家の場合は、引っ越しできない分、尚更、近隣住民の方と良い関係を保ちたいよな。
美咲
もしも、苦情を言ったことで恨まれたりしたら、困るわよね。

その先の生活を脅かす存在になってしまうかもしれない…なんて考えたら怖いしね。

実際に、嫌がらせや脅迫をされたって言うニュースも聞くし…。

持ち家の場合は、信頼できる隣人や近所の方に騒音で困っている事を打ち明けてみると良いぞ。

打ち明けたその人も、同じように思っていれば、解決するために協力してくれるかもしれないからな。

美咲
自分以外にも騒音の事実を知っている人がいれば心強いわね。

証人になってくれたり、協力者になってくれると助かるわね。

他にも、直接当事者に苦情を入れる前に相談しておくと良いところをまとめてみたぞ。
苦情の相談先
  • 無料の法律相談(弁護士)
  • 公害等調整委員会
  • 市区町村(自治体)
  • 警察署
  • 保健所
  • 住宅紛争審査会
  • 消費者生活センターなど

騒音はとても迷惑で、すぐにでも静かにして欲しいというのが本音だと思います。

でも、素人が下手に動いて後々のトラブルに繋がるのはもっと困りますよね。

まずは少し落ち着いて、問題解決についてはプロにお願いをして動いてもらうのが得策です。

騒音の苦情を言う際の注意事項

美咲
実際に相談をする時に気をつけることって何かあるかな?
苦情を伝える時の注意点をまとめてみたから、参考にすると良いぞ。
美咲
ありがとう。
基本の注意点
  • 冷静になる
  • 状況(証拠)を整理する
  • どうして欲しいか整理する

苦情を言うということは、どうしても解決したいと言う思いになっているはずです。

人によっては、怒りの感情でいっぱいになる方もいると思います。

でも、感情的になると更なるトラブルを招いてしまう要因になり、何も良いことがありません。

きちんと冷静に状況を説明し、どうして欲しいのかを伝えることに集中しましょう。

状況を説明する際には、騒音を録音した音声や、動画などがあると証拠となります。

余裕があれば、証拠を用意しておくと良いでしょう。

当事者に直接苦情を言う時の注意点
  • 言い合いになったり、反発されたらすぐに引き下がり退散する
  • 苦情を言った直後に警察などへ通報はしない

当事者に直接苦情を言って、口論となったり、相手が騒音の事実を認めない場合などは、すぐに一度退散するのが賢明です。

言い合いになったり、相手が反発しているのにこちらも引かずに苦情を言いつづけても、解決に向かうことはありません。

そういう場合は、一度退散して、作戦を練り直しましょう。

また、苦情を言いに行ったすぐあとに警察などへ通報すると、当事者が誰に通報されたか気づいてしまいます。

後々の関係を悪くして住みにくくしないためにも、当事者に苦情を言ったすぐ後に通報するのはやめておきましょう。

まとめ

苦情をいうところは

  • 管理組合
  • 管理会社
  • 大家さん
  • 無料の法律相談(弁護士)
  • 公害等調整委員会
  • 市区町村(自治体)
  • 警察署
  • 保健所
  • 住宅紛争審査会
  • 消費者生活センターなど

騒音の苦情を言う際の注意事項は

  • 冷静になる
  • 状況(証拠)を整理する
  • どうして欲しいか整理する
  • 言い合いになったり、反発されたらすぐに引き下がり退散する
  • 苦情を言った直後に警察などへ通報はしない

今回は「騒音トラブルで苦情を言う際の注意点」をご紹介しました。

騒音は、家でゆっくり休むことができなくなるため、本当に迷惑だと思います。

しかし、騒音のトラブルは、拗れると相手が逆恨みして、嫌がらせをしてくるなどの行為に発展する可能性があります。

苦情を言う際は、冷静になり、慎重に問題解決へ向けて動くようにしましょう。

今回の記事を参考に、騒音トラブルから解放されて、静かな日常を取り戻してくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA