引っ越しにコンテナ便を活用しよう!オススメな理由や特徴とは!?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

引っ越しとなると、たくさんの荷物に悩みますよね。

そんな荷物が多い単身者やファミリー世帯にオススメなのが、コンテナ便を使った引っ越しです。

コンテナ便の特徴や、沖縄や離島の引っ越しで使う、海上コンテナを含めて、

今回は「引っ越しにコンテナ便を活用しよう!オススメの理由と特徴」をご紹介します。

コンテナ便の引っ越しとは

陽子
近所の人に聞いたんだけど、コンテナ便を使う引っ越しがあるんだって!

私、知らなかったわ~。

美咲
え~と、コンテナ便は、貨物列車が荷物を入れたコンテナを運ぶんだっけ。
陽子
そうそう!

せっかくだから、コンテナ便について調べてみましょう!

美咲
うん!

助かるわ~、よろしくね。

コンテナ便とは

陽子

コンテナ便は、特に、500km以上の長距離なら、オススメだって!

美咲

500kmって、どれぐらいの距離?

陽子

これを参考にするといいわよ!

距離の目安
  • 東京~大阪:約500km
  • 東京~青森:約718km
  • 東京~福岡:約1,100km
  • 東京~沖縄:約1,570Km(直線)
美咲

なるほど~!

目安としては、東京~大阪間以上の距離だと、お得になるってことね。

自分の家から、貨物列車の駅までは、どうやって荷物を運ぶのかしら?

陽子

コンテナ便を使った引っ越しの流れは、こんな感じね。

コンテナ便の流れ
  1. 今の自宅から、トラックに荷物を入れる
  2. トラックの荷物を貨物列車のコンテナに入れる
  3. 貨物列車が出発する
  4. 貨物列車が、目的地に近い駅に到着する
  5. 駅から新居に、トラックで荷物を運ぶ
美咲

貨物列車の区間以外は、トラックでコンテナを運ぶのね!

トラック便とコンテナ便の違い

美咲
普通の引っ越しだと、新居まで全部のルートをトラックで運ぶじゃない?

陽子
いわゆる「トラック便」ね。
美咲

そうそう。トラック便コンテナ便は、どういう違いがあるの?

陽子
そうね~。

それぞれ特徴があるから、しっかり見ましょう。

トラック便の特徴
  1. 荷物の搬入が早い
  2. 運転手などの人件費が掛かる
  3. 引っ越し先が遠いほど、ガソリン代が掛かるため費用が掛かる
  4. 費用目安は東京から福岡で、単身者8~15万円、3人家族20万~40万円
  • 引っ越し費用は1人増えるごと、通常3万~4万円(繁忙期5万~10万円)高くなる
コンテナ便の特徴
  1. コンテナ1つで、引っ越しの荷物1~2人分が入る
  2. コンテナは通常5トン(12フィート)、広さは4畳半の部屋ほど
  3. 列車の振動で、荷物に傷が付く事がある
  4. 費用目安は東京から福岡で、単身者6万~10万円、3人家族18万~30万円
  • コンテナのサイズ(5トン)は、高さ2.25m×幅2.27m×長さ3.64m
  • コンテナの数が増えると、費用が増える
美咲

なるほど~!

「長距離・荷物が多い」引っ越しはコンテナ便、「短距離・荷物が少ない」引っ越しはトラック便がよさそうね。

でも、どうして、コンテナ便はトラック便より値段が安いの?

陽子
それは、貨物列車で、みんなのコンテナをまとめて運ぶからよ!

ただ、運ぶコンテナが集まるまで3日~5日くらい待つこともあるらしいわ。

美咲

ということは、時間に余裕がある引っ越しに向いているのね。

陽子
そうね。

トラック便がオススメなのは、荷物が少ない単身者とファミリー世帯かしら。

コンテナ便がオススメなのは、荷物が多い単身者やファミリー世帯ね!

美咲
うん。

うちは大きい家具があるし、コンテナ便も検討してみようかな~。

コンテナ便に強い引っ越し業者3選

美咲
「コンテナ便」を扱う引っ越し業者は、どうやって選べばいいかしら?
陽子
そうね~。

引っ越し業者で特徴が違うから、ゆっくり選ぶといいわ。

美咲
ありがと~。助かるわ!

カルガモ引越センター

カルガモ引っ越しセンターの特徴
  1. 対象地域は、北海道から九州まで(沖縄を除く)
  2. トランクルームに、2週間の荷物保管が無料(繁忙期は要相談)
  3. 全自動洗濯機の脱着が、無料
  4. クレジットカードで支払い可能(JCB・VISAなど)
  5. 5点まで不用品回収が無料(1辺が30センチ以下で燃やせるもの)

カルガモ引越センターHP https://www.karugamo.co.jp/

アリさんマークの引越社

アリさんマークの引越社
  1. 対象地域は、全国可能(離島は場所により相談)
  2. トラックの荷台がJRコンテナなので、積み換え無しで貨物列車に乗せるプランがある
  3. 全ての作業員が「身元保証人付き従業員証」を帽子に着け、スタッフの名前を開示する
  4. クレジットカードで支払い可能(JAL・ANAカードも利用可)
  5. コンテナで荷物の保管はできない
  • 沖縄支店が無いので、沖縄から他県に引っ越し不可

アリさんマークの引越社HP http://www.2626.co.jp/ 

日通

日通の特徴
  1. 5トンのコンテナ便の対象地域は、北海道から九州まで(沖縄・離島は海上コンテナで対応)
  2. 2トンのコンテナ便(単身パックX)と、5トンのコンテナ便がある
  3. JAL・ANA・ポンタカード・楽天カードの支払い可能なので、マイレージやポイントが付く
  4. 貨物駅で、10日間の荷物保管が無料
単身パックX(エックス)の特徴
  1. 対象地域は、札幌市、仙台市、東京23区、さいたま市、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市
  2. 5日間まで無料で、コンテナの荷物保管が可能
  3. 2トンコンテナは、押入れ2間半ほど
  4. 3月20日~4月10日の期間は、取り扱いできない
  5. 費用目安は、東京~福岡市内75,000円(梱包セットは別途注文)
  • 梱包セットは、ダンボールSサイズ4個、Mサイズ6個、ガムテープ1個、布団袋1個(2,800円)

日通HP https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/about/transport/ 

海上コンテナ便とは

美咲
もし、沖縄や離島に引っ越しするなら、貨物列車でコンテナを運べないわね。

どうやって荷物を運ぶのかしら?

陽子
そうそう、離島の引っ越しは「海上コンテナ便」を使うんだって。

船が荷物を入れたコンテナを運んでくれるの。

海上コンテナ便の特徴
  1. 引っ越し先によって(離島など)、船が週1~2回で運航する
  2. 台風や大しけが重なれば、2〜4週間ほどコンテナを乗せた船が到着できない
  3. 船で移動するとき、家具に傷がつきやすいので、厳重に梱包する必要がある
  • 関東~沖縄の費用目安は単身者20万~25万ファミリー世帯(3人)25万~40万(繁忙期を除く)
美咲
え~、知らなかったわ。

船の運航は天気に左右されるから、引っ越し時期は注意しないとね。

陽子
そうね~。

いつか、ゆっくり船旅をするのが、私の夢よ。

美咲~、ジュースのお代わりをお願い、フルーツのジュースがいいな~。

美咲
は~い。

また、空想に浸ってるのかな~。

離島に引っ越すときの注意点

陽子
ねぇ、美咲たちは、離島に引っ越しをしないの?

離島での生活も憧れるわ。

美咲
も〜、お母さんが住むんじゃないんだから〜。

離島に引っ越しをするなら、どんな事に気をつければいいかしら。

陽子
そうね~、色々あるわ。
離島に引っ越しをする時の注意点
  1. 早めに、見積もり・引っ越しスケジュールを立てる
  2. 生活に必要な物は、先に宅急便で送る
  3. 車の運搬費用は、平均5万円~10万円
  • 宮古島・石垣島は、ホームセンターで買い物ができる
  • ネットで家具など購入する場合、到着日を確認しておく(到着が遅れることもある)
美咲
なるほど~。

私もいつか、離島に住んでみたいな。

キレイな青い空や海があるし、休日はドライブを楽しむのもいいな。

陽子
うん。

ビーチのハンモックに乗ってゆっくりするのも、私の夢よ。

美咲~、お菓子ちょ~だい。

美咲
あら、食べすぎよ!

私の食いしん坊は、お母さんに似たのかも。

離島に対応できる引っ越し業者
  1. 全国を含む、石垣島・西表島・波照間島・与那国島など対応
  2. 車両の郵送も可能で、自宅まで取りに来てもらえる(車検証の提出が必要)
  3. 到着の港で、荷物の預かりは3日間まで無料
  4. 関西のみ不用品の処分・買取が可能

宮古島引っ越し便HP https://miyako-hikkoshi.com/

まとめ

トラック便の特徴

  1. 荷物の搬入が早い
  2. トラック便は、運転手など人件費が掛かる
  3. 引っ越し先が遠いほど、ガソリン代が掛かるため費用が掛かる
  4. 費用目安は東京から福岡で、単身者8~15万円、3人家族20万~40万円
  • 引っ越し費用は1人増えるごと、通常3万~4万円(繁忙期5万~10万円)高くなる

コンテナ便の特徴

  1. コンテナ1つで、引っ越しの荷物1~2人分が入る
  2. コンテナは通常5トン(12フィート)、広さは4畳半の部屋ほど
  3. 列車の振動で、荷物に傷が付く事がある
  4. 費用目安は東京から福岡で、単身者6万~10万円、3人家族18万~30万円
  • コンテナのサイズ(5トン)は、高さ2.25m×幅2.27m×長さ3.64m
  • コンテナの数が増えると、費用が増える

コンテナ便に強い引っ越し業者3選

  1. カルガモ引越センター https://www.karugamo.co.jp/ 北海道から九州まで(沖縄を除く)
  2. アリさんマークの引越社HP http://www.2626.co.jp/ 全国可能(離島は要相談)
  3. 日通 https://www.nittsu.co.jp/hikkoshi/about/transport/ 全国可能(沖縄・離島は海上コンテナ対応)

海上コンテナ便とは

  1. 引っ越し先によって(離島など)、船が週1~2回で運航する
  2. 台風や大しけが重なれば、2〜4週間ほど船が到着できないことがある
  3. 船で移動するとき、家具に傷がつきやすいので、厳重に梱包する必要がある
  4. 関東~沖縄の費用は単身者が20万~25万円、3人家族25万~40万円(繁忙期を除く)

離島に引っ越しをする時の注意点

  1. 早めに、見積もり・引っ越しスケジュールを立てる
  2. 生活に必要な物は、先に宅急便で送る
  3. 車の運搬費用は、平均5万円~10万円
  • 宮古島引っ越し便HP https://miyako-hikkoshi.com/ 全国を含む、石垣島・西表島・波照間島・与那国島など対応

今回は、「引っ越しにコンテナ便を活用しよう!オススメの理由と特徴」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

「コンテナ便」を使う引っ越しは、長距離の引っ越しで、荷物が多い単身者やファミリーにオススメです。

この記事を参考に、コンテナ便を活用して、お得に引っ越しをしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA