引っ越しは1月がおトクってホント?どんなことに注意すればいいの?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

1月は、引っ越し閑散期にあたります。

2月や3月などの繫忙期を前に、空き物件の数も少しずつ増えてきますが、新年早々引っ越しをする人は少ないです。

1月の時期は、引っ越し料金も安くなりますよ。

今回は「1月に引っ越しをするメリットとデメリット」をご紹介します。

1月の引っ越しは良くない?

翔太
1月に引っ越しをする人は少ないって聞くけど、どうしてかなぁ?
美咲
う~ん・・・。

あ、そういえば、お母さん。

前に、「1月の引っ越しは縁起が悪い」って言ってたよね。

陽子

そうよ。私たちが子供の頃は、1月の引っ越しが良くないことだと思われてたの。

翔太
えっ!?どうしてですか?
陽子
昔の日本では、農業をしている人がほとんどだったでしょう?

今のように機械化も進んでいなかったから、子どもから老人まで、みんなで農作業をしたの。

お正月がある1月は、一年で唯一、体を休めることができる月だったのよ。

美咲

そうなんだ。でも、他の月が仕事だったら、お休みの月に引っ越しするしかないんじゃない?

会社が休みの日に引っ越しする人は多いと思うけど。

陽子
今は引っ越し業者に頼むことができるからね。

昔、冠婚葬祭や引っ越しは、隣近所や地域の人たち総出で、助け合ってやっていたの。

貴重なお休みの1月に引っ越しをすると、ご近所に迷惑をかけるでしょ?

翔太
なるほど・・・。
陽子
昔は、食生活や衛生環境が、あまり良くなかったからね。

余計な行事を入れることで、健康状態を悪くする人も多かったの。

だから「1月から春の彼岸(3月20日前後)までは縁起が良くない!」って言われてきたのよ。

翔太
え~、知らなかった!

今は、近所の人に手伝ってもらうこともないからなあ・・・。

美咲
昔の言い伝えには、それなりの理由があるんだろうね。
陽子
どうしても1月に引っ越しをしないといけないときには、12月のうちに、一晩だけ新居に泊まるの。
翔太
一晩泊まることで、12月に引っ越しをしたことにするってことか!

現在は、1月以外にも休みがあり、隣近所の人に引っ越しを手伝ってもらう機会も少ないです。

なので、縁起を気にしないのなら、1月に引っ越しをしても問題ありません。

ただ、周りに気にする人がいたら、みんなを安心させる意味で、12月に新居に泊まっておく方法もアリです。

1月に引っ越しをするメリットとデメリット

メリット

①新築物件を狙いやすい

1月に引越しするメリットは、新築物件を探しやすいところです。

1月は、新生活に向けた新築物件の募集が始まる時期と言われています。

2月や3月になると、駅チカなどの好条件の人気物件から埋まっていきます。

新築を狙っている人は、募集が始まる1月から新着物件をチェックしていきましょう!

②じっくり物件を選べる

1月は、引っ越しをする人が少なく、物件の契約も少ないので、募集期間が長くなります。

特に、1月は引越しする人が少ないです。

物件の入居者が少なく、募集期間が長くなるので、じっくり新居を探せますよ。

せっかくお金を出して引越しするなら、少しでも好条件の物件を見つけたいですよね。

2月や3月などの繁忙期に入る前に、新築物件を早めにチェックして目星を付けておきましょう!

たくさん物件情報を集めて、少しでも条件の良い物件を探してくださいね。

デメリット

美咲
1月の引っ越しが少ない理由って「縁起が悪い」以外にもあるのかな?
翔太
進学や就職で引っ越しするにはまだ早いって感じだよね。

あと、寒い時期に引越しはしたくないかな。

美咲
そうよね!

エアコンやストーブが無い中で作業したくないよね。

地域によっては、雪が積もって、トラックが走れないこともあるからね。

翔太
そうだね。

それに、1月だと、まだまだ日没時間が早いっていうのも関係あるよね。

美咲
夕方も、16時を過ぎると一気に暗くなるよね。

引っ越し作業を早めに切り上げないといけないし、、、

だから、1月を避ける人が多いのかも!!

1月に引っ越しをするときの注意点

相見積もりを取って引っ越し料金を安くする

1月は、1年の中でも、引っ越しをする人が少ないので料金が安くなりやすいです。

ですが、以下の日にちを選ぶと割高になるので注意が必要です。

引っ越し料金が高い時
  1. 年末年始
  2. 土日祝日
  3. 大安
  4. 第二週の三連休
  5. 月末
翔太
土日祝日や大安は、1月に限らず高い印象があるよね。
美咲
そうね。1月だからこそ気を付けることって何かしら?

引っ越し料金を安く抑えるためには、見積もりを最低でも3社は取りましょう。

1月は、引っ越しする人が少ないので、一つでも多く契約したいと考える業者が多いです。

1月は料金が安いからと言って、すぐに契約しないで料金が下がるか交渉してみることが大切です。

引っ越し日が決まったら、値引き交渉を有利に進めるためにも、見積もりは多くの業者からとりましょう!!

ネットで一括見積もりもおすすめですよ。

大手引っ越し業者料金(1月)

家族の引っ越し・同都道府県内の場合

サカイ引越センター 67,708円
アート引越センター 73,387円
アーク引越センター 58,838円

引用:引っ越し侍

※詳しい内容・料金は各引越し業者にお問い合わせください。

3社を比べてみても約2万円の違いが出ています。

大手だけではなく、お住いの地域にある引越し業者の見積もりも一緒に取ることをオススメします!

1月前後は、住所を記入する書類が多い

年末調整
年末調整は、毎年11月〜12月にかけて提出します。

翌年の1月1日に住んでいる予定の住所を記入しますが、提出する時に新住所が分からなければ、現住所を記入します。

住所が分かったら、勤め先の会社に連絡をします。

事務処理が終わっていても、会社が代わりに処理手続きをしてくれます。

確定申告
確定申告は、2月16日辺りから始まります。

その時点での住所を書いて提出すればOKです。

マイナンバー

マイナンバーの番号は変わりませんが、マイナンバーカードに記載されている住所変更手続きが必要です。

変更手続きは、住所変更が発生した日から14日以内にする必要があります。

引っ越し先の市役所または出張所で、変更手続きをしてください。

お正月真っ只中はお休みしている業者がある

年末年始に営業する業者もあれば、お休みする業者もあります。

年末年始にお休みする場合、以下の6日間お休みすることが多いです。

  • 年末に3日間(29日、30日、31日)
  • 年始に3日間(1日、2日、3日

年末年始に引越しをしようと考えている人は、まずは営業している引越し業者を探しましょう。

引越し業者に1件1件問い合わせるのが面倒な人は、引越し侍の一括見積もりを取ることをオススメします。

→引越し侍の一括見積り体験談は、こちら

引越し侍で一括見積りしてみた!誰でも簡単に値引きできる方法とは?

2019年7月21日

まとめ

1月の引っ越しは良くない?

  • 昔は、1月に引っ越しをするのは縁起が悪いと言われていた

1月に引っ越しをするメリットとデメリット

  • メリット①新築物件を狙いやすい
  • メリット②じっくり物件を選べる
  • デメリット①エアコンやストーブが無い中で作業
  • デメリット②日没時間が早い

1月に引っ越しをするときの注意点

  1. 相見積もりを取って引っ越し料金を安くする
  2. 1月前後は、住所を記入する書類が多い
  3. お正月真っ只中はお休みしている業者がある

今回は「引っ越しを1月にするメリットとデメリット」をご紹介しました。

1月は寒いですが、引っ越しをする人が少ないので狙い目ですよ。

今回の記事を参考に、料金を抑えて、素敵な部屋を見つけてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA