驚愕!引っ越し料金が高い時期の値引き術!安く引っ越す秘訣は?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

引越し業者は、1年の中で引越し依頼の受注件数が多い時期と少ない時期があります。

例えば、3月や4月は超多忙でも、11月は暇になる日が増えるなどの波があります。

3月や4月は、引越しを希望する人が多く、予約が取れない、値段が高いなど利用者の負担も大きくなる時期です。

では、引越し件数が多い日に安く引越しするには、どうしたらいいのでしょうか?

今回は「引越し依頼の受注件数が多いときでも料金を安くする抑える方法」をご紹介します。

引越し依頼の受注件数が多い月はいつ?

正樹
お疲れ!ちょっと聞きたいことがあるんだけどさ。

翔太
お疲れ!どうした?

正樹
なるべく安く引越しする方法を知りたいんだけど。

翔太
それだったら、引越し依頼の受注件数にヒントが隠されてるよ。

正樹
受注件数?それって、何か関係があるの?

翔太
この国土交通省のホームページの資料を見たら、だんだん見えてくるよ。

引用:国土交通省

正樹
3月4月は、需要があるから値段が高くなる

だから、1月と11月が狙い目ってことだよな?

翔太
それ以外にも、3月と4月を避けることで、引越し費用を抑えられたり、サービスの交渉もしやすいんだ。

引っ越しはオフシーズンに!!引っ越し費用を抑える秘訣とは?? 

2019年12月12日

なぜ3月と4月は引越し料金が高いの?

正樹
この間、気に入った物件が見つかったんだけど、3月から入居しないといけなくてさ。

慌てて一括見積りで見積り取ったら、どこも料金が高すぎて驚いたよ。

翔太
人気のマンションほど、早く契約しないといけないからな。

それで、正樹の場合は、ちょうど3月の時期に当たったんだな。

正樹
3月の引越し料金は出費が増えるな〜。

翔太
3月と4月は進学、就職、転職が多いから値段が高くなるのは仕方ないな。

正樹
1月や11月よりも高い料金設定になってるんだっけ?

翔太
前に相場を調べたら、3月と4月は通常の引越し料金の30~50%増って書いてあったよ。

正樹
料金が30~50%増!?

翔太
そうそう。だから、繁忙期に引越すのはお金がかかるんだよな。

引越し難民から脱却‼︎3月でも引越し料金を安く済ませる方法は⁇

2019年11月9日
単身者の引越し料金の相場

2月に同じ県内で引越しする場合

  • 荷物が少ない 20000~22000円
  • 荷物が多い  25000~30000円

3月、4月に同じ県内で引越しする場合

  • 荷物が少ない 26000~31000円
  • 荷物が多い  35000~43000円

3月、4月は相場の金額にプラスして、さらに約1万円も高くなることが多いです。

→引越し一括見積もりの体験談を見てみる

引越し侍で一括見積りしてみた!誰でも簡単に値引きできる方法とは?

2019年7月21日

引越し料金を安く抑える方法

日時を指定しない

正樹
3月の引越しは、日時間指定したら高くなるかな?

翔太
そうだな。

特に、土日の午前中に引越しを済ませたい人が多いから、複数候補をあげてみると良いよ。

引越しできる日を複数用意するメリット

引越し業者と交渉するときは、3日ほど都合のいい日を用意しておきましょう。

業者が忙しい日時を指定して引越し依頼すると、料金が高くなることが多いです。

なので、引越し希望日を3日ほど伝えて、業者の予定に合わせることで、料金を抑えやすくなりますよ。

荷物を預かってもらう

正樹
他に、料金を安くできる方法はないかな?

翔太
引越し業者がやってる「荷物の預かりサービス」っていうのもいいんじゃないかな?

大きな家電や家具を引越し業者の倉庫とかトランクルームに預けて、すぐに使うものや小さい荷物は自分で運んだり、宅急便で送るっていうのはどうだ?

正樹
専門の会社がやってるトランクルームに預けるのもアリだな。

引越し業者に荷物を預けるメリット

一時的に大きな家具や家電を、引越し業者の倉庫に預け、すぐに使うものや小物は宅配便で新居に送ります。

業者の仕事が落ち着いた頃に、預けていた荷物を新居に搬入してもらうことで、料金が安くなるサービスです。

ですが、このサービスは一部の引越し業者のみの対応になるので、あらかじめ確認を取りましょう。

また、引越し業者に預けた荷物は自由に取り出せないというデメリットがあります。

他の荷物を追加して預ける、または預けた荷物を取り出す場合は、別に料金が発生するので注意してくださいね。

トランクルームを使うメリット

専門会社のトランクルームを契約するときも、荷物預かりサービスと同じく、すぐ使うもの、小物は宅配便で送ります。

トランクルームに荷物を預けるときの欠点は、預けた荷物は自分で運ぶ必要があります。

なので、荷物を運ぶための車や人手が必要になってきます。

必要最低限のものだけ手元に置いて、普段の生活に影響が少ないものは後で運び入れることで、引越し料金は安くなりやすいですよ。

Kさんの体験談

以前、大手の引越し業者の荷物預かりサービスを使いました。

すぐに使う必要最低限の物だけ残したつもりが、必要な物まで預けてしまい、困ったことがありました。

とにかく持っていく物を少なくしようとしたのが失敗でした。

引っ越しでのトランクルーム活用術!押さえておきたい注意点とは!?

2019年9月26日

大きな家具や家電だけ新居に運ぶ

翔太
正樹は、荷物それほど多くないよな?

正樹
独身だから、荷物は少ないほうだな。

翔太
それなら、大型の家財道具だけ運んでもらうのはどうかな?

Sさんの体験談

引越しするとき、洗濯機だけ運搬してもらいました。

プロが運んでくれたので、傷をつけられることもなく、新居に設置してもらいました。

ただ、運び入れる物1つ1つに送料がかかるので注意してください。

洗濯機と冷蔵庫だけの引っ越し依頼は可能?業者探しと事前準備は?

2019年7月24日

フリー便を使う

翔太
フリー便も料金が安くなるから、使ってみたらどうだ?

正樹
そうか。

フリー便を使う手もあるな。

翔太
いつ引越し業者が来るか分からないけど、時間に余裕があればフリー便も良いね。
フリー便のメリット

フリー便は、引越し業者が仕事の空き時間を使って引越し作業をするプランのことです。

その日の引越し業者の仕事の進み具合によっては、予定より早く引越し作業が始まることもあります。

反対に、作業開始時間が遅れることで、ご近所さんに迷惑をかけることもあります。

フリー便は、単身者で荷物が少ない人に最適の引越しプランです。

午後便を使う

正樹
引越しは、午前中じゃないとダメかな?

翔太
午前中に荷物を運べれば、午後から荷解きできるから楽だとは思うけど。

午前中が難しいなら、午後からでもいいんじゃないかな?

正樹
午後便を使うと料金が安くなるんだっけ?

翔太
そうだな。でも、トラブルになることもあるみたいだよ。

正樹
え?そうなの?

午後便で料金を安くするメリット

午前の便と比べて、料金が格安になる引越しです。

ですが、午後便は午前の引越しが終わり次第になるので、作業開始時間が遅れることが多いです。

作業開始時間が分からないので、料金は午前の引越しの半額になることもありますよ。

荷物の量が多いと頼めない引越し方法なので、単身者で荷物が少ない人向けの引越しプランです。

Iさんの体験談

作業開始時間を教えてもらっていたのですが、業者が来たのは夕方を過ぎてからでした。

それから作業を開始して、新居に荷物を入れ終わったのが23時過ぎでした。

少しお金が高くなっても、午前中に引越しした方が楽だったかな?と思いました。

混載便を使う

正樹
あとは、手軽に安く引越しができる混載便もいいって聞いたな。

翔太
予約が取れて、荷物が少ないなら最適な引越しだと思うよ。

混載便を使うメリット

何件かの引越しの荷物を、一台のトラックに積み込んで同じ方向に運ぶ引越し方法です。

引越し業者も、当日のコストを少なくできるので、普段の料金の半額以下で引越しをしてくれる場合もあります。

料金は安くなってもサービスに違いがないのがメリットです。

ですが、荷物の到着に時間がかかる、他の人の荷物も一台のトラックに積み込むので、荷物が紛失する可能性があるのがデメリットです。

まとめ

引越し依頼の受注件数は

  • 3月と4月は多い
  • 1月と11月は少ない

引越し料金を安く抑える方法は

  1. 日時を指定しない
  2. 荷物を預かってもらう
  3. 大きな家具や家電だけ新居に運ぶ
  4. フリー便を使う
  5. 午後便を使う
  6. 混載便を使う

今回は「引越し依頼の受注件数が多いときでも料金を安くする抑える方法」をご紹介しました。

いろいろな事情で3月や4月に引越しをしなければならないときは、引越しのプランやサービスを見直すと、出費を少なくできますよ。

今回の記事を参考に、繁忙期の引越しを乗り切ってくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA