引越し難民から脱却‼︎3月でも引越し料金を安く済ませる方法は⁇

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

新生活に向けて引越しの準備やお部屋探しを始める人も多いと思います。

でも、3月は引越し費用が高いという噂を耳にしますよね。

実際は、どうなんでしょうか?

今回は「繁忙期の3月でも引越し料金が安くなる方法」をご紹介します。

美咲

3月の引越しは高いって聞くけど安くできる方法、知らない?

由美

節約できる方法なら知ってるよ!まずは、距離別料金から見てみようか!

なぜ3月の引越し料金は高いの??

最初にはっきり言います!!

3月は一年の中で最も忙しい時期で、料金も1番高くなる月です。

理由は簡単です!

進学や転勤、就職などで多くの人の引越しが3月に集中するからです。

引越しの需要がピークを迎える3月は、引越し業者にとっても1番稼げる時期です。

通常よりも2倍近い料金に跳ね上がることもよくあります。

単身引越しの相場は6万円から7万円程度で、家族引越しの場合11万円超えが基本になります。

まずは、下の表をご覧ください。

このように、距離が近いほど引越し費用を抑えられますが、遠方や人数が増えるほど高値になります。

単身者で荷物が少なく近距離だと5万円以内で済みますが、荷物が多くかつ遠距離だと約3倍の15万円の値段になってしまうこともあります。

家族連れでも人数が少なくかつ近距離では、9万円に対して大人数かつ遠距離だと約5倍の45万円の値段になってしまいます!

美咲

こんなに高くなるの!?引越し料金を安くできる方法はないの?

由美

実は、あることをするだけで簡単に安くできる方法があるのよ。

3月でも引越しを安く済ませる方法は?

転勤や進学などで、どうしても3月に引越しをしなければならない人もいますよね。

そんな人のために引越しを安く済ませる方法があります。

引越しを安く済ませるポイント
  1. 業者の空き状況は見積もりで確認する
  2. 使える代替策があれば、積極的に活用する
  3. 引越し料金が安い日を選ぶ

業者の空き状況は見積もりで確認する

1つ目のポイント「業者の空き状況」は、業者しか知らないですが、私たちが知る方法が一つだけあるんです。

それが一括見積もりです!!

見積もり料金によって、引越し希望日に業者が忙しいのか空いているのか分かります。

1社だけ見積もりを取って「ここで良いや!」と決めてしまうと、本当に安いのかどうか比較できません。

数社見積もりを取ることで、安い引越し業者を見つけることができます。

また、見積もり料金も普段の料金に、プラス数万円程度であれば良心的な方です!

中には、3倍以上の料金を提示してくる業者だって珍しくありません!

そのため、数社見積もりを行い値段交渉して、出来るだけ安く引越しをしましょう。

由美

実際に、私も最初の引越しの時に一括見積もりサイトを利用して引越し会社の値段を比較したよ。

→最短1分の無料申し込みで、安い引越し会社を探す

→【体験談】引越し一括見積りサイトの実態を見てみる

使える代替策があれば、積極的に活用する

2つ目のポイントは、単身パックや宅急便などの代替策を活用することです。

引越し会社での単身パックや、宅急便のまとめ割りを利用して値段を安く抑えることができます。

また、荷物が少ない人や近距離での引越しの人は、赤帽やジモティーなどを使うと費用がぐんと抑えられますよ。

由美

過去に引越した時は、2日間かかったけど1万円で済んだし、最初の引越しの時は遠方だったけど、単身パック使ったら予算以内に収まったよ!

美咲

そうだったんだ!!

引越し料金が安い日を選ぶ

3つ目のポイントで、引越し料金と安い日を知るには、まず料金が高い日を知らないといけません。

3月の中で、料金が高い日は月の後半と土日です。

3月に引越しが多いのは先述した通り

  • 新入学する学生
  • 新社会人になる学生
  • 転勤や単身赴任によるサラリーマン及び家族

以上が引越し料金が高くなる理由です。

上記の人達の引越しは進学先や異動先、就職先が決まってからの3月中旬から本格化するため、前半の平日は比較的空きがある業者もあります。

そこを狙えば、若干ではありますが、安く引越しができる可能性も高いですよ。

美咲

そういえば、3月の初めに引越しをした友人が「思ったより安かった」って言ってた!

由美

それだけ3月の中でも、日にちによって金額の差があるってことだね。

ちなみに、金額だけじゃなくて、引越し会社のの口コミも参考にしたらいいよ!

口コミの一例
  1. 4社訪問見積もりをしたところの一番安い会社を選びました!
  2. 営業マンの対応や説明がとてもよかったこともあり、1番安くて信頼できそうだと思いここに決めました。
  3. あまり大規模すぎないとこがよかったです!実際の作業員も親切で安心した。
  4. 見積もりの段階では、トラック2往復と聞いていたけど1往復で引越しできました。
    ただ、その分の差額の返金は無かったので、その点は残念でした。
由美

今の口コミは、私の友達が実際に引越した時に感じたことなの。

口コミにも良い口コミと悪い口コミがあるから、色々見てみると良いよ!

美咲

金額や見積もりだけじゃなくて、口コミも見た方が良いのね!

教えてくれてありがとう!

まとめ

3月でも引越しを安く済ませる方法は

  • 近距離で引越しをする
  • 数社見積もりして安い会社を選ぶ
  • パックや宅急便など利用する
  • 3月の前半の平日に引越しをする

今回は「繁忙期の3月でも引越し料金が安くなる方法」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

3月はどうしても引越しの需要も多く、料金は跳ね上がります。

引越しが決まったら、すぐに相見積もりを取って、少しでも安く引越しをしましょう!

今回の記事を参考に、引越し難民から脱出してくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は10万円ほど割高になると言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?

それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。

引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【新登場】たった1度のやり取りだけ!!電話営業一切なしで安い引越し会社を見つけられる!「引越しラクっとNAVI」から新サービスが登場!!I
  • たった30秒で見積り依頼ができる!
  • 窓口1本で、サポートセンターが代わりに引越し会社を探してくれる!
  • 複数の引越し会社からの電話は一切無し! 
  • 個人情報は、成約した引っ越し業者だけに伝わる!
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA