引っ越しをしたら郵便手続きは必要?忘れると個人情報がピンチに?

<目からウロコ特集> 果たして、どちらが強いのか?
【値引き交渉対決】セールストークが上手な営業マンVS値引きテクを持つ関西のおばちゃん

引越会社からの見積り金額を見て

「え!?高すぎる!!」と驚いた経験はありませんか?

翔太
誰でもできるだけ「安く引っ越ししたい!」と思いますよね。私もそうです。

私自身、就職をきっかけに一人暮らしを始めました。

過去に引越し経験がなかったので、その時は、とりあえず有名な引越会社1社だけを選んで依頼しました。

最初は、出てきた見積り金額を見て驚きましたが

翔太
まあ、繁忙期みたいだし、こんなものかな?

と、あまり気にしませんでした。

それに、数社に見積りを取るのが面倒で、営業マンが提示した金額のまま契約しました。

しかし、あとから営業マンのセールストークに騙されていたことに気付きました。

僕のように、営業マンに提示された金額のまま契約をしたら、絶対に損します!! 

損しないためには、一括見積りが便利です。

大手企業から地元密着型の引越会社まで、全287社が勝手に競ってくれますよ。

「引っ越しの手続き」と言っても、たくさんありますよね?

特に、郵便の手続きを忘れてしまうという人もいます。

きちんと手続きしておかないと、あなたの個人情報が悪用されてしまうかもしれません!

今回は「引っ越しをしたら郵便手続きは必要?忘れると個人情報がピンチに?」をご紹介します。

郵便の転居届を出す方法

郵便局の窓口で手続きをする

翔太

引っ越したら住所変更手続きをするけど、郵便の場合はどうすればいいんだろう?

美咲

郵便は「転居届」を出せば、新住所に郵便を転送してくれるんだって。

引っ越しのときは、最寄りの郵便局に「転居届」を出します。

旧住所宛の郵便物を、無料で1年間、新住所へ転送してもらえます。

転居届を出すときに必要な書類
  • 本人確認書類

運転免許証、健康保険証など

  • 引っ越し前の住所が確認できる書類

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードまたは住民票等、官公庁が発行した住所の記載があるもの

転居届をポストに投函する

翔太

郵便局の窓口も結構並んでるときあるよな。

手続きに行く時間あるかな?

美咲

転居届をポストに投函する方法もあるみたいよ。

郵便局に置いてある転居届の用紙は、自由に取ることができます。

ハガキになっているので、新しい住所などを記入して、ポストに入れるだけでOKです。

切手を貼る必要もなく本人確認書類も不要です。

※後日、郵便局の人が訪問するなどして、本人確認や住所確認が行われる場合があります。

インターネットで手続きをする(e転居)

翔太

インターネットでは、郵便の手続きできないのかな?

美咲

e転居っていう方法があるみたいよ!

郵便局のホームページから「e転居サービス」を使って、転居届を出すことができます。

携帯電話かスマホで申請することが可能です。

実際に試してみたところ、インターネットの画面で必要事項を記入するのにかかった時間は、約5分30秒でした。

そのあと、記入した電話番号が正しいことを証明するために、自分の携帯電話やスマホから、指定された番号に電話をしなければなりません。

通話時間は1分30秒でした。

合計7分ほどで手続きが終わりました。

郵便局の窓口に並んだり、転居届のハガキを取りに行ったりする時間もない方にとっては、助かるサービスですね。

※こちらの方法で転居届を出した場合も、後日本人確認や住所確認が行われることがあります。

転送が始まるまでには時間がかかる

転居届を出してから転送が始まるまでに、3~7営業日かかります。

土日祝日は含めず、3~7日かかるということです。

新しい住所に住み始める日の、1週間前には転居届を出すようにしましょう。

転送サービスが登録できたかどうかは、郵便局ホームページの「転居届受付状況確認」画面に、「転居届受付番号」を入力すると調べることができますよ。

転居届を出さないとどうなる?

引っ越し前の住所に届いた郵便が捨てられたり、悪用されたりする危険も

転居届を出さないと、引っ越し前の住所に郵便が配達され続けます。

あなたが引っ越した後に入居した人が、あなた宛ての郵便を間違って捨てたり、開封したりする可能性があります。

さらには、個人情報が抜き取られ、悪意ある人の手に渡ってしまうと、トラブルや犯罪に巻き込まれる危険も出てきます。

注意

逆に、引っ越し先の住所に、前の住人宛ての郵便物が届いたときは、どうしたらいいのでしょう?

この場合は、次のいずれかの方法で、郵便を郵便局に返し「前の住人はもう住んでいないこと」を知らせてください。

  1. 郵便局に連絡して取りに来てもらう
  2. 郵便局の窓口に持っていく
  3. 「この住所にこの住人は住んでいません」と書いた付箋を貼ってポストに入れる

わざと捨てたり、開封したりすると、罪に問われることがあるので、くれぐれも気をつけてくださいね!

新しい住所がきちんと書かれた郵便も届かない

一人暮らしを始めたA子さんの体験談

実家を出て、念願の一人暮らしを始めました。

友だちにはメールで新しい住所を知らせていましたが、郵便の転居届は出していませんでした。

「実家に届く郵便は家族が受け取ってくれるし、転送サービスは必要ない」と思ったんです。

すると、友だちの一人からメールが来ました。

「A子に送った結婚式の二次会の招待状が返ってきちゃったよ。」

郵便局の人は、転居届によって、新しい住所に私が住んでいることを確認するんですね。

市役所で住民票の移動手続きをしても、その情報は郵便局に行きません。

本人でない人に間違って郵便を配達しないために、郵便局には、配達原簿という独自の配達先リストがあります。

きちんと新住所が書かれた郵便でも、配達原簿に名前と新しい住所が載らない限り配達はされません。

転居届を出すことで、この配達原簿が更新されるので、転居届は必ず出すようにしましょう。

郵便手続きのマメ知識

転送されない郵便がある

転居届を出しても、全ての郵便物が転送されるわけではありません。

「転送不要」と記載されている郵便物は転送されません。

また、クレジットカードやキャッシュカードが入った簡易書留や金融機関が出した郵便物などは「転送不要扱い」になっていることがほとんどです。

転送不要郵便は、登録住所にその人がいることを確認して配達するもので、確認が取れない場合、差出人に戻されてしまいます。

転居届を出していても、金融機関での住所変更手続きは必ず行いましょう。

実は「無料」じゃなかったe転居

e転居サービスは、郵便局のホームページにある、申し込み画面から手続きをします。

ホームページには、「インターネット上で転居届を受け付ける無料サービスです」と書かれているのですが、案内どおりに手続きを進めていくと、実はお金のかかるステップがあるんです。

e転居申し込みの流れ
  1. 利用規約に同意する。
  2. 氏名メールアドレスを入力する。
  3. 届いたメールにあるURLをクリックして、住所入力画面に進む。
  4. 旧住所・新住所を入力する。
  5. 転居する人の情報を入力する。
  6. 携帯電話またはスマホの電話番号を入力する。
  7. 転居届受付センターの電話番号が表示されるので、先ほど入力した電話番号から電話する。
  8. 自動音声が流れるので、申し込み画面に表示された確認番号などを、電話の番号ボタンで回答する。
  9. 申し込み画面の「申請登録」をクリックする。

転居届受付センターに電話をかけると

「ナビダイヤルでお繋ぎします。20秒ごとにおよそ10円でご利用いただけます。」

といったアナウンスが流れます。

この通話料は、e転居を申し込む人が負担することになります。

実際に試してみたときは「22.5秒ごとにおよそ10円」で「1分30秒」の通話だったので、約40円の通話料がかかるということです。

相手は自動音声なので、どんなに早く操作をしても1分程度はかかってしまいます。

「無料通話分があるから、数十円の負担ぐらいなら大丈夫。」と思うかもしれません。

でも、ナビダイヤルは「かけ放題」や「無料通話」の対象外なんです!

知らなくて損をした!ということにならないよう気をつけてくださいね。

転送期間1年を過ぎたらどうするの?

郵便が転送されるのは、転居届の「届出年月日」から1年間です。

「転送開始希望日」から1年間ではないので、注意してください。

転送されてきた郵便には、新住所の宛名シールが貼られていますが、そこに転送終了日も書かれています。

転送期間が終了すると、旧住所宛ての郵便は、差出人に戻されます。

転送サービスを延長したい場合は、もう一度転居届を出すことで、さらに1年間転送サービスを受けることができますよ。

ただ、毎年転居届を出す手間を考えると、郵便が送られてくる可能性があるものは、早めに住所変更の連絡をしておきましょう。

転送サービスについて詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ。

引っ越しで活用したい転送サービスの手続き手順

引っ越しで活用したい転送サービス!!どう手続きしたらいいの⁇

2020年2月22日

まとめ

郵便の転居届を出す方法は

  • 郵便局の窓口に行くときは、運転免許証などを忘れずに
  • 転居届のハガキをポストに投函しても良い
  • インターネットでも転居届を出せる
  • 転居届は、引っ越し日の1週間前ぐらいに出す

転居届を出さないと

  • 前の住所に届いた郵便から個人情報が流出するかも
  • 転居届を出さないと新しい住所が書かれた郵便も届かない

郵便手続きのマメ知識

  • 「転送不要」郵便は、転送されずに差出人に戻ってしまう
  • e転居サービスの申し込みは、ナビダイヤルの通話料がかかる
  • 転送サービスは1年ごとに更新できるが、住所変更手続きは早めに済ませた方が良い

今回は「引っ越しをしたら郵便の転送手続きは必要?忘れると個人情報がピンチに?」をご紹介しました。

最近は、郵便を受け取る機会が減っていて、引っ越したときの手続きもうっかり忘れがちです。

ですが、郵便が間違って届けられると、大切な個人情報が悪用されてしまう危険もあります。

今回の記事を参考に、たかが郵便と思わず、きっちり手続きをしてくださいね。

お得に引越ししたい人は試す価値あり(約9万8000円)の値引きに成功

引越し費用って高いですよね。

繁忙期(3月〜4月)の引越し代金は1万円~10万円ほども割高と言われています。

でも、繁忙期は高いからと言って、営業マンの言い値で契約していませんか?
それ、かなり損してますよ。

営業マンの言い値で契約してしまう前に、複数の引越し会社に見積りを取ってもらって比較した方が、格段に引越し料金の節約ができます。

ご近所の佐藤さん一家の場合、約9万8000円の値引きに成功しています。 引越し会社同士で競争してもらうと、驚くくらい引越し料金は下がっていきます。

無料で最短1分でその場で(スマホ)サクッとできるので、引越し料金を1円でも安くしたい方は、やらない手はないですよ!

→今すぐ安い引越し会社を見つける

【電話嫌いな方は必見!】メールのやり取りだけで安い引越し会社を見つけられる!
  • メールだけで見積り依頼ができる!
  • 一度の入力で複数社に一括見積もりできる!
  • 電話番号の入力は任意なので入力しなくてもOK! 
電話地獄が大嫌いな人は、こちら

引越し料金の値引きの裏テクニック

誰でもできる値引きの裏情報などを大暴露しています。

実際にご近所の佐藤さん一家が値引き(約9万8000円)を勝ち取った方法を無料で公開中

→リアルガチで使える裏知識を手に入れる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA