NHKの引っ越し手続き方法は?受信料をお得にするコツとは?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

引越しの時は、色々な手続きがあって大変ですよね。

その中でも、つい忘れてしまうのがNHK受信料の手続きです。

「放っておいても自動的に住所変更してくれるんじゃないの?」と思っていませんか?

住所変更を忘れると思わぬ出費にも繋がることもあるんですよ。

今回は「NHKの引っ越し手続き方法と受信料をお得にするコツ」をご紹介します。

手続きにはどんなものがある?

翔太
同僚が一人暮らしをすることになったんだけど

「NHKの手続き方法に迷った」って言ってたんだよね。

美咲
引っ越し先でNHK職員が来たら契約すれば良いんじゃないの?
翔太
それが、引越しのスタイルによって3パターンあるんだって。

世帯全体で引越しする場合は「住所変更」が必要

NHKと契約中の世帯が引っ越しを行う場合は「住所変更」が必要です。

もし、手続きを忘れて新規契約をすると、受信料を二重払いすることになるので注意してくださいね。

住所変更で必要な情報
  1. 契約者氏名
  2. お客様番号
  3. 現住所・電話番号
  4. 新住所・電話番号
  5. 引越し予定日
  6. 支払いコース

実家から離れて一人暮らしをする場合は「新規契約」

独立や単身赴任等で、実家や自宅から離れて一人暮らしをする場合は「新規契約」をします。

テレビやパソコンなどNHKを受信できる機器が無い場合、新規契約をする必要はありません。

新規契約を行う必要があるのは、NHKの受信機器が整っている人だけです。

受信機器を持っていない人は、契約を断ることができます。

新規契約で必要な情報
  1. テレビ設置月(契約開始月)
  2. 名前
  3. 旧住所
  4. 新住所
  5. メールアドレス
  6. 契約種別(衛星放送・地上契約)
  7. 支払いコース

一人暮らしを解消する場合は「世帯同居」

一人暮らしや単身赴任を解消して、実家などに戻る場合は「世帯同居の手続き」を行います。

ただし、手続きは電話連絡のみになるので注意してください。

世帯同居の場合に必要な情報
  1. 転居予定日
  2. 契約者氏名
  3. 転居先(実家や自宅)の契約者氏名
  4. 旧住所
  5. 新住所(実家や自宅)

手続方法は選べるの?

美咲
手続きは、職員の人が来て行うものだと思ってたけど、他にも方法があるの?
翔太
手続き方法は5種類あるんだ。

専用窓口へ電話

NHKに電話をして手続きを行います。

ただし、電話だと回線が混み合っていることが多いのでオススメしません。

問合せ先番号
  • フリーダイヤル:0120-151515
  • 有料ダイヤル:050-3786-5003

受付時間:午前9時から午後20時まで(土・日・祝日も受付可能)
※12月30日午後17時~1月3日は受付不可
受付内容:受信契約の申込み、転居の連絡

郵送

NHKに電話をして、必要な書類を新居へ送ってもらいます。

必要事項を記入してポストに投函しましょう。

または、新居に訪問してきたNHK職員に用紙をもらって郵送することもできます。

訪問

ご高齢な方など、手続きが面倒で分かりにくいと思いますよね。

そんなときは、訪問員に自宅に来てもらって手続きをすることも可能です。

電話をして「手続きをしに自宅まで来て欲しい」と伝えるだけでOKです。

郵便局の転送手続きと一緒に行う

郵便局での郵便物の転送届と同時にNHKの住所変更も行うことができます。

郵便局の窓口で「NHKも一緒に手続きしたいです」と伝えればOKですよ。

インターネット

NHKの公式サイト内の「放送受信料住所変更のお手続き」というページで手続きを行うことができます。

入力項目
  1. 転居予定日
  2. 契約者氏名
  3. お客様番号
  4. 旧住所と電話番号
  5. 新住所と電話番号
  6. メールアドレス
  7. 支払方法
  8. 支払いコース

手続きをする時のポイント

電話は、回線が混み合っていることが多いのでオススメできません。

インターネットを利用すれば、自分の好きな時間に手続きできて便利ですよ。

また、住所変更は引っ越しの1週間前までには終わらせておきましょう。

支払方法や支払いコースは?お得になる方法はあるの?

美咲
NHKの受信料って、なんとなく2か月に1回支払うことが多いじゃない?

1年間で考えると結構な出費なのよねー。

翔太
口座振替やクレジットカードで支払った方がお得なんだって。

あと、まとめて前払いすると割引してもらえるんだよ。

美咲
え!そうなの?

さっそく、支払方法の変更をしなくちゃ!

支払方法は選べる?

受信料の支払い方法は「振込用紙」「口座振替」「クレジットカード」の3種類があります。

口座振替やクレジットカード払いにすると、振込手数料がかからない分お得ですよ。

支払いコースはどんなのがある?

支払いコースは「2か月払い」「6か月前払い」「12か月前払い」の3パターンがあります。

まとめて前払いすると割引があるので、節約にもなりますよ。

受信料の差額一覧(2020年10月から)

2020年10月から受信料が値下げされました。

2020年10月以降分の受信料を前払いしている場合は、2020年10月以降に清算されます。

  • 衛星契約(差額=振込用紙による支払いー口座振替・クレジットカード支払い)

※スマホの場合はスクロールしてご覧ください

支払方法 振込用紙 口座振替・クレジットカード 差額
2か月払い 4,440 円 4,340 円 -100円

6か月前払い

4.5%割引)

12,715 円

(2か月払より 605円 お得)

12,430 円

(2か月払より 590円 お得)

-285円

12か月前払い

7.1%割引)

24,740 円

(2か月払より 1,900円 お得)

24,185 円

(2か月払より 1,855円 お得)

-555

  • 地上契約

※スマホの場合はスクロールしてご覧ください

支払方法 振込用紙 口座振替・クレジットカード 差額
2か月払い 2,550 円 2,450 円 -100円

6か月前払い

4.5%割引)

7,300 円

(2か月払より 350円 お得)

7,015 円

(2か月払より 335円 お得)

-285円

12か月前払い

7.1%割引)

14,205 円

(2か月払より 1,095円 お得)

13,650 円

(2か月払より 1,050円 お得)

-555円

住所変更しなかったらどうなる?

NHK職員が訪問しなかったからといって、その期間分を免除してもらえるわけではありません。

引っ越し日から、手続きをした月までの未払い分も請求されてしまいます。

まとめて支払う場合、高額になることもあるので注意してください。

一人暮らしや単身赴任から実家に帰った場合も、実家で契約しているからそのままで大丈夫!ではありません。

世帯同居の手続きを行わないと旧住居と実家の2世帯分を請求されてしまいます。

NHK受信料を二重に支払っていた場合、返金手続きはとても面倒です。

そして、ほとんどの場合返金はされることはないので注意しましょう。

住所変更や世帯同居手続きは、引っ越し前に必ず行っておくことをオススメします。

引っ越しを理由にNHKの解約はできるの?

美咲
引っ越しをきっかけに解約したい人もいると思うんだよね。

どうやったら解約できるんだろう?

翔太
基本的に解約はできないんだって。
美咲
どうすれば、解約対象になるのかな?
翔太
以下の場合は、解約できるよ。

  • テレビが壊れたから処分する
  • ワンセグ機能があるスマホを持っていない
  • テレビなどの受信機が無い家に引っ越すとき
  • 海外移住
美咲
処分するときの注意点はあるの?
翔太
テレビは、リサイクル券を購入して捨てた方が良いよ。

ちゃんとテレビを廃棄した証拠が無いと解約するのが大変なんだって。

美咲
受信料を滞納してる場合は、どうなるの?
翔太
受信料を滞納してる場合は解約できないんだ。

ちなみに、解約完了になっても通知は来ないから注意だよ。

翌月の口座から引き落としされてないか自分たちで確認するのが大事だよ

まとめ

NHKの手続きは3パターンある

  1. 世帯全体で引越しする場合は「住所変更」
  2. 実家から離れて一人暮らしをする場合は「新規契約」
  3. 一人暮らしを解消する場合は「世帯同居」

引越し手続き方法は5種類ある

  1. 専用窓口へ電話する
  2. 郵送
  3. 訪問
  4. 郵便局の転送手続きと一緒に行う
  5. インターネット

支払方法は

  1. 振込用紙
  2. 口座振替
  3. クレジットカード
    口座振替やクレジットカード払いは振込手数料がかからない分お得

支払いコースは

  • 2か月払い
  • 6か月前払い
  • 12か月前払い
    まとめて前払いすると割引があり節約になる

住所変更手続きをしないと

  • 引っ越し日から手続きをした月までの未払い分も請求される
  • まとめて支払う場合は高額になる
  • 世帯同居の手続きを行わないと旧住居と実家の2世帯分請求される

NHKの解約はできる?

  • 基本的に解約できない

NHKを解約する方法は

  • テレビが壊れたから処分する場合
  • ワンセグ機能があるスマホを持っていない場合
  • テレビなどの受信機が無い家に引っ越す場合
  • 海外に移住する場合

今回は「NHKの引っ越し手続き方法と受信料をお得にするコツ」をご紹介しましたが、いかかでしたか?

支払いで損をしないためにも、引っ越し前に手続きを済ませてしまいましょう。

NHK以外に必要な手続きをまとめたので、こちらも参考にしてみてください。

引っ越し手続きチェックリスト一覧はこちら

引っ越し手続きチェックリスト一覧(PDF)

2020年9月19日

今回の記事を参考に、支払い方法や支払いコースも一度見直してみてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA