転勤族の親を持つ子どもが受験に必要なのは塾か通信教育か!? 

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

近年、中学受験をする家庭は着実に増えてきています。

受験が盛んな都内の家庭では、知り合いのお子さんが受験をすると聞いて我が子の受験を検討する親御さんもいます。

転勤がない家庭でも受験となると大変ですが、転勤族の場合はどのように受験を乗り切れば良いのでしょうか?

今回は「転勤族が塾と通信教育、どちらを選べば良いのか?」をご紹介します。

翔太
息子の翼が大きくなったら受験させる?
美咲
どうかな?良い教育を受けさせてあげたいとは思うけど。

でも、その時私たちが転勤族だったら受験させてあげれるのかな?

翔太
確かに。転勤族の子どもって受験できるのか気になるよね。

ちょっと調べてみようか。

そもそも受験勉強は、いつから始めればいいの?

そもそも、受験勉強はいつから始めるべきなのでしょうか?

生まれた時から難関校や有名私立学校に入学させたいといった、教育熱心なご家庭もあります。

しかし、受験勉強を始める時期は子どもの志望校によって変わってきますが

受験勉強を始める時期は、以下の3タイプが多いです。

受験勉強を始めるタイミング
  1. 2年生の春休みから始める
  2. 3年生のGWから始める
  3. 3年生の部活を引退してから始める

超難関校を狙う場合は、2年生の春休みから勉強を始める人もいます。

一方、難関校でない場合は、受験直前の1年から数か月前からの勉強で間に合うこともありますが、どの学校に行きたいのか、そこに行くにはいつから勉強を始めたら良いのかを考えてから行動することをオススメします。

転勤族の子どもは中学や高校受験は可能なのか?

転勤するたびに、学校も変わり友達や地域の雰囲気もガラリと変わります。

そのため、今後転勤をする可能性があるのであれば、単身赴任なども視野に入れるという方法があります。

ただし、単身赴任をする場合のいくつかデメリットがあることを覚えておきましょう。

  1. 生活費が二重にかかる
  2. 会社から許可が出るまで単身赴任が終わらない
  3. 子どもが片親と離れて寂しい思いをしてしまう
  4. 片親の家事や育児などの負担が増える

志望校に行かせたい場合は、覚悟を決めて単身赴任を選択することも必要になってきます。

翔太
転勤族の場合は、単身赴任する覚悟が必要なのか・・・。

翼と離れるのは辛いな〜。

美咲
翼が大きくなった頃には、お父さん嫌いになってるかもね(笑)

通信教育のメリットとデメリット

翔太
僕が単身赴任するのは構わないけど、やっぱり一発で合格してもらいたいよね。

塾が良いのかな?それとも通信教育が良いのかな?

美咲
それぞれのメリットとデメリットも見てみましょ!

通信教育のメリット

  • 子どものペースに合わせて勉強できる
  • 料金が塾に比べて安く済む
  • レベルに関係なく受けることができる

通信教育を利用した方の中には、このような意見を言っている人が多かったです。

転勤族のお子さんでも、継続して同じ教材と同じ環境で続けられるのが通信教育のメリットです。

通信教育のデメリット

  • 入会しても長続きせずに途中で勉強を辞めてしまう可能性がある
  • 教材で理解できない部分は親が補助的にサポートしないといけない
  • 説明が文章だけなので、子どもによっては理解がしにくい
  • 補助学習には向いているが受験勉強となると物足りない部分があるなど

実際に通信教育を利用した方の中には、このような意見を言っている人が多かったです。

大手の通信教育教材を使っても、志望校に合格できているのは、一握りの家庭だけと言われています。

通信教育は、受験に利用するよりも自宅での学習習慣を身に着けるために向いていると言えます。

翔太
そういえば、子どもの頃に通信教育の教材で勉強したことあるけど続かなかったな(笑)
美咲
私も進研ゼミやってたのが懐かしいな(笑)

集団塾のメリット・デメリット

翔太
通信教育よりは塾の方が良いのかな?
美咲
個別指導と集団もあるから、どっちが良いのか気になるね。

集団塾のメリット

  • スピードも速く、志望校別のコースも多い
  • ライバルがいるので競争心が芽生えやすい
  • 切磋琢磨できる仲間ができるとサボらずに塾に通える

集団塾では能力別や志望校別にクラス分けされることが多いです。

そのため、自分と近い学力や同じ学校に所属している人を見て、やる気スイッチが入りやすいです。

また、集団塾では定期テストの結果が張り出されるので、負けず嫌いなお子さんに効果的です。

他の学校の友達が出来ることもあるので、集団塾は良い刺激になることもあります。

翔太
ライバルがいるって良いことだよね。
美咲
負けず嫌いな子にとっては、良い刺激になりそうだよね。

集団塾のデメリット

  • ペースに付いていけず、分からないところをすぐに質問できない
  • ライバルに置いて行かれ、自信を無くして辞めてしまう可能性がある

集団授業はカリキュラムが決まっているので、途中で質問しない限り、先生のペースで授業が進み続けます。

他の生徒がいる教室で、手を挙げて質問するというのは勇気が必要です。

そのため、分からなかった箇所を授業前や授業後に質問する必要はありますが、苦手意識を持っているお子さんほど質問しにくいと感じます。

なぜなら、どこが分からないのか分からないからです。

「どうやって先生に声をかけたらいいのか分からない」
「分からないから早く家に帰ろう」のような気持ちに変わってしまいます。

結果、分からないまま置いて行かれて辞めてしまうお子さんも多いです。

さらに、積極的に質問するのは学習意欲が高い生徒です。

授業に付いていけない生徒へのフォローが不十分になるのも集団塾のデメリットと言えます。

翔太
自分だけ分からないってなると自信を無くすよね。
美咲
私も勉強が得意じゃなかったから気持ち分かるな・・・。

個別指導のメリット・デメリット

個別指導のメリット

  • 生徒一人一人に寄り添ったカリキュラムで勉強ができる
  • 講師が一対一で授業をするため質問がしやすい
  • 個別での話し合いで、受験に向けての子どもの状態を維持しやすいなど

子どものペースに合わせて、分かりやすく教えてもらえることが一番のメリットです。

集団塾では、成績ごとでクラス分けされることがほとんどです。

しかし、個別指導では苦手科目を中心に克服できるようにペースを合わせて指導してくれます。

分からない箇所も都度聞けるので、質問しやすいのも個別塾のメリットと言えます。

翔太
子どものペースに合わせて進めてくれるのは嬉しいポイントだね。
美咲
私も塾に通ってたけど、都度質問できるのは嬉しかったな。

個別指導のデメリット

  • 子どもと講師の相性が良くないとモチベーションを保てない
  • 受験モードが強い環境でないと一気にやる気が無くなってしまう

個別指導の場合、講師と一対一の関係なので孤独を感じやすく、やる気を維持することが難しいこともあります。

また、個別ブースで学習するスタイルが多いので、集団の中で力を発揮する訓練の機会が少ないのがデメリットです。

結果、試験当日に会場の雰囲気に圧倒されて、ケアレスミスを連発してしまう恐れがあります。

なるべく模試を受けるようにすることで、集団の環境に慣れる練習をしておくと安心です。

結局、転勤族はどちらを使えば良いのか?

個別指導も通信教育もどちらにも長所と短所があります。

そのため、こちらを使えば間違いない‼とはっきりお伝えするのは難しい部分があります。

それぞれの長所と短所を見て、どちらがお子さんに合っているのか判断してみてください。

例えば、通信教育は教育費を抑えることができるので、家で集中できる環境であれば十分に受験に使えるツールです。

しかし、子どもがしっかり勉強できるようにサポートする必要があります。

個別塾を選ぶ場合は、受験に関する情報を仕入れることができ、普段の生活と勉強する環境の切り替えをしやすいです。

しかし、繊細で環境の移り変わりが苦手なお子さんの場合は塾を転々とするのは控えることをオススメします。

翔太
どっちにしたら良いのか迷うな〜。

僕は、塾講師との関係も良くて楽しく通えた結果、受験に合格できたから塾のほうが良いかな?って思うけど。

塾講師をしている友人に話を聞いてみました。

塾講師の友人の意見
どっちも一長一短あるので難しいですが、自分たちがどうさせたいのかではなくて、子どもにとってどちらを使えば良いのか考えた方が良いですね。

また、どのような形で学習すれば合格に繋がるのかを考える必要もあります。

お子さんと話し合う時間を設けて、一緒に考えることが大事だと思います。

転勤する場合は、少なからず環境の変化などからストレスも感じやすいので、志望校と目標を決めてから勉強をすることがオススメです。

もちろん、塾講師をしている私としては塾をオススメします(笑)

勉強するのは親ではなく子どもです。

家庭の事情も様々ですが、周囲の状況などに惑わされないようにしましょう。

また、お子さんに合う勉強方法を見つけることを最優先に考えてあげてください。

受験に向かって、家族で考えて、子どもと一緒に受験に立ち向かっていく必要があるようですね。

翔太
結局は、子どもの性格を見て判断してあげないとダメだね。
美咲
普段の子どもとのコミュニケーションも大切にしないとね。

まとめ

受験勉強を始める時期は

  • 2年生の春休みから始める
  • 3年生のGWから始める
  • 3年生の部活を引退してから始める
  • 難関校でない場合は、受験直前の1年から数か月前からの勉強で間に合うこともある

通信教育のメリットは

  • 子どものペースに合わせて勉強できる
  • 料金が塾に比べて安く済む
  • レベルに関係なく受けることができる

通信教育のデメリットは

  • 入会しても長続きせずに途中で勉強を辞めてしまう可能性がある
  • 教材で理解できない部分は親が補助的にサポートしないといけない
  • 説明が文章だけなので、子どもによっては理解がしにくい
  • 補助学習には向いているが受験勉強となると物足りない部分があるなど

集団塾のメリットは

  • スピードも速く、志望校別のコースも多い
  • ライバルがいるので競争心が芽生えやすい
  • 切磋琢磨できる仲間ができるとサボらずに塾に通える

集団塾のデメリットは

  • ペースに付いていけず、分からないところをすぐに質問できない
  • ライバルに置いて行かれ、自信を無くして辞めてしまう可能性がある

個別指導のメリットは

  • 生徒一人一人に寄り添ったカリキュラムで勉強ができる
  • 講師が一対一で授業をするため質問がしやすい
  • 個別での話し合いで、受験に向けての子どもの状態を維持しやすいなど

個別指導のデメリットは

  • 子どもと講師の相性が良くないとモチベーションを保てない
  • 受験モードが強い環境でないと一気にやる気が無くなってしまう

今回は「転勤族が塾と通信教育、どちらを選べば良いのか?」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

転勤をしていく中で、受験はどの家庭にも出てくる問題です。

塾や通信教育どちらを選ぶにしても、お子さんに合ったやり方を選んであげてください。

今回の記事を参考に、お子さんの将来について家族で話し合ってみてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA