引っ越しをするメリットはある??迷った時の判断基準は??

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

引っ越しは、自分の居る環境生活が全て変わるとも言える大きなイベントです。

また、準備から片付けまで、とても労力がいるものです。

引っ越ししたいとは思っても、簡単に決められるものではないですよね。

今回は「引っ越しをした方がいいのか迷う時の判断基準」をご紹介します。

引っ越しを迷う理由

よくある引っ越しを迷う理由には、下記のようなものがあります。

迷う理由
  • 条件に合う物件を選べない
  • 契約更新料を払うか、引越しか迷う
  • 防犯面に不安がある
  • 買い物が不便
  • 家賃が高過ぎる
  • トラブルを抱えている
  • 住む人数が増える
  • ペットを飼いたいがペット不可など
翔太
今の部屋に問題がある場合は、早く引っ越ししたいよね。
美咲
そうね。

でも、金銭的な問題や、今この時期に引っ越しした方がメリットがあるのか?

…なんて考えていたらどんどん迷っちゃうわよね。

翔太
引っ越しってかなり大掛かりな作業だから、失敗したくないしね。
美咲
自分にメリットがあるって思える道を探すのが良さそうね。

迷う理由別「判断基準」

物件を選びきれない場合

翔太
良い条件の物件は、基本的に家賃が高いんだよな。
美咲
そうね…

  • 条件を全てクリアする物件は、家賃が高過ぎる
  • 家賃を抑えると、条件が合わない

って迷うのよね。

陽子
できる限り条件のいい物件を…」って考えていると、なかなか選べなくなるわよね。

大事なのは、今の部屋にどんな問題や不便なことがあるか?

ってことよ!

それが解決できる条件の部屋を探すといいわ。

美咲
そっか。

あまり重要でない、必要ない条件まで入れてたわね。

翔太
うん。

優先順位を決めて重要なものだけ条件とすればいいんだね

通勤時間が長過ぎる場合

翔太
通勤時間が長いと、職場の近くに引っ越したくなるよね。
美咲
そうね。

時間も交通費ももったいないわよね。

陽子
そんな時は、こんな計算をしてみるといいわよ!
通勤時間をお金に換算する計算

自分の時給 × 1ヶ月の通勤の合計時間

例:時給1500円、1ヶ月の通勤の合計時間が40時間
1500×40=60,000円
(職場まで往復2時間、月20日勤務の場合)

通勤時間にもし働いていたとしたら、6万円も収入がプラスに!!

美咲
計算して、数字にしてみると、通勤時間が長いのってすごく勿体無いわね。

家賃を2〜3万アップしても御釣りが来るわ。

翔太
時は金なりって言うけど、本当にそうだね。

通勤時間は短い方がいいね。

防犯面が不安な場合

翔太
家の防犯面の不安や、地域の治安の悪さって住んで見ないとわからないよね。
美咲
防犯に不安がある時は、事件が起きてからでは遅いから早く引っ越したいわね。
陽子
そうね。

特に女性の一人暮らしの場合は、すぐにでも引っ越しをして安全な部屋に住むのがオススメね。

防犯面に不安があるまま住み続けるのは、精神的にもとても辛いです。

どうしても住み続けなければならない理由がないのなら、すぐにでも引っ越しをしましょう。

トラブルに巻き込まれている場合

翔太
騒音や害虫がすごいなどのトラブルがあると住むのが嫌になるよね。
美咲
同じアパートやマンションの住人の問題や、建物自体の問題は、自分ではどうすることもできないもんね。
陽子
こう言うトラブルは、解決するのがなかなか難しいのよね。

改善して欲しいと思うのは正直なところだけど…。

引っ越し出来るなら、波風立てずに自分が出て行くのがオススメね。

美咲
確かに。

後々、恨まれても怖いし…。

建物や設備も、結局その場しのぎの対策にしかならなくて、またいつトラブルが起きるのかヒヤヒヤしながら暮らすのは嫌だわ。

同じアパートやマンションの住人とのトラブルや、建物自体に問題があると、気分よく生活するのは難しいです。

毎日嫌な気持ちで過ごすくらいなら、サクッと引っ越ししてしまうのが一番です。

次の引っ越し先を決めるときには、同じようなトラブルが無いかしっかり調べたり、内見で確認するようにしましょう。

住む人数が増える・ペットを飼う場合

翔太
同棲や結婚をして住む人が増えたり、ペットを飼いたいと思うと、広い部屋に住もうか悩むよね。
美咲
1Kや1Rなどの物件だと、二人で住むのが不可だったり、ペットを飼いたくてもペット不可の物件では飼えないもんね。
陽子
物件の契約条件で不可である場合は、引っ越しが必要になるわね。
美咲
契約条件を守らずに、トラブルになるのは嫌だしね。
翔太
条件に合う物件に引っ越ししなきゃいけないね。

どうしても迷う時は…

“自分の”直感や感覚を大切にする

現在の状況や、引っ越しをした方が良い点などを整理しても、「やっぱり引っ越しをしようか迷う…」と言う場合は、自分の直感や感覚を大切にしましょう。

陽子
「なんとなく嫌な予感がする。」「なんか気が乗らない」など思ったときには、どんなに条件が良くても、やめる!と決めておくのもいいわね。
美咲
確かに。

「なんか行きたく無いな」と思って買い物に行くと、途中で雨が降り出したり、欲しいものが見つからなかったりすることってあるもんね。

嫌な予感って結構当たるわよね。

陽子
反対に「この部屋がいいな!」「ここに住むのが楽しみだな」とワクワクするような気持ちになれば、話を進めて行くのがいいわね。

物件を選ぶときは、不動産屋さんが色々とオススメしてくれると思います。

ですが、最後は「自分達の状況」「価値観」「これからの生活をどのように送りたいか」などを大切にして、決めるのがオススメです。

心が弱っている時はやめる

陽子
精神的に不安定なときは、引っ越しという大きな決断をしない方がいいわ。
美咲
そうだね。

選択を誤ってしまいそうな気がするわ。

翔太
そんな時は、まず心に余裕ができるまでしっかり休むことが優先だね。

現在住んでいる部屋の問題で心が弱っている場合は、家族や友人に協力してもらい一刻も早く引っ越しをするのが賢明です。

実家に戻れるのであれば、一時避難するのも考えましょう。

しかし、仕事や恋愛、その他の人間関係や日常の問題で心が弱っている場合は、まず心を元気にすることが優先です。

まとめ

引っ越しを迷う理由は

  • 条件に合う物件を選べない
  • 契約更新料を払うか、引越しか迷う
  • 防犯面に不安がある
  • 買い物が不便
  • 家賃が高過ぎる
  • トラブルを抱えている
  • 住む人数が増える
  • ペットを飼いたいがペット不可

迷った時の「判断基準」は

  • 迷う理由よりもメリットがあるのであれば、引っ越しをした方がいい

物件を選びきれない場合は

  • 今の部屋にどんな問題や不便なことがあるか整理する
  • それが解決できる条件の部屋を探す
  • 物件の条件に優先順位をつけて重要なものをだけを条件とする

通勤時間が長過ぎる場合は

  • 通勤時間をお金に換算する
  • 2〜3万以上の場合は引っ越しする方がお得

防犯面が不安な場合は

  • 事件や事故にあってからでは遅い
  • 住み続けなければならない理由がないのなら、すぐにでも引っ越しをした方がいい

トラブルに巻き込まれている場合は

  • 住人とのトラブルや、建物自体の問題の解決は難しい
  • 毎日嫌な気持ちで過ごすことになる
  • サクッと引っ越ししてしまうのが一番
  • 次の引っ越し先は、同じようなトラブルが無いかしっかり調べたり、内見で確認する

住む人数が増える・ペットを飼う場合は

  • 1Kや1Rなどの物件だと、二人で住むのが難しい
  • ペットを飼いたくてもペット不可の物件では飼えない
  • 契約条件を守らないと、トラブルになる
  • 契約条件で不可である場合は、引っ越しが必要

どうしても迷う場合は

  • 直感や感覚を大切にする
  • 心が弱っている時はやめる

今回は「引っ越しをした方がいいのか迷う時の判断基準」をご紹介しました。

引っ越しは、大きなイベントなだけに何かしら迷うことが出てくると思います。

今回の記事を参考に、引っ越し後安心して楽しい暮らしができるような決断をしてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA