引っ越しトラブルに遭った時どうすれば良い?補償はあるの?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

進学や就職、転勤による引っ越しは、人生の中でも「一つの区切り」と感じる方も多いです。

新居での新生活のスタートは、できれば気持ちよく迎えたいですよね。

しかし、引っ越しではトラブルが発生することもあります。

トラブルが起こってから解決するよりも、どんなトラブルが起こるのかを知って未然に防げたらベストですよね。

今回は「引っ越しにまつわるトラブルと解決方法、未然に防ぐコツ」をご紹介します。

引っ越しで起こるトラブル事例

美咲
せっかくの新居への引っ越し、気持ちよく迎えたいよね。
翔太
そうだね。でも、引っ越しでは色んなトラブルが起こりやすいんだって。

実際にトラブルに遭った人は約12.8%いるみたいだよ。

美咲
そんなにいるの?10組に1組がトラブルに遭ってる計算になるね。
翔太
中には、引っ越し業者と意思疎通ができてなくてトラブルに遭う事例もあるみたいだけど。

今後のためにも、実際に起きたトラブルを引っ越し前、引っ越し当日、引っ越し後の3つに分けて調べてみたよ。

引っ越し前のトラブル

  1. 搬出や搬入の時間になっても来ず、事前に連絡も無いまま2時間も遅刻してきた
  2. ダンボールが指定の日に届かず、引っ越し前日にダンボールが届いた。
    結果、荷造りに間に合わせるために徹夜して作業することになり大変だった。
  3. 見積もり時にエアコン設置時の配管工事料金の説明がなかった。
    引っ越し当日に、ホースの長さが足りずに追加料金がかかることが分かった。
  4. 見積もり時に2階寝室へのマットレスの搬入がクレーンでの吊り上げになりオプション作業になると言われた。
    当日、階段で運べたので返金をお願いしたが応じてもらえなかった。
  5. 訪問見積もりの時にダンボールを置いて行かれ、キャンセルするとダンボールの返却費用を請求された。

美咲
引っ越し前のトラブルで多いのは、料金関連なのね。

翔太
見積もり時に言われなかった追加料金が発生したり、契約前に置いて行った段ボールの返却費用を請求されたり、お金に関するトラブルが多いみたいだね。

引っ越し当日のトラブル

  1. 家具を分解するときに、力ずくで分解したことで家具が破損した。
  2. 洗濯機の設置時に引っ越し業者に壊されて使用できなくなった。
    弁償額を提示されたが、金額に納得できない。
  3. 運搬中に冷蔵庫がへこんだが、目立たないように補修しただけで終わった。
  4. 家具の部品が一部紛失していた。

美咲
引っ越し作業中に多いトラブルは、やっぱり荷物の傷や破損なんだ。

私も子どもの頃に大切にしてた写真フレームの一部が欠けてたことがあったな。

故意じゃないから仕方ないけどね。

翔太
そんなことがあったんだ。

荷物の傷や破損以外に、スタッフ同士の連携不足や荷物の扱いが雑でトラブルになることも多いんだって。

引っ越し後のトラブル

  1. 荷解きをしたら、食器が割れていることに気付いた
  2. 引っ越し前にはなかった傷が壁に付いていた
  3. きちんと梱包したはずの荷物が紛失していることに気付いた
美咲
荷解きしたときに、お気に入りの食器が割れてたらショックだよね。
翔太
文化祭で作ったお手製のお皿を割られたことがあったな〜。

きちんと梱包したつもりだったんだけど、荷物の扱いが雑だったのかな。

トラブルに遭った場合の対処法

美咲
相談するには何か準備が必要なの?
翔太
消費者センターや、弁護士に相談する前に確認したほうがいいことも調べてみよう。

話が前に進まない時は、消費者センターや全国の紛争解決センターに相談するのが良いってさ。

まずは引っ越し業者に連絡する

美咲
トラブルに遭ったら、誰に相談したら良いのかな?
翔太
まずは、引っ越し業者に連絡するのが最優先だって。

実際にトラブルに遭った人が身近にいたから、話を聞いてみたよ。

見積りよりも高い金額を請求されたAさんの話

見積りよりも高い金額を請求されました。

納得できなかったので、すぐに引っ越し業者の本社に連絡をしました。

そして、支払いを一旦保留にしてもらい、なぜ料金が高くなったのか理由を聞きました。

結果「廃棄処分する量が見積りよりも増えたから」という理由で納得して金額を支払いましたが、見積りのときに一言行って欲しかったと思いました。

美咲
見積りに来る担当者と誤解のないように話し合っておくことが大切なんだね。
荷物の紛失被害に遭ったBさんの話

引っ越し作業後、荷解きしたときにアクセサリーが紛失してることに気付きました。

すぐに訪問見積もりに来た担当者に連絡をしました。

あまり考えたくはありませんが、恐らく引っ越し作業中に盗まれたと思います。

私自身で管理してなかったのも問題ですが、結婚するときに母から譲り受けた物だったので警察に被害届を出しました。

引っ越し業者は損害を賠償する責任があるので補償してもらえましたが、思い出の品だったのでショックです。

美咲
自分で貴重品を管理しないといけないことが、よくあるトラブル事例だね。
家具に傷が付いていたCさんの話

引っ越し後に、テーブルに傷が付いていることに気付きました。

見積もりの担当者に修理代を請求すると「3週間を経過しているので修理できません。」と断られました。

しかし、標準約款を読んでみると、引っ越しの荷物を受け取ってから3カ月以内であれば補償されることを知りました。

その事情を本社に伝えると、謝罪と修理をしてもらえることになりました。

美咲
きちんと標準約款を読んで理解しておかないとダメだね。
翔太
傷や破損の場合は、傷や破損した箇所を撮影して引っ越し会社に連絡すると良いって。

破損前の写真もあると話がスムーズに進みやすいので、事前に撮影しておくことがオススメです。

紛失や破損の状況が確認できない場合は、引っ越し業者に補償をしてもらえないケースもあります。

トラブルの相談を受け付けてくれる機関に連絡

美咲
引っ越し業者に取り合ってもらえないときは、どうすれば良いのかな?
翔太
引っ越し業者と話がこじれた時は、トラブルの相談を受け付けてくれる機関があるよ。

消費者センターから引っ越し業者に連絡してもらったり、解決策を提案してくれるんだって。

消費者ホットライン 電話番号:局番なし188(10:00~16:00)※年末年始を除く
国土交通省ホットラインステーション 電話番号:03-5253-4150(平日 10:00~17:00)
全日本トラック協会 電話番号:03-5925-8981(平日9:00~12:00、13:00~17:00)
紛争解決センター 電話番号:06-6364-7644(平日9:00〜17:00)※正午〜13:00を除く)

どうしても解決できない場合は、弁護士に相談する

美咲
専門機関に問い合わせても解決しない場合は?
翔太
その場合は、最悪弁護士に相談するしか無いって・・・。

実際に裁判を起こした人の情報をネットで見つけたよ。

ガラスケースの修理依頼をしても応じてもらえなかったDさん

昨年の1月に引っ越しをしました。

その際、フィギュアが入っていたガラスケースを割られました。

引っ越し業者に連絡した結果「ガラスケースを修理させて頂きます。」との回答をもらいました。

しかし、その後は何も音沙汰が無く、電話をしても「担当者がいないので。」と理由をつけて自宅に来てもらえませんでした。

消費者センターから電話をしてもらい自宅に来たのは1ヶ月後でした。

そして、ガラスケースを修理してもらうためにケースを持って帰ってもらいましたが、いくら経ってもガラスケースは手元に戻ってきませんでした。

このことを弁護士さんに相談したところ「裁判をするか調停をするかしかありません。」と言われました。

私の場合は、お金も労力もかかるので泣き寝入りしましたが、裁判することも可能ということを知って、次回引っ越しする際は気をつけようと思います。

弁護士に相談する際に依頼されることや聞かれることは以下の通りです。

  1. 契約書や約款内容
  2. 破損箇所の写真撮影
  3. 担当した引っ越し業者へ事実確認

事実確認ができないと保証してくれないケースがあります。

どのような傷まで保証されるのか、いくらまで保証されるのかは見積りの際にチェックしましょう。

トラブルを回避するにはどうしたらいいの?

美咲
トラブルに見舞われないようにするには、どうしたらいいのかな?
翔太
トラブルを未然に防ぐ方法を調べておこうか。
トラブルを未然に防ぐ方法
  1. 数社に見積りを取り、価格だけでなくサービス内容も十分に検討する
  2. 見積もり時のスタッフの対応とインターネットの口コミもチェックする
  3. 見積もりの打ち合わせ内容は録音し、気になるところはメモしておく
  4. しっかり契約内容を読み、不明点や不安なことは都度確認する
  5. 引っ越し作業中や作業終了後は家の中を必ず点検する
  6. 早めに荷解きをして、紛失した物は無いか確認する
  7. 破損や紛失の際、賠償方法はどのようなものか標準約款を読んで確認する
    標準約款を見せてもらえない場合は、きちんと提示してもらう
  8. 契約前にダンボールを受け取らない
    ※契約をせずにキャンセルする場合は、段ボールの返却費用やキャンセル料を請求されることがある
  9. 契約前に「書類に捺印して欲しい」と言われても断る
    ※捺印しているとキャンセル料を請求されることがある
  10. 石油ストーブの灯油やカセットコンロのガスは爆発や引火する可能性があるので運んでもらえない。
    ※事前にストーブの灯油は抜くなど確認しておく
美咲
どれも基本的なことばかりだけど、大切な項目ばかりだね。
翔太
疑問が出てきたら、その都度確認するとトラブルを未然に防げそうだね。

まとめ

引っ越し業者とのトラブルが多い事例は

  1. 追加料金を請求された
  2. 返金をお願いしたが応じてもらえなかった
  3. キャンセルするとダンボールの返却費用を請求された

引っ越し前のトラブルは

  1. 事前に連絡も無いまま2時間も遅刻してきた
  2. ダンボールが指定の日に届かなかった
  3. 引っ越し当日に、ホースの長さが足りずに追加料金を請求された
  4. オプション料金の返金をお願いしたが応じてもらえなかった
  5. キャンセルするとダンボールの返却費用を請求された。

引っ越し当日のトラブルは

  1. 家具の破損
  2. 洗濯機の設置時に引っ越し業者に壊されて使用できなくなった。
  3. 運搬中に冷蔵庫がへこんだ
  4. 家具部品の一部紛失

引っ越し後のトラブルは

  1. 荷解きをしたら、食器が割れていた
  2. 引っ越し前にはなかった傷が壁に付いていた
  3. 荷物が紛失していることに気付いた

トラブルに遭った場合の対処法は

  1. まずは引っ越し業者に連絡
  2. トラブルの相談を受け付けてくれる機関に連絡
  3. どうしても解決できない場合は弁護士に相談

トラブルを未然に防ぐ方法は

  1. 価格だけでなくサービス内容も十分に検討する
  2. スタッフの対応とインターネットの口コミもチェック
  3. 見積もりの打ち合わせ内容は録音し、気になるところはメモ
  4. 契約内容を読み、不明点や不安なことは確認
  5. 引っ越し作業中や作業終了後は家の中を点検
  6. 早めに荷解きをして、紛失した物は無いか確認
  7. 破損や紛失の際の賠償方法を確認
  8. 契約前にダンボールを受け取らない
  9. 契約前に「書類に捺印して欲しい」と言われても断る
  10. 灯油やカセットコンロのガスは運んでもらえない

今回は「引っ越しにまつわるトラブルと解決方法、未然に防ぐコツ」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

見積時に不明点や不安なことは確認し、契約前のダンボールの受け取りを断るだけでもトラブルを未然に回避できます。

今回の記事を参考に、トラブルを未然に防いで快適な新生活を送ってくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA