女性の一人暮らしで優先する条件は?部屋探しのポイントとは?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】営業マンのセールストークVS関西のおばちゃん秘伝の値引き術

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

女性が一人暮らしをするとき、防犯面など色々と心配になりますよね。

特に、親御さんは娘の一人暮らしに心配する人も多いですが、どんなことに注意して物件を探せばいいのでしょうか?

今回は「女性が安心して暮らせる一人暮らしのポイント」をご紹介します。

防犯意識が大切!!

美咲
友達の妹が、大学進学で一人暮らしをすることになったんだけど。

一人暮らしなんてしたことないから、すごく心配してるみたい。

翔太
初めての一人暮らしは心配だよな。特に、防犯面とか。

友達のお母さんが、娘を大学進学で一人暮らしさせるとき心配そうにしてたな。

美咲
そうだよね。家から通える距離じゃない、近くに親戚もいないとなると仕方ないけど。。

でも、犯罪のニュースが報道されるたびに、心配になるよね。

翔太
うんうん。

その友達の妹さんが安心して一人暮らしできるように情報を探してあげよう。

美咲
そうしよう!

一人暮らしでやってはいけないこと

一人暮らしでは、男女問わず自分で自分の身を守る必要があります。

防犯意識を高めていくためのポイントを見ていきましょう。

窓を開けたまま過ごす

夏場に多いですが、一日中窓を開けて過ごさないように注意してください。

空気の入れ替えなどで喚起するときは、数十分程度にしておきましょう。

また、夜に窓を開けると、外から室内の様子が丸見えになるので開けないようにしてくださいね。

洗濯物をベランダに干す

ベランダや外から見える窓際に、洗濯物を干す人がいますよね。

でも、それは、女性が住んでることを知らせしているようなものです。

どうしてもベランダに洗濯物を干す場合は、男物の下着も干すのも一つの手ですよ。

美咲
テレビで見たことある!玄関に男性の靴を置いて「一人じゃありません」アピールするんだよね。

玄関のカギを閉め忘れる

これは、絶対に気をつけてください。

引っ越して、普段の生活に慣れてくると、警戒心が薄れて油断することが多くなります。

そのため、鍵をかけ忘れて生活をしてしまう人も多いので、鍵をかけることを忘れないようにしてくださいね。

翔太
友達のお母さんが「よく娘が部屋の鍵をかけ忘れるから心配。」って言ってたな(笑)

一人暮らしに慣れて、危険な目に遭ってないと余計に油断しちゃうんだよな。

インターホンが鳴ってもすぐにドアを開けない

宅配業者やアパートの住人に成りすまして、訪ねてくる悪い人もいます。

どんな訪問者であっても、すぐにドアを開けずに確認しましょう。

ドアを開けるときは、ドアチェーンを掛けてから開けるようにしてくださいね。

表札を出さない

最近は、普通の家でも表札を出さない家が増えていますよね。

個人的に、表札は出さない方が安心です。

もし、表札を出す場合は、フルネームで出さないようにしましょう。

同じお店、コンビニで買い物をしない

毎日同じ店で買い物をしていると「一人暮らしなのかな?」と推測されます。

面倒でも、自分の身を守るために、いくつかの店をローテーションで回るようにしてください。

また、コンビニで公共料金の支払いをする時も、同じコンビニを利用しないようにしましょう。

支払い内容や明細などから、一人暮らしということを知られてしまいます。

他にも、同じコンビニを利用することで、近くに住んでいることが推測されるので、色々なコンビニを利用するようにしましょう。

脇道や暗い夜道を歩かない

大学のサークルや残業終わりで、帰宅時間が遅くなるときもありますよね。

近道だからと言って、脇道や街頭の無いような道は避けて、明るい道を歩きましょう。

また、歩きスマホや、イヤホンで音楽を聞きながら歩くのも絶対にダメです。

不審者が後ろから近づいてきても、気づけないことが多いからです。

美咲
小さい頃から「暗い道は歩いたらダメよ!」ってお母さんに言われてたな。

不審者に襲われたときを考えて、護身術を勉強しておくのも良いかもね。

翔太
あとは、防犯ブザーを持っておくと、より安心かもしれないね。


防犯ブザー LKGEGO 防犯アラーム LEDライト付き 大音量 

安心して暮らせる部屋探しのポイント

翔太
今度は、部屋探しだね。

防犯面を意識して、自分の考えた条件に近い物件を探すのが良いな。

美咲
女性限定のアパートを選ぶのもアリね。

2階以上の部屋に住む

2階以上の部屋だから安心というわけではありませんが、一般的に空き巣や下着泥棒の被害が多いのが1階です。

また、階段のすぐ脇の部屋や角部屋も被害が多いので、下見に行くときには、しっかり確認してください。

オートロックの物件に住む

オートロックがあれば100%安心ではないですが、オートロックがある方が安心です。

オートロックが無ければ、二重で鍵が付いているツーロックタイプの扉、ドアチェーンがあることも条件の一つに加えてください。

管理人さんのいる物件

管理人さんが常駐していると、日頃から住人の顔を覚えています。

見覚えのない人が来た時にも頼りになるので安心ですよ。

また、日々の生活でも挨拶を交わすので、より一層安心して過ごせます。

防犯カメラやモニター付きの物件に住む

最近は、防犯カメラが設置している物件も多くなっています。

不審者は、防犯カメラがあるだけで避けようとする心理が働きます。

また、モニター付き物件は、知らない人が来た時に、玄関を開けなくても対応できるので安心できますよ。

美咲
防犯カメラやモニターがない賃貸アパートは、どうしたらいいかな?

一人暮らしで、玄関に知らない人がいるのは怖いだろうし。

翔太
覗き穴があるタイプの部屋だったら、ドアスコープモニターが良いかも!

外からカメラが見えないから、相手に警戒されないし、誰が来たのか分かる優れものだよ。


TWINBIRD ワイヤレス・ドアスコープモニター DoNaTa(ドナタ) ホワイト VC-J560W

美咲
こんな商品があるんだ!!工事不要なんだ!
翔太
僕の友達が使ってたけど「充電したまま使えて、電波が届く範囲であれば本体だけ移動させて使えるから便利」って言ってたな。
美咲
ただ、覗き穴タイプのアパートにしか使えないのがデメリットね。

でも、要らなくなったら、メルカリで売ればいいか(笑)

翔太
そうだね(笑)あ、でも取り付け前に確認しないといけないことがあるよ。

取り付け前に確認すること
  • ドアの材質(マグネットで貼り付けるタイプが多い)
  • 覗き穴の内側に付いている金具の直径と厚み
美咲
もし取り付けるときは確認するように言わないと。

保育園や学校のある地域に住む

保育園や学校があるところは、防犯意識が高い地域が多いです。

子どもの安全に気を付けているので、夜に見回りなどをしている時もありますよ。

翔太
学校がある地域は、比較的安全なところが多い印象だな。
美咲
毎日、子どもたちが通う場所は安全じゃないとダメね。

まとめ

一人暮らしでやってはいけないこと

  1. 窓を開けたまま過ごす
  2. 洗濯物をベランダに干す
  3. 玄関のカギを閉め忘れる
  4. インターホンが鳴ってもすぐにドアを開けない
  5. 表札を出さない
  6. 同じお店、コンビニで買い物をしない
  7. 脇道や暗い夜道を歩かない

安心して暮らせる部屋探しのポイントは

  1. 2階以上の部屋に住む
  2. オートロックの物件に住む
  3. 管理人さんのいる物件
  4. 防犯カメラやモニター付きの物件に住む
  5. 保育園や学校のある地域に住む
翔太
女性の一人暮らしのポイントは、こんなところかな?
美咲
心配すればキリはないけど、この辺りを気をつけていれば大丈夫そうね。

今回は「女性が安心して暮らせる一人暮らしのポイント」をご紹介しましたが、いかがでしたか?

女性の一人暮らしは、防犯やセキュリティーを意識することが大切です。

家族や親に心配をかけないように、日頃から警戒心を持って過ごしましょう。

今回の記事を参考に、安心して一人暮らしを始めてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA