騒音トラブルを回避しよう!!子供がいる家庭でとるべき対策とは??

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

マンションなどの集合住宅では、騒音が原因で、ご近所さんとトラブルに発展するケースをよく耳にします。

時には、子どもの声や足音が原因で、騒音トラブルに発展することもあります

音の感じ方は、状況や人によっても変わりますよね。

お互いが快適に暮らすためには、音のマナーをしっかりと守っていきましょう!

今回は子どもがいる家庭が騒音トラブルを避けるための具体的な対策」をご紹介します。

子どもがいる家庭の騒音

美咲

お風呂あがったよ~。

翔太~、翼の体を拭くの手伝って~。

翔太
わかったよ~。翼、体を拭こうな~。

あ!逃げるな!待て~‼ガシャーン!(棚に置いていたトミカが床に落ちる)

もぉぉぉ~~。

美咲
翼、どんどん活発になってるね。
翔太
そうだね。元気に育っているのは嬉しいことだけど、このままだと、ご近所さんに音で迷惑をかけてしまいそうだな〜。

最近だと、はしゃいだ時なんかに、すごく大きな声を出すこともあるし。

美咲

たしかにそうね。

引っ越し先でも「うるさい!」って苦情が来ないか心配だわ。

翔太

実際、トラブルになって穏やかに暮らせなくなるケースもあるみたいだよ。

引っ越し先のご近所さんとは、良い関係を築きたいし、お互いに心地よく暮らしたいよね。

美咲

うん、そうね。

私たちにできる対策って、何かあるのかな。

翔太

あったらいいな。

よし、さっそく調べてみよう。

子どもの「声」と「足音」では、音の伝わり方に違いがある

実は、音によって伝わり方に違いがあるんです。

伝わり方を知ることで、より効果のある防音対策をとっていきたいですよね。

まず一つ目が、空気中を伝わって聞こえる音。

これを空気伝播音(くうきでんぱおん)」といいます。

話し声や笑い声、またリコーダーなどの楽器の音、自転車のベル音などがこれにあたります。

空気伝播音の具体的な防音対策

声などの「空気伝播音」は、音を伝える空気の通り道を塞ぐことで、音を伝わりにくくすることができますよ。

タンスや本棚など、大型の家具をお隣さんと接している壁沿いに配置してみましょう。

大型家具が、障害物となって、音を伝わりにくくしてくれます。

また、窓には、防音カーテンを取り付けるのも有効ですよ。

防音効果を最大限に生かすためには、すき間を作らないように吊るすことがポイントです。

すき間があると、その少しの空間から音が伝わってしまいます。

カーテンレール上や左右部分が、カバーなどで塞げるタイプのものを選びましょう。

翔太

音って、すき間から漏れやすいってことなんだね。知らなかった。

美咲

大きな音が出やすいときは、窓や部屋のドアを閉めることも、忘れずにしないといけないわね。

二つ目が、建物の壁や床、天井などに振動や衝撃が伝わって音となって聞こえる音です。

これを固体伝播音(こたいでんぱおん)」といいます。

足音や、椅子を引く音などがこれにあたります。

特に、集合住宅で起きやすい騒音トラブルは、この「固体伝播音」です。

翔太

トミカが床に落ちたときの音も、固体伝播音ってことだな。

固体伝播音の具体的な防音対策

足音などの固体伝播音を防ぐポイントは、壁や床などに、振動や衝撃を伝わりにくくすることです。

床には、厚み・重さ・クッション性を備えた、遮音性のマットやカーペットを敷きましょう。

子どもが走ったり、物を落としても、マットやカーペットが衝撃を吸収し、下の階に音が伝わりにくくなります。

椅子に脚カバーを履かせましょう。

脚にカバーを付けていれば、子どもが少々乱暴に動かしても、ストレスなく見守ることもできます。

ほかには、部屋の導線を変えるだけで足音が減らすこともできるんです。

家具の配置を工夫して、長い直線を作らない、行き止まりを作るなど、部屋の導線を子どもが走り回りにくくするだけでも、足音を減らすことができます。

翔太

これだけ対策していたら、気持ちにも余裕ができそうだね。

美咲

翼にもっと優しく接することができそうだわ。

習慣や行動を見直すことが、騒音対策にも子どもにも◎

翔太

夜って、周りも静かだし、音も聞こえやすいよね。

できることなら翼を早く寝かせたいし、そのあとに見たいテレビや映画もゆっくり見たいよね。

でも、早く寝かつけたいなぁっていう時に限って、、、寝てくれないんだよね。

美咲

そうそう。翼、何かを感じ取ってるのかしら(笑)

子どもを早く寝かせるための工夫とは?

子どもを早く寝かせるために、親も子どもと同じ時間に寝るのがオススメです。

子どもの生活習慣は、親の日頃の過ごし方に影響を受けることがわかっています。

音の問題もありますが、子どもの発達の観点からも、夜更かしせずに寝かせたいところです。

でも、家事はどうするんだ!子どもが寝た後にやりたいことができなくなってしまう!という方もいるでしょう。

そういう方は、朝早く起きてやりたいことをしてみてはいかがでしょうか?

夜、子どもが寝た後に起きるのは、体力的にも精神的にも辛いです。

眠りたがっている身体に鞭を打って起きることをやめて、思い切って子どもと一緒に寝てみましょう。

朝、子どもが起きる前に、一人の時間を作って、やりたいことをやる方が身体にもいいですし、夜に比べて、記憶の定着もしやすいですよ。

翔太

見たいテレビは、録画しておいておけば良いね。

よし、朝型人間になってみるか~。

美咲

習慣化できたら、健康にもよさそうね。

なぜ静かにしなければならないのかを子どもに教えよう

子どもは、大きな声を出したときに、「静かにしなさい!」とただ注意されただけでは、なぜ静かにしなければならないのかが分かりません。

集合住宅で暮らすうえで、ルールやマナーを守ることが、周囲への配慮となり、お互いが心地よく暮らすことに繋がるということを子どもに教えましょう。

子どもは、親の行動から、多くのことを学びます。

一度や二度教えただけでは、身に着けることは難しいかもしれませんが、親が子どもに愛情をもって根気よく教えることが大切です。

まずは、親が率先して集合住宅におけるルールやマナーを守ることで、子どもに良い見本を見せられたらいいですね。

ご近所さんと日頃からコミュニケーションをとろう

騒音トラブルを防ぐためにも、ご近所さんと会ったときは挨拶をしましょう。

しっかりと挨拶をするだけでも、ご近所さんからの印象は良くなりやすいです。

また、引っ越しをこれからするという方は、必ずご近所さんのところへ引っ越しの挨拶をしに行きましょう。

その際、「子どもが騒がしくしたら、すみません。」と一言添えておくことがポイントです。

ご近所さんが子どもの音が聞いたときでも、音に対しての感じ方が悪くなりにくいです。

翔太

そうか。

子どもの親である僕らが、まずはしっかりとルールやマナーを守ることが大切ってことなんだなぁ。

美咲

音の問題にかかわらず、私たちが社会生活でのルールを守って暮らすことで、社会との関わり方を翼に伝えていけたらいいわね。

色々対策してたけど、苦情を受けてしまった。どうしたらいい?

子どもの音に気を付けていても、ある日突然、苦情が来ててしまうこともあるかもしれません。

ご近所さん本人から直接言われたら、まず少しだけ、苦情を言ってきた相手の立場を考えてみましょう。

もしかしたら、今までずっと音のことで、我慢してきていて、限界に達し、苦情に至った可能性があります。

苦情を直接言いに来るという場面では、ご近所さんはとても感情的になっている可能性が高いです。

トラブルは、お互い感情的になりやすい状況であればあるほど、大きくなっていきます。

お互い快適に暮らせるために、今自分ができることに集中しましょう。

トラブルを拡大させないために、苦情がきても、まずは決して感情的にならずに、落ち着いて冷静な対応を心がけてください。

直接苦情を受けた際にやること

相手が騒音と感じた音について、詳しく確認しましょう。

  • いつ、その音を聞いたのか
  • どんな音だったのか
  • どのくらいの音の大きさだったのか

これらを詳しく聞くことで、これからどう対策していくべきか判断できます。

あとは、音のことで相手を不快な気持ちにさせてしまったことについて、お詫びの言葉を述べて、改善する意思があることを伝えます。

また、トラブルを拡大させないポイントとして、当事者同士だけで解決しようとしないことが重要です。

必ず、苦情がきたことを管理会社に連絡しておきましょう。

連絡したうえで、自分にできる対策をして、後の対応は管理会社に任せましょう。

よくあるのが、別のお部屋から聞こえる固体伝播音が原因で、自分たちは音を出していないのに苦情を言われるというケースです。

集合住宅では、その構造上、床や壁などが振動して左右や上下階以外にも音が響いてしまうことがあるんです。

明らかに、自分たちが出していない音のことで、苦情を言われた場合なども、管理会社に相談すれば、トラブルが広がらないように対応してくれますよ。

翔太

対応の仕方が分かっただけでも、不安な気持ちが少なくなるね。

美咲

お互いが快適に暮らすために、前向きに捉えたいものね。

どうしても騒音トラブルが避けられない場合は?

騒音トラブルがどうしても避けられない、、、

そんなときはズバリ、引っ越すことをオススメします。

一度、騒音トラブルに巻き込まれたら、解決するのに時間がかかるケースもあります。

騒音トラブルが解決しないまま同じところで暮らしていたら、気づかないうちに徐々にストレスが溜まっていき、最終的に身も心もボロボロになってしまいます。

そうなってしまう前に、行動しましょう。

引っ越し先では、何としてでも騒音トラブルは避けたいですね。

騒音トラブルになりにくい物件選びのポイント

ファミリータイプの物件

ご近所さんにも子どもがいることが多いため、ある程度は音の問題を理解してもらいやすいです。

特に足音が心配という場合

下の階への足音を気にしなくてよい1階を借りたりメゾネットタイプの物件を探してみるのも良いですよ。

気になる物件が見つかれば、不動産屋に建物自体の防音性能がどの程度か過去に騒音トラブルが発生していないかを聞いてみることも重要です。

もし、納得のいく物件が見つりにくい場合は、思い切って一軒家に暮らすのもオススメです。

友人Aさんの話

現在、私には3歳の子どもがいて、一軒家に住んでいます。

子どもが生まれる前は、アパートで夫と2人で暮らしていました。

妊娠が分かったときに、一軒家の物件を探し始めました。

アパートより、一軒家で暮らした方が、のびのびと子育てができるのでは?と考えたからです。

そして、子どもが生まれる前に一軒家へ引っ越しを済ませました。

この選択は私たち家族にとって、とても良い選択でした。

生まれたばかりの時期の夜泣きや体力的に辛いことはあっても、精神的に辛くなることは少なかったです。

特に今、3歳になった子どもが、大声で楽しそうに歌っていても、家の中を多少走り回っていたとしても、ご近所さんに迷惑がかからないし、気持ちがすごく楽です。

気持ちに余裕ができることで、子どもにも優しく接することができたので、一軒家にして良かったです。

まとめ

音の伝わり方は2種類

  • 空気を伝わって聞こえる音は「空気伝播音」
  • 物質に振動や衝撃が伝わり、それが音となり聞こえるものは「固体伝播音」

家庭内ですべき対策は

  • 大型家具をお隣さんと接している壁沿いに配置する
  • 防音カーテンを取り付ける
  • 床に遮音性のマットやカーペットを敷く
  • 椅子に脚カバーを履かせる
  • 子どもが走り回りにくい部屋の導線に変える
  • 夜間は子どもを早く寝かせる
  • 静かにしなければならない理由を子どもに根気よく教える
  • 近所さんとコミュニケーションをとる

騒音の苦情を受けた場合は

  • 苦情に対して感情的にならない
  • 苦情がきたことを管理会社へ連絡する
  • 騒音にならないための対策をする

騒音トラブルが避けられない場合は

  • 引っ越しを検討する

今回は子どもがいる家庭が騒音トラブルを避けるための具体的な対策」をご紹介しました。

ひとりひとりが共同生活を営む上でのルールを守り、周りに配慮することがトラブル回避に繋がります。

今回の記事を参考に、騒音トラブルを回避し、ご近所さんとお互いに心地よく暮らすきっかけにしてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は10万円ほど割高になると言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?

それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。

引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【新登場】たった1度のやり取りだけ!!電話営業一切なしで安い引越し会社を見つけられる!「引越しラクっとNAVI」から新サービスが登場!!I
  • たった30秒で見積り依頼ができる!
  • 窓口1本で、サポートセンターが代わりに引越し会社を探してくれる!
  • 複数の引越し会社からの電話は一切無し! 
  • 個人情報は、成約した引っ越し業者だけに伝わる!
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA